お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 888件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-13
16:50
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]データ駆動型スマートシステムの構築とその社会実装に向けた取り組み
山本 透広島大
 [more]
R 2022-06-16
14:50
ONLINE オンライン開催 DoS攻撃を伴う耐侵入システムの区間信頼性解析に関する考察
鄭 俊俊立命館大)・岡村寛之土肥 正広島大
 [more]
MW 2022-06-10
10:25
長野 JA長野県ビル 13階A会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]Massive Connect IoTのための時空間同期を用いた同期SS-CDMAのUSRP実装
亀田 卓広島大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
R 2022-05-28
14:25
ONLINE オンライン開催 ソフトウェア信頼性指標の不確実性に関する考察
岡村寛之張 家豪広島大)・鄭 俊俊立命館大)・土肥 正広島大
 [more] R2022-4
pp.16-20
OME, SDM
(共催)
2022-04-23
09:30
宮崎 高千穂ホール(宮崎市)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
光学干渉非接触温度測定法(OICT)によるシリコンウェハ内部の過渡的熱拡散過程の三次元イメージング
松口康太郎藤本渓也Yu Jiawen花房宏明佐藤拓磨東 清一郎広島大
 [more] SDM2022-8 OME2022-8
pp.39-42
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2022-03-08
15:20
京都 京都大学 吉田キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
データフロー処理の広域展開を可能にするプラットフォームコントローラの開発と実装
多々納啓人前田香織広島市大)・近堂 徹広島大)・高野知佐広島市大
IoTデバイスから生成される大量のストリームデータをデータソースに近いところから複数ステップで目的別に処理する手法をデー... [more] SITE2021-62 IA2021-75
pp.94-100
COMP 2022-03-06
13:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]Monotone edge flips to an orientation of maximum edge-connectivity `a la Nash-Williams
Takehiro ItoTohoku Univ.)・Yuni IwamasaKyoto Univ.)・Naonori KakimuraKeio Univ.)・Naoyuki KamiyamaKyushu Univ.)・○Yusuke KobayashiKyoto Univ.)・Shun-ichi MaezawaUEC)・Yuta NozakiHiroshima Univ.)・Yoshio OkamotoUEC)・Kenta OzekiYNU
 [more] COMP2021-34
p.24
ET 2022-03-04
11:00
ONLINE オンライン開催 アクティビティ図とScratchの連携に着目したプログラミング支援システムの開発
小橋一滉広島大)・吉原和明福山大)・渡辺健次広島大
平成29年度告示の小学校学習指導要領にてプログラミング学習を行うことが示されている。それに伴いアクティビティ図を用いて構... [more] ET2021-53
pp.13-18
ET 2022-03-04
13:50
ONLINE オンライン開催 情報通信の実体化による学習教材の開発に関する研究
松下昂平広島大)・吉原和明福山大)・渡辺健次広島大
平成30年度告示の高等学校学習指導要領解説情報編には,「情報通信ネットワークの仕組みや構成要素」などを理解することが学習... [more] ET2021-63
pp.69-74
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-03
11:25
ONLINE オンライン開催 [招待講演]シリコンサブテラヘルツ通信とその未来
藤島 実広島大
 [more] RCS2021-274 SR2021-98 SRW2021-70
p.126(RCS), p.63(SR), p.13(SRW)
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-04
14:55
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]時刻同期誤差の影響を考慮した同期SS-CDMA誤り率特性の評価
山下ちひろ亀田 卓広島大
IoT(Internet of things)デバイスの急速な普及に伴う上り回線大容量化のための手法として,これまでに同... [more] SR2021-120
pp.154-156
MBE, NC
(併催)
2022-03-04
10:20
ONLINE オンライン開催 遅延聴覚フィードバック順応のカルマンフィルターモデル
朝倉暢彦阪大)・笹岡貴史広島大)・小川健二北大)・乾 敏郎追手門学院大
本研究では,聴覚フィードバックの時間遅れを発話運動に伴って学習するメカニズムをカルマンフィルターでモデル化し,遅延聴覚フ... [more] NC2021-71
pp.133-137
MVE, IPSJ-CVIM, VRSJ-SIG-MR
(連催)
2022-01-28
17:30
ONLINE オンライン開催 CNNとスペクトラルクラスタリングを用いたボトムアップ指向の染色体異常識別
高見燎世槇原 靖八木康史阪大)・川端絵美衣笠泰葉田代 聡広島大MVE2021-38
本研究では,染色体の蛍光顕微鏡画像から染色体の要素をボトムアップに検出することで,染色体異常を識別する手法を提案する.染... [more] MVE2021-38
pp.49-54
SR 2022-01-24
17:30
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]ソフトウェア無線機USRPのための単位サンプル未満粒度の遅延の実現例
佳山隼也山田洋士石川高専)・亀田 卓広島大)・末松憲治東北大SR2021-68
$rm{sinc}( )$関数のサンプリングにより得られたインパルス応答により,整数サンプル遅延と単位サンプル未満の粒度... [more] SR2021-68
pp.43-45
SR 2022-01-24
17:45
ONLINE オンライン開催 UHDによるLO位相同期を適用したUSRP/ドータボード間の位相同期性能評価
中村陽斗山田洋士石川高専)・亀田 卓広島大)・末松憲治東北大SR2021-69
UHD timed commandによるLO(local oscillator)位相同期は,LO を外部から供給できない... [more] SR2021-69
pp.46-53
SR 2022-01-25
15:20
ONLINE オンライン開催 ミリ波帯WBAN通信機会公平性改善手法のコンコースモデルを用いた評価
千田 司東北大)・亀田 卓広島大)・末松憲治東北大SR2021-82
ミリ波帯 (60 GHz 帯) WBAN (Wireless Body Area Network) において,CSMA/... [more] SR2021-82
pp.111-117
ICTSSL, CAS
(共催)
2022-01-20
10:15
ONLINE オンライン開催 BiLSTMを用いた睡眠紡錘波の自動検出法の検討
宮副充生名取隆廣東京理科大)・林 光緒広島大)・相川直幸東京理科大CAS2021-52 ICTSSL2021-29
睡眠紡錘波の出現状態の検出は,仮眠の質と長さの詳細な関係を明らかにするために重要である.従来はLSTMを回帰分析手法とし... [more] CAS2021-52 ICTSSL2021-29
pp.6-9
OME 2021-12-24
13:00
ONLINE オンライン開催 1,4-ベンゾキノンが直結したジアセチレン誘導体の合成と評価
新井了子農工大)・西原禎文広島大)・岡田修司山形大)・帯刀陽子農工大OME2021-25
 [more] OME2021-25
pp.1-3
OME 2021-12-24
13:15
ONLINE オンライン開催 水中における10, 12-ノナコサジイン酸からなるナノ結晶作成と重合
服部康平東京農工大学)・西原禎文広島大学)・岡田修司山形大学)・芥川智行東北大学)・中村貴義北海道大学)・帯刀陽子東京農工大学OME2021-26
 [more] OME2021-26
pp.4-6
OME 2021-12-24
14:50
ONLINE オンライン開催 3回対称性を有するTTF誘導体からなるナノファイバーの作成
大石博久農工大院)・西原禎文広島大院)・芥川智行東北大多元研)・中村貴義北大電子研)・帯刀陽子農工大院OME2021-30
近年、分子エレクトロニクス分野は、デバイスの超小型化や複合機能化などの実現への期待から注目を集めている。特異な電気・磁気... [more] OME2021-30
pp.18-20
 888件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会