電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1459件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICTSSL, IN
(共催)
2019-10-17
15:15
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 秘匿通信検知のためのDoHを利用したDNS Tunnelingに関する一検討
高須賀昌烈妙中雄三門林雄基奈良先端大
 [more]
NS 2019-10-11
10:10
愛知 名古屋工業大学 [依頼講演]Bitcoinネットワークにおけるブロック拡散妨害の数理モデル化
笹部昌弘奈良先端大
 [more]
MVE 2019-10-10
14:25
北海道 北海道 斜里町 ウトロ漁村センター ドローンを用いた空中遭遇型ハプティックインタフェースにおける粗さ感覚提示時の振動による影響
斎藤悠太磯山直也奈良先端大)・ラサミー ポチャラ阪大)・酒田信親奈良先端大)・黒田嘉宏筑波大)・清川 清奈良先端大
 [more]
DE, IPSJ-DBS, IPSJ-IFAT
(連催)
2019-09-10
13:00
東京 工学院大学 複数ニュースを用いた漫才台本自動生成
原口和貴甲南大)・大塚真吾神奈川工科大)・荒牧英治若宮翔子奈良先端大)・灘本明代甲南大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
DE, IPSJ-DBS, IPSJ-IFAT
(連催)
2019-09-10
13:25
東京 工学院大学 がん患者を対象とした漫才ロボットによる笑いの実証実験
家根和希原口和貴甲南大)・佐藤 亮大阪国際がんセンター)・荒牧英治奈良先端大)・宮代 勲大阪国際がんセンター)・灘本明代甲南大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
PRMU, MI
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2019-09-04
15:30
岡山 岡山大学 CycleGANを用いた単純X線画像からの下肢筋骨格領域抽出の初期検討
中西直樹日朝祐太大竹義人奈良先端大)・高尾正樹菅野伸彦阪大)・佐藤嘉伸奈良先端大
 [more]
COMP 2019-09-02
16:00
岡山 岡山大学 津島キャンパス 二分決定図を用いた部分弦グラフと部分区間グラフの列挙
川原 純奈良先端大)・斎藤寿樹九工大)・鈴木浩史北大)・吉仲 亮東北大
 [more]
CNR 2019-08-28
10:30
北海道 札幌市資料館 マルチモーダルインタラクティブロボットにおける「なでる」動作速度と話速の関係性の評価
本多 克澤邊太志西村祥吾奈良先端大)・佐藤 弥京大)・藤本雄一郎Alexander Plopski神原誠之加藤博一奈良先端大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] CNR2019-12
pp.1-6
CCS, IN
(併催)
2019-08-02
14:55
北海道 KIKI 知床 ナチュラルリゾート ユーザダイナミクスの基礎方程式とオンライン社会ネットワークの構造について
会田雅樹首都大東京)・高野知佐広島市大)・小蔵正輝奈良先端大
情報ネットワークの普及に伴って個人間の情報交換や個人の情報発信が飛躍的に活性化しており,オンライン社会ネットワークにおけ... [more] IN2019-21
pp.37-42
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2019-07-26
15:20
北海道 北見市民会館 分散CNNにおける通信効率化のための圧縮技術の比較検討
新谷隆太中田 尚中島康彦奈良先端大
ニューラルネットワークの推論処理に必要な計算量は大きいため、データ取得場所付近ではなく、データセンタに設置された潤沢な計... [more] CPSY2019-36 DC2019-36
pp.203-208
HPB
(第二種研究会)
2019-07-24
10:10
愛知 三谷温泉 松風園 Walkus: フレキシブルなソーシャルサポート機能とライフログ機能を有するグループウォーキング支援プラットフォーム
荒川 豊九大)・河中祥吾奈良先端大)・澤田典宏四本松和悠レイ・フロンティア
ウォーキングを継続するためには,友人との競争などソーシャルサポート機能が重要とされており,自治体や会社で,ウォーキングイ... [more]
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-24
09:55
高知 高知工科大学 電磁的情報漏えいを強制的に誘発する照射周波数推定法に関する基礎検討
鍛治秀伍奈良先端大)・衣川昌宏仙台高専)・藤本大介林 優一奈良先端大
正規に実装された機器の回路が、特定の周波数の電磁波を照射することによりハードウェアトロジャンと同等の動作をし、機器内部に... [more] ISEC2019-40 SITE2019-34 BioX2019-32 HWS2019-35 ICSS2019-38 EMM2019-43
pp.235-238
SP, IPSJ-SLP
(併催)
2019-07-20
11:15
新潟 風鈴屋(新潟県月岡温泉) [招待講演]マルチモーダルマシンスピーチチェーンの実現に向けて
サクティ サクリアニ中村 哲奈良先端大/理研 AIP
 [more] SP2019-7
pp.3-7
EMCJ 2019-07-18
13:35
東京 機械振興会館 意図的な電磁妨害がIC通信に与える影響に関する基礎検討
西山 輝岡本拓実藤本大介林 優一奈良先端大
数Vの意図的な電磁妨害により機器を破壊せず誤動作を誘発するLow-Power Intentional Electroma... [more] EMCJ2019-23
pp.29-33
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-12
10:20
大阪 I-Siteなんば(大阪) [依頼講演]光ファイバ無線技術による通信・ネットワーク制御
東野武史奈良先端大
光ファイバ無線技術は、無線波の広帯域な伝送路として古くから研究がなされ、実用的には移動通信シス
テムやディジタル放送に... [more]
RCC2019-47 NS2019-83 RCS2019-140 SR2019-59 SeMI2019-56
p.169(RCC), p.195(NS), p.191(RCS), p.201(SR), p.183(SeMI)
IPSJ-MPS, IPSJ-BIO
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2019-06-17
15:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 メタ解析fMRIデータを空間制約情報に用いたMEG信号源推定方法
鈴木啓大奈良先端大)・山下宙人ATR
FMRIとMEGは脳機能イメージングで用いられている主要な観測装置である.FMRIは非常に高い空間分解能を持っている一方... [more] NC2019-5
pp.21-25
IPSJ-MPS, IPSJ-BIO
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2019-06-17
15:40
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 アテンションモデルとの対比によるソースコード理解時のプログラマの視線行動分析
池田聖華京都女子大)・久保孝富幾谷吉晴畑 秀明Nishanth Koganti伊藤健史松本健一奈良先端大)・丸野由希京都女子大)・池田和司奈良先端大
ソースコード理解時におけるプログラマの認知過程を明らかにするため,視線行動分析がなされてきたが,ソースコードの各構成内容... [more] NC2019-7
p.29
IPSJ-MPS, IPSJ-BIO
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2019-06-17
15:55
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 歌詞の感情極性と心拍変動分析に基づいた音楽による情動への影響評価
大木麻里衣久保孝富奈良先端大)・丸野由希京都女子大)・藤原幸一名大)・山川俊貴熊本大)・池田和司奈良先端大
音楽は人々の情動に影響を及ぼし、生理的変化をももたらす。
メロディー・歌詞などの要素に分けて音楽による影響を調べた報告... [more]
NC2019-8
p.31
IPSJ-MPS, IPSJ-BIO
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2019-06-17
16:10
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 うつ病サブタイプの差異に関連した脳MRIの形態的特徴に関する探索的研究
酒井 翠奈良先端大)・高村真広市川奈穂Alan Fermin岡田 剛岡本泰昌山脇成人広島大)・丸野由希京都女子大)・中野高志吉本潤一郎奈良先端大
うつ病性障害(うつ病)は,がんに次ぐ社会的損失の原因となっている疾患である.
しかしながら,がんと比べる,うつ病はその... [more]
NC2019-9
p.33
IPSJ-MPS, IPSJ-BIO
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2019-06-17
17:10
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 MCMC for Value-at-Risk estimation
Igor ZavialovKazushi IkedaNAIST
Value-at-Risk models (VaR) are powerful tools for financial ... [more] NC2019-11
pp.41-44
 1459件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会