お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLC, IPSJ-NL, SP, IPSJ-SLP
(連催)
(連催) [詳細]
2020-12-02
15:50
ONLINE オンライン開催 高齢者向け発話における基本周波数と話速の分析
岡本泰秀水野秀之公諏理大)・中嶋秀治NTT CS研NLC2020-15 SP2020-18
本論文では,高齢者が聞き取りやすいと評価した話者(模範話者)が高齢者を想定して発話した音声(模範発話)と,一般人が読み上... [more] NLC2020-15 SP2020-18
pp.13-18
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) 対話破綻における複数メディアによる一人称視点での評価変動の分析
北條駿伸前澤瑠星大和淳司工学院大)・杉山弘晃NTT
対話ロボットとの対話において2台目のロボットを介入させることによる対話破綻の緩和可能性について検討を行った. 白石ら[1... [more]
HCS 2017-01-28
10:20
福岡 なみきスクウェア 物語の類型に着目した絵本の類似探索手法に関する一検討
安尾 萌服部正嗣藤田早苗NTT)・松下光範関西大HCS2016-77
 [more] HCS2016-77
pp.103-108
EA 2011-10-28
14:45
長野 信州大学工学部 集束ビームを用いて生成した仮想音源の遠近感評価
山川昭彦堀内亮輔齋藤 毅三好正人金沢大)・木下慶介中谷智広NTTEA2011-71
我々は,直線状スピ―カアレイと2次元フィルタを用いて設計する集束型指向性ビームによる音像制御方法の検討を続けている.以前... [more] EA2011-71
pp.19-24
HCS 2011-03-08
11:45
静岡 ホテルウェルシーズン浜名湖 手話会話における修復組織の分析
菊地浩平坊農真弓NII)・大塚和弘NTTHCS2010-69
修復は会話の中で参与者が産出する修正の1つであり,理解に関するトラブルを訂正したり明確化したりするために用いられる.一般... [more] HCS2010-69
pp.61-65
NC, MBE
(併催)
2011-03-07
15:25
東京 玉川大学 ダイナミクスモデルを用いた/vbv/発話における不変量の検討
戸嶋巌樹廣谷定男五味裕章NTTNC2010-146
 [more] NC2010-146
pp.113-118
NC, MBE
(併催)
2011-03-08
14:10
東京 玉川大学 停止エスカレータと視覚運動により生ずる姿勢変化と違和感
櫻田 武福井隆雄五味裕章NTTNC2010-172
 [more] NC2010-172
pp.265-270
EA, US
(併催)
2011-01-21
16:00
京都 同志社大学京田辺キャンパス医心館 N-A, N-B 集束ビーム型スピーカアレイを用いた音像の遠近制御について
山川昭彦堀内亮輔西川 清齋藤 毅三好正人金沢大)・木下慶介中谷智広パブロ ナバ ガブリエルNTTEA2010-124
集束ビーム型スピーカアレイを用いて,アレイの前方及び後方に焦点を形成し,焦点音像の遠近感を制御する方法を検討している.本... [more] EA2010-124
pp.113-118
SP, EA, SIP
(共催)
2010-05-26
14:55
兵庫 甲南大学平生セミナーハウス [招待講演]音声信号のブラインド残響除去:最新の研究動向
木下慶介吉岡拓也中谷智広NTTEA2010-5 SIP2010-5 SP2010-5
室内で収録された音声信号には、音源からマイクロホンへ直接到達する直接音に加えて、壁や床などに反射して遅れてマイクロホンへ... [more] EA2010-5 SIP2010-5 SP2010-5
pp.25-30
PRMU 2009-10-22
16:20
広島 広島大 [特別講演]人間はどのように質感を判断するか
本吉 勇NTTPRMU2009-80
物体の表面を見ているとき,人間はその色や明るさだけでなく,光沢や透明感などを容易に見分けることができる.表面の画像が複雑... [more] PRMU2009-80
p.55
EA, SIP, SP
(共催)
2009-05-29
11:00
兵庫 兵庫県立大学 [招待講演]音声・音響符号化技術と標準化動向
守谷健弘NTTEA2009-11 SIP2009-11 SP2009-16
時間領域の予測符号化による音声符号化,周波数領域の変換符号化による音響符号化の技術を比較しながら,ITU-TとISO/I... [more] EA2009-11 SIP2009-11 SP2009-16
pp.55-58
SP 2008-07-17
- 2008-07-19
岩手 岩手県大 確率モデルに基づく音声区間検出と雑音抑圧の統合法の評価と考察
藤本雅清石塚健太郎中谷智広NTTSP2008-45
本研究では,雑音下音声認識における頑健なフロントエンド処理について述べる.
通常,雑音下音声認識のフロントエンド処理と... [more]
SP2008-45
pp.13-18
TL 2008-05-23
14:00
東京 東京工科大 NTT乳幼児音声データベースの構築
天野成昭近藤公久NTT)・加藤和美NTT-ATTL2008-6
NTT乳幼児音声データベースは,幼児とその両親の5年におよぶ長期間の縦断的録音を基に,発話音声,書き起こし,音韻ラベル,... [more] TL2008-6
pp.29-34
COMP 2004-06-25
14:30
神奈川 NTT・CS研・厚木 Decoherence-free subspaceにおける量子ゲートについて
河野泰人NTT)・木村欣司京大/JST)・関川 浩NTT
量子計算における最大の問題はDecoherenceであり, Decoherenceは外部からの
ノイズなどによって引き... [more]
COMP2004-23
pp.33-39
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会