お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1620件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SRW 2022-08-22
10:40
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
無線LANにおける線形計画法を用いたダイナミック周波数共用の一検討
佐々木貴裕佐々木重信新潟大)・大宮 陸村上友規NTT
 [more]
ICTSSL 2022-07-29
10:30
大阪 関西大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
効率的な住家被害認定調査のためのデータマネジメントに関する事例研究 ~ 福島県沖地震における新地町を事例として ~
井ノ口宗成富山大)・田村圭子新潟大
 [more]
ICTSSL 2022-07-29
13:30
大阪 関西大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
効率的なドローン間通信のための仮想道路ネットワークに関する考察
佐藤風雅新潟大)・宮北和之新潟国際情報大)・中野敬介新潟大
 [more]
ICTSSL 2022-07-29
14:45
大阪 関西大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
チャネル干渉を考慮したグラフ彩色とGrundy coloring
田村 裕中大)・中野敬介新潟大
 [more]
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-27
12:40
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
PolSARデータを用いた散乱電力分解法における市街地領域の誤分類に関する検討
鈴木雄大山田寛喜佐藤亮一新潟大
 [more]
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-28
10:50
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]市街地マクロセル環境におけるミリ波帯多重波クラスタの発生メカニズム
鈴木直也塚田 響高橋莉玖金 ミンソク新潟大
 [more]
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-28
15:05
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
多重波伝搬を用いたパッシブ型屋内測位法の性能評価
池上十五金 ミンソク新潟大
 [more]
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-28
15:30
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Millimeter Wave Vehicular Communication: From Channel Sounding to Standardization
Aniruddha ChandraNIT)・Minseok KimAnirban GhoshNiigata Univ.)・Jan. M. KelnerMilitary Univ. Tech.)・Ales ProkesBrno Univ. Tech.)・David G. MichelsonUBC
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MBE 2022-07-23
14:15
ONLINE オンライン開催 座圧分布を用いた姿勢判別による車いすインタフェースの検討
堀 潤一廣瀬大真新潟大
 [more]
OME, IEE-DEI
(連催)
2022-07-18
15:30
長野 軽井沢観光振興センター会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
伝搬・局在型表面プラズモン同時励起小型センサチップの作製と評価
ジャイケンディ- ウィサンサヤ新潟大)・ノートチャナット スペーラチュラ大)・ラートバチラパイボーン チュティパーン新保一成加藤景三新潟大)・エクガシット サノンチュラ大)・○馬場 暁新潟大
 [more]
SRW 2022-06-20
10:55
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]Wireless Powered伝送システムにおける通信プロトコルに関する一検討
佐々木重信齋藤瑞奈新潟大SRW2022-2
本報告では、周囲の電波をエネルギーとして獲得するRF-エネルギーハーベスティング(RF-EH)機能を 有する Wirel... [more] SRW2022-2
pp.6-9
AP 2022-06-16
14:50
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
市街地マクロセル環境におけるミリ波帯クラスタチャネル特性
塚田 響鈴木直也高橋莉玖金 ミンソク新潟大)・沢田浩和松村 武NICTAP2022-33
 [more] AP2022-33
pp.22-27
CAS, SIP, VLD, MSS
(共催)
2022-06-17
10:00
青森 八戸工業大学 1号館201室(多目的ホール)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[パネル討論]SDGsへのシステムと信号処理サブソサイエティの貢献
高井重昌阪大)・前田義信新潟大)・池田奈美子NTT)・田中聡久東京農工大)・尾崎敦夫阪工大CAS2022-11 VLD2022-11 SIP2022-42 MSS2022-11
システムと信号処理サブソサイエティ4研専(回路とシステム研究会,VLSI 設計技術研究会,
信号処理研究会,システム数... [more]
CAS2022-11 VLD2022-11 SIP2022-42 MSS2022-11
pp.58-60
CAS, SIP, VLD, MSS
(共催)
2022-06-17
13:25
青森 八戸工業大学 1号館201室(多目的ホール)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
教師視点を導入した人工学級ゲームの設計の試み
尾形龍門近藤秀憲新潟大)・谷 賢太朗神蔵貴久新潟医療福祉大)・赤塚 匠ラネクシー)・田中恒彦山﨑達也前田義信新潟大CAS2022-13 VLD2022-13 SIP2022-44 MSS2022-13
いじめは自殺の原因になるなど深刻な社会問題で,教育学,医学,社会学等,様々な分野から解決の試みがなされてきた.我々はいじ... [more] CAS2022-13 VLD2022-13 SIP2022-44 MSS2022-13
pp.67-71
ICTSSL 2022-05-27
10:35
富山 富山大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
情報フローティングを自動的に再開するための手法に関する考察
中野敬介新潟大)・宮北和之新潟国際情報大)・田村 裕中大ICTSSL2022-1
情報フローティング(Information Floating : IF)とは,移動体による直接無線通信による送信を送信可... [more] ICTSSL2022-1
pp.1-5
AP 2022-05-19
10:55
兵庫 神戸ポートオアシス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
MIMOレーダにおける仮想アレー処理に関して
山田寛喜加藤立騎新潟大)・森 浩樹東芝AP2022-13
MIMO レーダは送受の組み合わせにより効果的に仮想素子数の増加,それに伴う空間(角度)分解能をもたらす手法として有効な... [more] AP2022-13
pp.12-17
AP 2022-05-19
11:20
兵庫 神戸ポートオアシス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ミリ波不等間隔2次元MIMOレーダを用いた3次元イメージングに関する実験的検討
加藤立騎山田寛喜新潟大)・森 浩樹東芝AP2022-14
近年,ミリ波レーダを用いたセキュリティシステムの強化が期待されている.既存のセキュリティシステムの多くは合成開口レーダ(... [more] AP2022-14
pp.18-23
MBE 2022-05-13
13:30
ONLINE オンライン開催 自動運転走行中のドライバの眠気評価に関するシミュレータの構築
森山颯輝今村 孝中嶋 豊棚橋重仁新潟大MBE2022-1
自動車の自動運転技術の発展により,ドライバの負担軽減などが期待されている.一方で,ドライバの覚醒度低下などの懸念がある.... [more] MBE2022-1
pp.1-5
MBE 2022-05-13
15:25
ONLINE オンライン開催 国際10-20法脳波データを用いた脳内ダイポールイメージングの検討
井山雄大堀 潤一新潟大MBE2022-5
脳波を用いて脳の活性を画像化する方法として,脳内に仮想的に設置した等価ダイポール層での信号強度を推定する方法が提案されて... [more] MBE2022-5
pp.18-21
CQ, CS
(併催)
2022-05-12
14:45
福井 福井 (福井県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
研究会発表題名分析にみるサービス品質研究の動向
山崎達也新潟大CQ2022-6
インターネット上の通信サービスが開始された頃より,コミュニケーションクオリティ(CQ)研究専門委員会は活動を始動し,通信... [more] CQ2022-6
pp.26-31
 1620件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会