お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2018-06-14
11:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 古典的伝達関数モデルによる予測性眼球運動獲得過程における小脳の役割評価
三木俊太郎中部大)・ロバート ベイカーニューヨーク大)・平田 豊中部大NC2018-12
 [more] NC2018-12
p.29
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-06
13:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 予測的な眼球運動の学習における小脳の役割
三木俊太郎中部大)・ロバート ベイカーニューヨーク大)・平田 豊中部大NC2016-10
 [more] NC2016-10
pp.201-206
HIP 2014-09-26
09:30
奈良 奈良県新公会堂 ヒトと魚における周期的視覚刺激に対する予測性眼球運動の獲得
三木俊太郎浦瀬康平中部大)・ロバート ベイカーニューヨーク大)・平田 豊中部大HIP2014-52
 [more] HIP2014-52
pp.49-54
NC, MBE
(併催)
2014-03-17
16:20
東京 玉川大学 小脳が関与する予測性眼球運動学習の金魚における評価
三木俊太郎中部大)・ロバート ベイカーニューヨーク大)・平田 豊中部大NC2013-130
眼球運動は生物の生存上欠くことのできない重要な運動制御機構である.視運動性眼球運動(Optokinetic respon... [more] NC2013-130
pp.239-244
SP 2012-06-15
16:45
神奈川 NTT厚木研究開発センタ 混合音中で複数回出現する新規音の検出に選択的注意は必要か?
益冨恵子東工大/NTT)・Nicolas BarascudTobias OverathUCL)・柏野牧夫NTT/東工大)・Josh H. McDermottNew York Univ.)・Maria ChaitUCLSP2012-48
混合音中で同じ音が繰り返し現れるならば, 聴覚系はその音の時間・周波数パターンを認識し, ひとつの音として検出可能である... [more] SP2012-48
pp.81-84
MBE, NC
(併催)
2012-03-15
13:20
東京 玉川大学 眼球運動積分器の単眼性と眼位依存性の評価
岡村直樹中部大)・ロバート ベイカーNew York Univ.)・平田 豊中部大NC2011-159
我々は暗闇においてもサッカードによる視線移動後に眼位を保持する事ができる.これは,眼球運動積分器(NI)と呼ばれる脳内機... [more] NC2011-159
pp.221-226
NC 2008-01-15
15:50
北海道 北海道大学(100年記念会館) ニューロンーグリア回路網を介する異シナプス可塑性のモデリング
北嶋龍雄山形大)・相原 威玉川大)・西山 誠New York Univ.NC2007-93
 [more] NC2007-93
pp.37-42
NC 2006-03-16
09:30
東京 玉川大学 神経成長円錐運動 のモデリング
澤井有紀北嶋龍雄山形大)・西山 誠Kyonsoo HongNew York Univ.)・相原 威玉川大
 [more] NC2005-125
pp.1-6
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会