お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SITE, ISEC, HWS, EMM, BioX, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2020-07-20
10:00
ONLINE オンライン開催 欧州SATORIプロジェクトにおける研究開発倫理ガイドライン開発(2) ~ 共通フレームワークとCEN標準案 ~
大谷卓史吉備国際大)・神崎宣次南山大)・久木田水生名大)・大澤博隆筑波大)・西條玲奈阪大ISEC2020-14 SITE2020-11 BioX2020-17 HWS2020-7 ICSS2020-1 EMM2020-11
本報告は、欧州連合第7次フレームワークで実施されたSATORIプロジェクトの成果の概要と、その意義を述べる。同プロジェク... [more] ISEC2020-14 SITE2020-11 BioX2020-17 HWS2020-7 ICSS2020-1 EMM2020-11
pp.1-8
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2020-03-02
16:05
愛知 名古屋大学 東山キャンパス 「デュアルユース知識」の規制について
大谷卓史吉備国際大
 [more]
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-24
11:45
高知 高知工科大学 欧州SATORIプロジェクトにおける研究開発倫理ガイドライン開発(1) ~ 背景と概要 ~
大谷卓史吉備国際大)・大澤博隆筑波大)・久木田水生名大)・西條玲奈京大ISEC2019-51 SITE2019-45 BioX2019-43 HWS2019-46 ICSS2019-49 EMM2019-54
本稿は、欧州SATORIプロジェクトの背景と概要を紹介し、インターネット研究および情報技術の研究・イノベーションにおける... [more] ISEC2019-51 SITE2019-45 BioX2019-43 HWS2019-46 ICSS2019-49 EMM2019-54
pp.333-340
SITE, ISEC, LOIS
(共催)
2018-11-04
13:30
福岡 九州大学 大橋キャンパス 社会実験としてのWinny ~ インターネット研究の一事例として振り返る ~
大谷卓史吉備国際大
 [more]
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2017-11-10
13:00
京都 京都産業大学むすびわざ館 インターネット研究倫理の必要性とその課題 ~ 海外における展開と日本への導入 ~
大谷卓史吉備国際大)・西條玲奈北大)・久保明教一橋大)・大澤博隆筑波大)・江間有沙東大)・神崎宣次南山大)・服部宏充立命館大)・市瀬龍太郎NII)・秋谷直矩山口大)・駒谷和範阪大)・宮野公樹京大ISEC2017-57 SITE2017-39 LOIS2017-34
 [more] ISEC2017-57 SITE2017-39 LOIS2017-34
pp.51-55
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-07-14
11:05
東京 内田洋行東京本社ショールーム プライバシー問題における信頼の役割
大谷卓史吉備国際大
 [more]
SITE, IPSJ-EIP
(連催)
2017-05-31
16:10
東京 放送大学東京文京学習センター(筑波大学東京キャンパス) 122講義室 人に着目する防犯技術と、機会に着目する防犯技術 ~ 大学における防犯カメラ設置問題からの考察 ~
大谷卓史吉備国際大SITE2017-1
 [more] SITE2017-1
pp.33-36
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2016-11-08
14:20
福井 福井市地域交流プラザ AOSSA 6階601(BC)研修室 プライバシーと思想・言論の自由 ~ 思想・言論の自由の基盤としてのプライバシー再考 ~
大谷卓史吉備国際大ISEC2016-66 SITE2016-56 LOIS2016-44
 [more] ISEC2016-66 SITE2016-56 LOIS2016-44
pp.85-88
SITE 2016-10-03
15:20
東京 日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館122号室 CMCにおける感情表現序説 ~ 顔と仮面にかかわる人文学・社会科学の研究から ~
大谷卓史吉備国際大SITE2016-38
 [more] SITE2016-38
pp.31-34
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-14
14:40
山口 中市コミュニティーホール Nac 人間関係とプライバシー ~ 人間関係の可視化と操作のプライバシー問題 ~
大谷卓史吉備国際大ISEC2016-22 SITE2016-16 ICSS2016-22 EMM2016-30
 [more] ISEC2016-22 SITE2016-16 ICSS2016-22 EMM2016-30
pp.47-51
SITE, IPSJ-EIP
(連催)
2016-06-03
11:35
神奈川 情報セキュリティ大学院大学 プライバシーの倫理的価値とは何か ~ 還元説と整合説 ~
大谷卓史吉備国際大SITE2016-6
 [more] SITE2016-6
pp.85-88
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2016-03-04
14:15
佐賀 虹の松原ホテル (佐賀県唐津市) 「自己像の同一性」の利益とプライバシー ~ "Scored Society"の歩き方 ~
大谷卓史吉備国際大SITE2015-78 IA2015-110
 [more] SITE2015-78 IA2015-110
pp.285-290
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2015-11-06
14:00
神奈川 神奈川大学 1号館804会議室 ビッグデータにおける「同意」の問題
大谷卓史吉備国際大ISEC2015-41 SITE2015-28 LOIS2015-35
 [more] ISEC2015-41 SITE2015-28 LOIS2015-35
pp.33-39
ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2015-07-02
13:25
愛知 名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール インターネットユーザーの個人データ取得と利用の「同意の危機」問題について
大谷卓史吉備国際大
 [more]
SITE, IPSJ-EIP
(連催)
2015-05-28
16:05
神奈川 情報セキュリティ大学院大学 監視が危害を及ぼすのはいかなる意味においてであるか ~ プライバシーと自律に関する考察 ~
大谷卓史吉備国際大
 [more]
ISEC, LOIS, SITE
(共催)
2014-11-22
09:00
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス 個人情報の道徳的不正行為の危害と迷惑 ~ 機微情報はなぜ機微であるのか? ~
大谷卓史吉備国際大
 [more]
SITE 2014-10-14
14:50
東京 日本大学駿河台キャンパス理工学部1号館 初等・中等教育の「情報モラル教育」のあり方を再考する ~ 「情報安全リテラシー」教育と倫理・哲学教育の再整理 ~
芳賀高洋岐阜聖徳学園大)・大谷卓史吉備国際大)・上村 崇福山平成大SITE2014-44
子供がネットトラブルに巻き込まれる事件報道が目につく中、初中等教育での「情報モラル」育成の要望が高まっている。しかし、次... [more] SITE2014-44
pp.11-16
SITE 2014-10-14
15:15
東京 日本大学駿河台キャンパス理工学部1号館 大学における著作権の慣習・倫理・法
大谷卓史吉備国際大SITE2014-45
 [more] SITE2014-45
pp.17-22
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
15:20
北海道 サン・リフレ函館 「ディジタルパーソン」概念とプライバシー侵害 ~ 情報倫理学とドラマトゥルギー理論による理解 ~
大谷卓史吉備国際大ISEC2014-28 SITE2014-23 ICSS2014-32 EMM2014-28
本稿においては、ディジタル社会において今後さらに深刻さが増すであろう「ディジタルパーソン」(“digital perso... [more] ISEC2014-28 SITE2014-23 ICSS2014-32 EMM2014-28
pp.205-212
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
16:10
北海道 サン・リフレ函館 検定済教科書等のデジタル化に関する課題の検討 ~ デジタル(検定済)教科書の無償化やオープンアクセス化の可能性 ~
芳賀高洋岐阜聖徳学園大)・鈴木二正慶應幼稚舎)・大谷卓史吉備国際大ISEC2014-30 SITE2014-25 ICSS2014-34 EMM2014-30
文部科学大臣の検定を経た教科用図書(以下、検定済教科書とする)のデジタル化が関連法規定・制度の改正も含めて文部科学省を中... [more] ISEC2014-30 SITE2014-25 ICSS2014-34 EMM2014-30
pp.221-228
 30件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会