お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 50件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA 2008-06-27
16:00
秋田 秋田県立大学 スピーカアレイを用いたコンサート用音場制御装置の試作
林 聖悟丹野智陽武蔵工大)・蘆原 郁産総研)・桐生昭吾武蔵工大EA2008-36
ライブコンサートで用いるための24チャンネルスピーカアレイシステムを試作し,実際に音場の制御を行った.可変遅延回路と,ハ... [more] EA2008-36
pp.57-62
IN, RCS
(併催)
2008-05-30
16:50
東京 機械振興会館 Evolved UTRA上りリンクにおけるAMCを用いたときの最適なセル内送信電力制御周期の検討
西川大祐岸山祥久NTTドコモ)・樋口健一東京理科大)・佐和橋 衛武蔵工大RCS2008-15
本稿では,シングルキャリア(SC)-FDMAを用いるEvolved UTRA上りリンクのパケット無線アクセスにおいて,T... [more] RCS2008-15
pp.87-92
DC, CPSY, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(共催)
2008-03-28
16:15
鹿児島 屋久島 離島総合開発センター 時間駆動とイベント駆動が混在する組み込み制御システムのための分散処理環境
石郷岡 祐伊丹悠一横山孝典武蔵工大DC2007-117 CPSY2007-113
本論文では,全コンピュータが同期して周期的に処理を実行する時間駆動分散理,イベントにより処理を実行するイベント駆動分散処... [more] DC2007-117 CPSY2007-113
pp.197-202
CS, SIP, CAS
(共催)
2008-03-06
16:10
山口 山口大学 常盤キャンパス [招待講演](口頭発表)シャノンー染谷の標本化定理とラマヌジャンの積分公式の関係、z-変換とヒルベルト変換の差について
吉野邦生武蔵工大
 [more]
RCS, AN, MoNA, SR, WBS
(併催)
2008-03-05
11:20
神奈川 YRP 無線センサネットワークにおける中継専用ノードのロケーション探索へのParticle Swarm Optimizationの適用
江 政道熊本紋子宇谷明秀山本尚生武蔵工大AN2007-70
無線センサネットワ-ク(Wireless Sensor Networks; WSN)では,例えばバッテリ-などの電源容量... [more] AN2007-70
pp.37-42
AN 2007-12-19
10:55
福岡 福岡システムLSI総合開発センター 揮発性の接続評価値に基づくセンサ端末の負荷分散を考慮したセンシング情報収集機構
大島輝之織戸英佑宇谷明秀山本尚生武蔵工大AN2007-61
自然環境観測,居住空間や工場などの監視や制御,災害時の非難誘導などのようなアプリケ-ションを実現(または支援)するための... [more] AN2007-61
pp.69-74
EA 2007-12-07
14:20
東京 NHK放送技術研究所 櫛型フィルタと周波数変換器を用いたハウリング低減法のハードウェア実装
板垣賢治武蔵工大)・蘆原 郁堀内竜三産総研)・桐生昭吾武蔵工大EA2007-91
入力信号を櫛型フィルタ処理し,さらに周波数変換して出力するハウリング低減フィルタが提案されている。帰還信号は周波数が移動... [more] EA2007-91
pp.31-36
SANE 2007-11-30
10:20
神奈川 JAXA (相模原) 高高度気球を用いた微小重力実験装置の制御系開発 ~ 実験報告と超音速飛行のための引き起こし制御の検討 ~
門岡昇平武蔵工大)・澤井秀次郎坂井真一郎坂東信尚石川毅彦橋本樹明JAXASANE2007-82
現在, ISAS/JAXAでは気球を用いた微小重力実験装置の開発を進めている. この実験は(1)高高度気球で40 kmま... [more] SANE2007-82
pp.1-6
SANE 2007-11-30
16:10
神奈川 JAXA (相模原) JAXAミッションの為のアレイ構成した深宇宙通信用地上受信システム
勝本幸子創価大)・齋藤宏文戸田知朗朝木義晴竹内 央JAXA)・黒木聖司創価大)・加藤修三武蔵工大SANE2007-92
深宇宙探査機との通信にはX-bandを用いることが定められている.しかし, 帯域は既に混み合っておりX-bandの使用は... [more] SANE2007-92
pp.57-60
SANE 2007-11-30
16:35
神奈川 JAXA (相模原) 深宇宙局システムにおける送信キャリア位相変動について
加藤修三武蔵工大)・齋藤宏文戸田知朗JAXA)・渡邉力夫武蔵工大)・勝本幸子創価大SANE2007-93
日本の深宇宙探査機のダウンリンクは,現在X-band(8GHz帯)を使用しているが,今後はKa-band(32GHz帯)... [more] SANE2007-93
pp.61-66
USN, AN
(併催)
2007-10-31
14:50
愛知 名古屋大学野依記念館 大規模センサネットワークのためのAnt-Based Routingアルゴリズムの高度化
熊本紋子織戸英佑宇谷明秀山本尚生武蔵工大AN2007-43
モバイルアドホックネットワ-ク(MANET)は,地理的な端末密度,端末間の接続関係,端末間のトラフィックフロ-などが動的... [more] AN2007-43
pp.51-56
EA 2007-08-09
16:50
宮城 東北大学工学部 櫛型フィルタと周波数変換器を用いたハウリング低減法
蘆原 郁産総研)・板垣賢治桐生昭吾武蔵工大EA2007-45
入力信号の周波数を数%程度変換し,さらに櫛型フィルタ処理して出力するハウリング低減フィルタを提案する。音響結合による帰還... [more] EA2007-45
pp.37-42
RCS, IN
(併催)
2007-05-18
09:00
東京 機械振興会館 パケット無線アクセスを用いるEvolved UTRA上りリンクにおける対象ユーザを識別するセル間送信電力制御法
西川大祐岸山祥久NTTドコモ)・樋口健一東京理科大)・佐和橋 衛武蔵工大RCS2007-5
ケット無線アクセスを用いる上りリンクEvolved UTRA において,周辺セル干渉の変動を低減するために,自セルからの... [more] RCS2007-5
pp.25-30
RCS, IN
(併催)
2007-05-18
13:50
東京 機械振興会館 下りリンクMIMO-OFDMブロードバンド無線アクセスにおけるMLD信号分離を用いる50ビット/秒/Hz超高速パケット信号伝送屋外実験
田岡秀和NTTドコモ)・樋口健一東京理科大)・佐和橋 衛武蔵工大RCS2007-10
 [more] RCS2007-10
pp.53-58
NC 2007-03-16
15:10
東京 玉川大学 多ビット出力Binary Neural Networksの学習アルゴリズムと認識器への応用
村山 聡中野秀洋宮内 新武蔵工大
 [more] NC2006-212
pp.143-148
KBSE, JSAI-KBS
(共催)
2007-01-23
10:30
神奈川 慶應義塾大学・日吉キャンパス・来往舎・中会議室 選好属性を起点とした双方向型CRMシステムの構築と評価 ~ 新顧客層発見のためのプロモーション活動の支援方法 ~
菊池令浩熊谷 敏武蔵工大
 [more] KBSE2006-58
pp.19-23
RCS 2006-11-17
11:30
静岡 ラフォーレ伊東(伊東市) シングルキャリアFDMAを用いるEvolved UTRA上りリンクにおけるLayer 1/Layer 2制御チャネルのカバレッジ評価
川村輝雄岸山祥久樋口健一NTTドコモ)・佐和橋 衛武蔵工大RCS2006-170
 [more] RCS2006-170
pp.77-82
RCS 2006-11-17
13:00
静岡 ラフォーレ伊東(伊東市) OFDMを用いるEvolved UTRA下りリンクにおける報知チャネル構成の検討
岸山祥久三木信彦樋口健一NTTドコモ)・佐和橋 衛武蔵工大RCS2006-171
 [more] RCS2006-171
pp.83-87
RCS 2006-11-17
13:30
静岡 ラフォーレ伊東(伊東市) OFDMを用いるEvolved UTRA下りリンクにおけるページングチャネルのSoft-combiningを用いた高品質同期伝送法
大久保尚人岸山祥久樋口健一NTTドコモ)・佐和橋 衛武蔵工大RCS2006-172
 [more] RCS2006-172
pp.89-94
RCS 2006-08-31
13:40
宮城 東北大学 MIMO多重における垂直/水平偏波アンテナを用いる1-Gbps超高速パケット信号伝送の屋外実験結果
田岡秀和・○戴 埼樋口健一NTTドコモ)・佐和橋 衛武蔵工大RCS2006-107
 [more] RCS2006-107
pp.13-18
 50件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会