お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 3313件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SRW 2022-08-22
11:05
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
送信シンボル時間短縮を用いた高能率STT-OFDM方式の基礎伝送特性
市川 遊水谷圭一原田博司京大
 [more]
SRW 2022-08-22
11:30
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
SUN-FSK信号送信とSUN-OFDM信号受信を同時実現する異種無線通信方式全二重通信システム
森川雄大水谷圭一原田博司京大
 [more]
SCE 2022-08-09
11:00
神奈川 横浜国立大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高スループット超伝導単一磁束量子回路における再帰的セル自動配置手法
北村研人川口隆広高木直史京大
 [more]
CQ 2022-07-22
10:30
大阪 立命館いばらきフューチャープラザ カンファレンスホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]ブロックチェーン「ネットワーク」の研究
首藤一幸京大
 [more]
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-15
11:55
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
WiFiセンシングのための画像・フレームキャプチャによるチャネル状態情報復元
下村大貴神田高望山本高至京大)・西尾理志京大/東工大)・田谷昭仁京大/青学大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-06-28
14:20
沖縄 琉球大学50周年記念館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
組合せバンディット問題におけるInformation Directed SamplingのDC緩和について
藤永淳太京大)・土屋 平本多淳也京大/理研NC2022-18 IBISML2022-18
 [more] NC2022-18 IBISML2022-18
pp.129-136
CCS, NLP
(共催)
2022-06-10
10:55
大阪 大阪大学 豊中キャンパス シグマホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]ニューロンとシナプスの二重の確率性に基づく脳の計算学習原理
寺前順之介京大NLP2022-16 CCS2022-16
我々の脳内で情報処理を担うニューロンとシナプスは,いずれも強い確率性を示すことが知られている.脳の信号生成の主役であるニ... [more] NLP2022-16 CCS2022-16
pp.78-83
MWPTHz 2022-06-03
13:10
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]半導体デバイスを用いたテラヘルツ光科学とその応用
田中耕一郎深澤亮一京大MWPTHz2022-1
 [more] MWPTHz2022-1
pp.1-3
QIT
(第二種研究会)
2022-05-31
11:10
ONLINE オンライン開催 疑似ランダム量子状態を用いた量子暗号
森前智行京大)・山川高志NTT
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-05-31
13:10
ONLINE オンライン開催 格子手術と表面符号を用いた量子計算のためのコンパイラバックエンド開発
脇坂 遼京大)・鈴木泰成徳永裕己NTT
表面符号と格子手術は、大規模量子計算に必要とされる誤り耐性量子計算を実現するものとして有力視されている。符号化によって各... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-05-31
16:00
ONLINE オンライン開催 QMAに対するCertified Everlastingゼロ知識証明
廣岡大河森前智行京大)・西巻 陵山川高志NTT
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-05-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]オンチップリング共振器を用いた超広帯域周波数もつれ光子対発生の検証
濱山友志杉浦健太中村 暖岡本 亮京大)・Brent E. Little中科院)・Sai Tak CHU城大)・竹内繁樹京大
周波数もつれ光子対は量子計測や量子情報処理などの量子技術に広く用いられる.周波数もつれ光子対の帯域幅を広げることは,量子... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-05-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]イオン注入法を用いた極微ナノダイヤモンドへの単一SiVセンターの作製
鈴木和樹嶋﨑幸之介高島秀聡京大)・阿部浩之大島 武QST)・竹内繁樹京大
ナノダイヤモンド中のカラーセンターは、量子技術への応用が注目されている。その中でもシリコン欠陥中心(SiVセンター)はゼ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-05-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]ヘリカル境界条件を有する2次元量子ウォークの実現に向けてI ~ 花弁状ビームの生成と評価 ~
岡本悠太郎京大)・小布施秀明北大)・竹内繁樹岡本 亮京大
量子ウォークとはランダムウォークの量子版であり、量子シミュレーションや量子計算への応用が期待されている。光子を用いると、... [more]
QIT
(第二種研究会)
2022-05-30
13:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]進化戦略アルゴリズムを用いた周波数もつれ光子対の時間相関幅圧縮の実現
斎藤凌矢藤田一夢佐々木駿輔阿部尚文京大)・久光 守徳田勝彦島津製作所)・岡本 亮竹内繁樹京大
広帯域周波数もつれ光子対は、時間相関幅の短い光子対を実現できることから、高効率な 2 光子吸収の
実現等への応用が期待... [more]

EMCJ 2022-05-20
13:55
京都 キャンパスプラザ京都
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
導電損失を用いた単導体線路における終端の反射制御
由利倫太朗久門尚史イスラム マーフズル和田修己京大)・田代大貴電中研EMCJ2022-9
本稿は,無損失単導体線路に損失のある単導体線路を適切に接続することで接続点での反射をなくす方法を示す.まず,先行研究によ... [more] EMCJ2022-9
pp.6-11
EMCJ 2022-05-20
15:50
京都 キャンパスプラザ京都
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]車載ネットワーク関連のEMC規格と評価法の動向
和田修己京大)・王 建青矢野佑典名工大)・松嶋 徹九工大)・石田武志ノイズ研EMCJ2022-13
自動車の電動化や自動運転に向けたADAS の進展により、車載ネットワークに対する信頼性要求が高まり、通信規格と関連するE... [more] EMCJ2022-13
pp.27-32
EST 2022-05-19
15:20
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
呼吸に伴う皮膚変位波形の特徴を用いたレーダによる人体姿勢推定の可能性検討
岩田俊亮京大)・大川孝浩正保 哲福井 勉文京学院大)・阪本卓也京大EST2022-6
 [more] EST2022-6
pp.30-33
EST 2022-05-19
15:45
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アレーレーダ画像化と主成分分析による複数人の高精度心拍計測
岩田慈樹阪本卓也京大EST2022-7
広い周波数帯域と多数のアレー素子を有するミリ波レーダは高性能化が進み,得られるレーダ画像の分解能は人体の複数部位からの反... [more] EST2022-7
pp.34-37
SIP, BioX, IE, MI
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2022-05-20
16:00
熊本 熊本大学工学部黒髪キャンパス南地区
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
画素間の関係性を学習するLambdaNetworkの金属アーチファクト検出への応用
茂森大亮中尾 恵松田哲也京大SIP2022-27 BioX2022-27 IE2022-27 MI2022-27
深層学習に基づく画像変換の金属アーチファクト低減への応用が試みられているが,広範囲に存在するアーチファクトの検出において... [more] SIP2022-27 BioX2022-27 IE2022-27 MI2022-27
pp.138-143
 3313件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会