お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 205件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
SeMI
(連催) [詳細]
2021-03-02
14:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]Wi-Fi CSIを用いたイメージングに関する基礎検討
大河原一輝阪大)・内山 彰阪大/JSTさきがけ)・エルデーイ ヴィクトル阪大)・村上友規アベセカラ ヒランタNTT)・東野輝夫阪大SeMI2020-68
近年,Wi-Fi CSI (Channel State Information) を用いた人の行動認識の研究が盛んに行わ... [more] SeMI2020-68
pp.63-66
SeMI 2021-01-21
14:10
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]対象識別に向けたWiFiイメージングのシミュレーションによる検討
森田幸歩中川善博阪大)・内山 彰阪大/JSTさきがけ)・東野輝夫阪大SeMI2020-53
近年,メンテナンスが不要である行動認識手法として,WiFi電波を使ったセンシング(ワイヤレスセンシング)が注目を集めてい... [more] SeMI2020-53
pp.57-62
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2020-11-26
13:40
ONLINE オンライン開催 [招待講演]柔軟表面二次元通信:ウェアラブルシステムと高密度IoT環境への適用に向けて
野田聡人南山大/JSTSRW2020-31
 [more] SRW2020-31
p.37
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2020-11-26
17:20
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]IoTスペースのためのbackscatter方式二次元通信
野田聡人南山大/JSTSRW2020-34
 [more] SRW2020-34
pp.42-43
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2020-03-06
14:15
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス
(開催中止,技報発行あり)
【オンライン】歩行時のスマートグラスにおける縦書きと横書きの可読性に関する比較
宗 健智九鬼慧太ハウタサーリ アリ東大)・福嶋政期東大/JST)・苗村 健東大IMQ2019-65 IE2019-147 MVE2019-86
近年,スマートグラスの普及が進み,利用シーンが拡大している.これに伴い,歩行時の情報閲覧を想定したスマートグラス上の文章... [more] IMQ2019-65 IE2019-147 MVE2019-86
pp.257-262
NC, MBE
(併催)
2020-03-06
10:45
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
イジング計算機での利用に向けたl1ノルムのQUBO形式について
横田知大埼玉大)・此島真喜子田村泰孝富士通研)・大久保 潤埼玉大/JSTNC2019-107
近年,量子アニーリングを含むイジングモデルを用いた専用ハードウェアの利用が注目を集めている.専用ハードウェアにおいては問... [more] NC2019-107
pp.181-186
ITE-HI, ITE-MMS, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE, ITS
(共催)
(連催) [詳細]
2020-02-27
13:00
北海道 北海道大学
(開催中止,技報発行あり)
CNNによる最適Intra予測モード推定を用いた動画像符号化
横山怜汰田原雅彦早大)・孫 鶴鳴早大/JST)・竹内 健早大)・松尾康孝NHK)・甲藤二郎早大ITS2019-33 IE2019-71
近年,高精細な動画の生成や視聴の機会が拡がっているため,効率の良い動画像符号化が求められている.最新の動画像符号化規格H... [more] ITS2019-33 IE2019-71
pp.171-176
HIP, ASJ-H
(共催)
2020-02-15
13:25
沖縄 琉球大学医学部 AR用ヘッドマウントディスプレイでのテキストの提示座標系が可読性に与える影響
福嶋政期東大/JST)・濱田健夫ハウタサーリ アリ東大HIP2019-78
AR用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の普及が進み、HMDの利用シーンが拡大している。今後、屋外でもHMDを使った情... [more] HIP2019-78
pp.7-10
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2019-11-06
14:55
東京 構造計画研究所(本所新館東京) [依頼講演]身体表面に分散した電子回路への接触・非接触混在型通信・給電衣服
野田聡人南山大/JSTSRW2019-47 SeMI2019-91 CNR2019-41
身体表面の各所にセンサやアクチュエータを分散させたウェアラブルシステムの構築のために,著者らは,導電繊維を用いて構成した... [more] SRW2019-47 SeMI2019-91 CNR2019-41
pp.91-92(SRW), pp.111-112(SeMI), pp.89-90(CNR)
ITE-IDY, ITE-HI, ITE-3DIT, IEE-OQD
(共催)
SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2019-10-24
14:30
東京 機械振興会館 ホログラフィックオフアクシスミラーを用いたフルカラー虚像投影・撮像システムの分散補償法
渡辺史顕東工大)・中村友哉東工大/JST)・虎島史歩五十嵐俊亮東工大)・木村真治東工大/NTTドコモ)・油川雄司NTTドコモ)・山口雅浩東工大
 [more]
MVE 2019-08-30
16:05
愛知 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 映画を用いた英単語学習における話者追従字幕がコンテンツの記憶保持に与える影響
九鬼慧太上久保竜輝宗 健智東大)・福嶋政期東大/JST)・苗村 健東大MVE2019-20
映画を用いた英語学習が広く行われている. 我々は, 映画字幕を話者に追従させてシーンと字幕の連合記憶を形成することで, ... [more] MVE2019-20
pp.79-84
DC, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2019-06-11
16:20
鹿児島 指宿温泉 休暇村 指宿 二値化ニューラルネットワークのハードウェア指向精度向上手法の検討
大羽由華北大)・村上大輔中江達哉ソシオネクスト)・安藤洸太浅井哲也北大)・本村真人東工大)・高前田伸也北大/JSTさきがけCPSY2019-8 DC2019-8
 [more] CPSY2019-8 DC2019-8
pp.63-68
SRW 2019-06-10
09:50
神奈川 アンリツ 導電性衣服を用いたウェアラブルネットワークの高速化
野田聡人南山大/JSTSRW2019-3
身体表面の各所にセンサやアクチュエータを分散させたウェアラブルシステムの構築のために,著者らは,バッテリーレス・アンテナ... [more] SRW2019-3
pp.13-15
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-14
16:35
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 写真撮影によって日常空間と単語を紐づける英単語学習
上久保竜輝九鬼慧太宋 健智東大)・福嶋政期東大/JST)・苗村 健東大IMQ2018-47 IE2018-131 MVE2018-78
本研究の目的は,身近な場所などをコンテキストとして利用することで既存のフラッシュカードを拡張し,英単語と日本語訳を学習す... [more] IMQ2018-47 IE2018-131 MVE2018-78
pp.143-148
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-07
10:30
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 身体表面に分散したデバイスの導電性衣服を介したネットワーク化
野田聡人南山大/JSTSRW2018-62
身体表面の各所にセンサやアクチュエータを取り付けるウェアラブルシステムの構築のためには,それらに電力を供給しデータを送受... [more] SRW2018-62
pp.31-34
IBISML 2019-03-05
14:30
東京 理研AIP 強化学習におけるVariational Information Maximizing Explorationに基づく状態探索の効率化
土井一輝大川慧悟岐阜大)・志賀元紀岐阜大/JST/理研IBISML2018-107
強化学習において,観測される状態空間が偏ってしまうと,政策関数を正しく最適化できない恐れがある. 本研究では,状... [more] IBISML2018-107
pp.17-22
NC, MBE
(併催)
2019-03-05
15:50
東京 電気通信大学 L1ロジスティック回帰を用いた視覚皮質神経細胞集団の物体表面画像に対する識別性能の評価
小谷梨奈阪大)・市川寛子東京理科大)・五十嵐康彦JST/東大)・本武陽一岡田真人東大)・田村 弘阪大/CiNetNC2018-71
 [more] NC2018-71
pp.145-150
QIT
(第二種研究会)
2018-11-27
16:10
東京 東京大学 パウリX, Z測定によるハイパーグラフ状態の量子計算万能性
竹内勇貴NTT)・森前智行京大/JST)・林 正人名大/南方科技大/シンガポール国立大
パウリX, Z測定だけでユニバーサル測定型量子計算を行うことが出来るハイパーグラフ状態を提案する。さらに、我々の提案する... [more]
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]マルコフネットワーク構造変化検出におけるスパースKLIEPモデルのセーフスクリーニング
佐藤浩基岐阜大)・志賀元紀岐阜大/JST/理研)・山田 誠京大/JST/理研IBISML2018-52
遺伝子ネットワークの解析において,疾病の発症前後におけるネットワーク構造の差異の解析は,疾病メカニズムの解明に役立つ.... [more] IBISML2018-52
pp.61-68
IBISML 2018-11-05
15:10
北海道 北海道民活動センター(かでる2.7) [ポスター講演]部分グラフに基づくグラフ間の距離学習
吉田知貴名工大)・竹内一郎名工大/物質・材料研究機構/理研)・烏山昌幸名工大/物質・材料研究機構/JSTIBISML2018-64
グラフ間の距離を測る標準的な考え方に部分グラフに基づくものがある. 分類などの実践的な状況では, 一部の部分グラフだけが... [more] IBISML2018-64
pp.151-158
 205件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会