お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 86件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, CCS
(併催)
2022-08-04
16:10
北海道 北海道大学 百年記念開館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]ブロックチェーン技術を活用した情報流通基盤
山下真一NTTデータ
 [more]
KBSE, SWIM
(共催)
2022-05-20
15:40
東京 機械振興会館 6階6-67会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ユーザ視点による自動監視システムの開発
猿渡卓也NTTデータKBSE2022-4 SWIM2022-4
不特定多数のユーザが利用するシステムでは,システムが使用不能となっている状態を,可能な限り 避けることが求められる.その... [more] KBSE2022-4 SWIM2022-4
pp.19-24
NLP, MICT, MBE
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2022-01-21
10:55
ONLINE オンライン開催 畳み込みニューラルネットワークによる脳活動予測を介して脳内知覚情報の個人差を推定するシステム
川畑輝一阪大)・Blanc AntoineNICT)・前田直哉NTTデータ)・西本伸志阪大)・西田知史NICTNC2021-31
感覚入力に対して個々の脳は異なる形で活動し、知覚の個人差を生み出している。本研究では、映像が生起する脳内知覚情報の個人差... [more] NC2021-31
pp.1-6
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2021-03-04
14:10
ONLINE オンライン開催 マルチモーダル行動認識システム ~ 映像、骨格、音声、文字を用いた行動認識 ~
袁 航井村太一藤城真祥末永高志牧野賢吾山野上勇人NTTデータPRMU2020-75
 [more] PRMU2020-75
pp.35-40
MVE, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-01-23
13:25
奈良 奈良先端大学 [ショートペーパー]画像及びテキスト特徴の学習による類似商標検索の検討
小池大地末永高志中林真希NTTデータMVE2019-30
商標の登録審査における類似性判断では,形状的な類似性だけでなく,概念的な類似性も加味する必要がある.近年の深層学習を用い... [more] MVE2019-30
pp.31-32
KBSE, SC
(共催)
2019-11-09
10:45
長野 信州大学 実プロジェクトにおける開発対象システムの保証に関する検討
猿渡卓也矢野 操大山 宏NTTデータKBSE2019-34 SC2019-31
ITシステム開発プロジェクトでは,開発対象システムの保証に関する検討が様々なタイミングで実施される.本稿では,実プロジェ... [more] KBSE2019-34 SC2019-31
pp.65-70
SWIM, KBSE
(共催)
2019-05-25
09:00
東京 機械振興会館 探索的テストと操作の記録を組み合わせた新たなテスト手法の提案
切貫弘之倉林利行丹野治門NTT)・熊川一平永田啓悟NTTデータKBSE2019-7 SWIM2019-7
探索的テストはスクリプトテストと比較して短時間で多くのバグが検出できることが知られており,開発現場において広く取り入れら... [more] KBSE2019-7 SWIM2019-7
pp.43-48
MICT, MI
(共催)
2018-11-06
14:30
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス 病院内位置測位手法の検討
山下佳子大山慎太郎名大医学部附属病院)・大谷智洋NTTデータ)・白鳥義宗名大医学部附属病院)・森 健策名大MICT2018-47 MI2018-47
昨今,医療現場においてヒトやモノの見える化により,業務効率の向上と医療事故の未然防止につなげる取り組みが始まっている.一... [more] MICT2018-47 MI2018-47
pp.41-44
BioX 2015-08-24
15:10
北海道 小樽港マリーナ 相互部分空間法の歩容認証への適用に対する一考察
岩下友美九大)・坂野 鋭NTTデータ)・倉爪 亮九大BioX2015-15
我々は,歩容認証の問題を時系列画像ではなく,画像集合同士のマッチング問題,いわゆる``Recognition by im... [more] BioX2015-15
pp.11-14
SS 2015-03-10
11:00
沖縄 沖縄県青年会館 Javaプログラムの開発履歴を用いたアクセス修飾子過剰性の推移原因分析
大西理功阪大)・小堀一雄NTTデータ)・松下 誠井上克郎阪大SS2014-72
Java では,プログラムの保守性および再利用性を高めるカプセル化などを実現するために,アクセス修飾子が定義されている.... [more] SS2014-72
pp.103-108
SIP, EA, SP
(共催)
2015-03-03
09:00
沖縄 ホテルミヤヒラ(石垣島) [ポスター講演]類の通信としてのフィッシャーの判別分析
藤木 淳田中 勝福岡大)・坂野 鋭NTTデータ)・木村昭悟NTTEA2014-102 SIP2014-143 SP2014-165
 [more] EA2014-102 SIP2014-143 SP2014-165
pp.163-168
IBISML 2014-11-17
17:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]フィッシャーの線型判別分析の幾何学
藤木 淳田中 勝福岡大)・坂野 鋭NTTデータ)・木村昭悟NTTIBISML2014-45
(事前公開アブストラクト) パターン認識とは、パターン空間から概念空間への写像として捉えるのが通常であり、画像などのデー... [more] IBISML2014-45
pp.81-86
SS 2014-10-23
14:30
高知 高知市文化プラザかるぽーと テストケースを利用したJavaプログラムのアクセス修飾子過剰性分析手法
大西理功阪大)・小堀一雄NTTデータ)・松下 誠井上克郎阪大SS2014-26
Javaプログラム内には,実際の被アクセス範囲に比べて過剰に広く設定されているアクセス修飾子(Accessibility... [more] SS2014-26
pp.7-12
SS 2014-05-08
15:35
三重 いせ市民活動センター テキスト行の類似度に基づいた設計文書向け差分検出手法
早瀬康裕加藤狩夢伊藤弘貴筑波大)・坂田祐司谷野英昭NTTデータSS2014-3
 [more] SS2014-3
pp.13-18
NS, IN
(併催)
2014-03-07
11:20
宮崎 宮崎シーガイア SDN/OpenFlowを用いた、組織構成を反映した動的ネットワーク制御手法の提案
前田繁章佐藤崇徳菊田 宏水野高宏磯部俊洋NTTデータIN2013-175
企業において、ネットワークは企業活動を支える重要なITインフラの一つである。ネットワークポリシーは、部署、プロジェクトと... [more] IN2013-175
pp.187-192
SS, MSS
(共催)
2014-01-31
14:50
愛知 豊田中央研究所 反復的なソフトウェア機能捜索・識別の例題への適用
風戸広史NTTデータ)・○林 晋平小林隆志東工大)・大島剛志宮田俊介夏川勝行星野 隆NTT)・佐伯元司東工大MSS2013-71 SS2013-68
機能捜索(feature location)はソフトウェアの機能とその実装箇所を対応付ける作業であり,ソフトウェアの理解... [more] MSS2013-71 SS2013-68
pp.119-124
KBSE, SS
(共催)
2012-07-27
15:40
北海道 公立はこだて未来大学 エンタープライズ系システム開発で生産性を最大化するためのTOC/CCPM適用方法について ~ 合流チェーン上の要員の稼働率向上により、全体の生産性向上を実現するマネジメントシステムの提案 ~
副島千鶴NTTデータSS2012-17 KBSE2012-19
エンタープライズ系システム開発の工期短縮・生産性向上にCCPM(クリティカルチェーンプロジェクトマネジメント)が有効であ... [more] SS2012-17 KBSE2012-19
pp.43-48
KBSE 2012-05-25
16:30
神奈川 慶應義塾大学 審査業務の業務分析手法の提案
石井 宏古久根 敦神戸雅一安藤哲志城塚音也NTTデータKBSE2012-5
企業における審査業務は,審査の細かい手続きまで規定出来ておらず,インタビューやシステム分析などの一般的な調査法だけを用い... [more] KBSE2012-5
pp.25-30
NS 2012-05-17
16:40
東京 国立情報学研究所 Hadoopクラスタの構築と運用
甲本 健石田 創趙 晩煕鈴木亮平石井健司NTTドコモ)・土橋 昌NTTデータ)・遠藤 賢NTTソフトウェア)・田中 聡NTTドコモNS2012-23
 [more] NS2012-23
pp.35-40
KBSE 2012-03-15
13:35
愛知 名古屋大学 Assurance Case作成手法(d*)の適用評価
猿渡卓也名大/NTTデータ)・山本修一郎名大KBSE2011-69
現在,開発されている情報システムの多くは,様々なシステム(要素)が相互に依存しあうオープンシステムである.しかし,代表的... [more] KBSE2011-69
pp.1-6
 86件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会