お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 473件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2021-05-13
09:40
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]コンテナ基盤の構成差分管理技術
近藤玲子白石 崇上野 仁富士通研ICM2021-2
昨今のアプリケーション開発は、アプリを変更しやすく開発のスピードが高まることから、多数のマイクロサービスを組み合わせる開... [more] ICM2021-2
pp.7-12
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2021-03-25
10:00
ONLINE オンライン開催 ストレージ分離アーキテクチャにおけるLSM-Treeのコンパクション処理オフロード手法
五木田 駿加藤 純園田雅崇白木長武濱湊 真富士通研CPSY2020-51 DC2020-81
近年 コンピュートノードとストレージノードを分離してそれぞれを独立してスケーリングさせるこ
とでコスト最適化が可能なス... [more]
CPSY2020-51 DC2020-81
pp.7-12
ICM 2021-03-19
11:15
ONLINE オンライン開催 Webサービスにおける応答時間に着目した異常検知の高精度化に関する提案
熊野達夫大川尚義藤田裕志富士通研)・吉川拓哉サイボウズ)・上野 仁富士通研ICM2020-70
近年,個⼈向けだけではなく業務⽤途にもWebサービスの採⽤が広まっている.Webサービスでは,普段よりも応答に時間がかか... [more] ICM2020-70
pp.58-63
ICM 2021-03-19
11:40
ONLINE オンライン開催 時系列データを用いた仮想基盤の障害原因把握のためのフルスタック可視化の提案
鈴木和宏野口泰生田村雅寿富士通研ICM2020-71
クラウドサービスのベースとなる仮想基盤は,コンピュートやネットワークの仮想化だけでなく,ストレージを仮想化するSoftw... [more] ICM2020-71
pp.64-69
NC, MBE
(併催)
2021-03-03
14:55
ONLINE オンライン開催 最大流量問題によるマインドフルネス状態の実現に寄与する脳内の情報伝播経路の解明の試み
中村遥佳田和辻可昌松居辰則早大)・中村 誠木村浩一藤澤久典富士通研NC2020-50
マインドフルネスを実現する脳内ネットワーク構造内の情報伝播メカニズムに関する知見は十分に得られていない.本研究ではマイン... [more] NC2020-50
pp.41-46
NLC 2021-02-18
16:30
ONLINE オンライン開催 ドメイン視点を追加した営業活動における事例探索ツールの検討
菅原茉莉子小野寺佐知子富士通研NLC2020-28
近年の顧客DXを支援するITベンダーの営業活動では, 顧客自身が明確な課題を持っていない場合があり, 営業は顧客の業種や... [more] NLC2020-28
pp.31-36
MW, ED
(共催)
2021-01-29
14:25
ONLINE オンライン開催 界面不純物低減によるGaN基板上GaN-HEMTの高効率化
熊崎祐介多木俊裕小谷淳二尾崎史朗富士通/富士通研)・新井田佳孝富士通研)・美濃浦優一富士通/富士通研)・西森理人富士通)・岡本直哉富士通/富士通研)・佐藤 優中村哲一富士通研)・渡部慶二富士通/富士通研ED2020-34 MW2020-87
 [more] ED2020-34 MW2020-87
pp.34-37
CQ
(第二種研究会)
2021-01-21
10:50
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]デジタル社会における信頼性に基づいたコミュニケーション
堀井基史富士通研
コミュニケーションという言葉は,機械と機械の通信だけを指すわけではない.スマートデバイスや SNSの普及に伴い,人と機械... [more]
NC, NLP
(併催)
2021-01-22
10:30
ONLINE オンライン開催 マインドフルネス状態のネットワーク最適化問題としての定式化とデジタルアニーラを用いた重要脳領域の同定の試み
中村遥佳田和辻可昌松居辰則早大)・中村 誠木村浩一藤澤久典富士通研NC2020-37
マインドフルネス状態は,多くの脳領域の関与が示唆される一方で,その脳内の情報伝播メカニズムは不明瞭である.本研究では既存... [more] NC2020-37
pp.29-33
SWIM 2020-11-28
13:10
ONLINE オンライン開催 [基調講演]人工知能(AI)の国際標準化動向(仮題)
丸山文宏富士通研SWIM2020-7
 [more] SWIM2020-7
pp.1-9
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-27
11:45
ONLINE オンライン開催 システムの性質を検証可能な認証システム用フレームワークの提案
堀井基史清水智弘富士通研)・今井悟史富士通CQ2020-58
様々な手続きのデジタル化に伴い,様々な認証に関するインシデントが多発している.インシデントの発生を防止する技術として,多... [more] CQ2020-58
pp.62-65
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2020-11-18
13:00
ONLINE オンライン開催 [基調講演]スーパーコンピュータ「富岳」における論理・性能・電力品質の保証
吉川隆英富士通研VLD2020-36 ICD2020-56 DC2020-56 RECONF2020-55
スーパーコンピュータ「富岳」は約16万ノードの大規模システムであるため、組み上げてから障害が出てきたのでは修正が困難とな... [more] VLD2020-36 ICD2020-56 DC2020-56 RECONF2020-55
p.138
ICM 2020-07-17
13:25
ONLINE オンライン開催 VDI品質分析システムの開発 ~ サービス品質の異常検知と原因分析 ~
山下真司上野 仁富士通研)・新田拓哉富士通)・朝永 博奥田將人富士通研ICM2020-17
昨今の新型コロナウィルスの影響によりテレワークの活用が急速に浸透し,ニューノーマル時代の働き方として定着してきた.特にセ... [more] ICM2020-17
pp.55-60
MSS, CAS, SIP, VLD
(共催)
2020-06-18
15:00
ONLINE オンライン開催 [パネル討論]システムと信号処理サブソサイエティの役割 ~ オンラインビデオ会議の Pros & Cons ~
村松正吾新潟大)・高井重昌阪大)・髙島康裕北九州市大)・林 和則京大)・福田大輔富士通研CAS2020-10 VLD2020-10 SIP2020-26 MSS2020-10
システムと信号処理サブソサイエティ4研専(回路とシステム研究会,VLSI設計技術研究会,信号処理研究会,システム数理と応... [more] CAS2020-10 VLD2020-10 SIP2020-26 MSS2020-10
pp.53-56
MI, IE, SIP, BioX
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2020-05-29
14:30
ONLINE オンライン開催 深層学習をインスタンスセグメンテーションに適用した際の予測品質が劣化する原因を解析する手法
久保田智規中尾鷹詔加藤正文吉田英司三好秀誠富士通研SIP2020-14 BioX2020-14 IE2020-14 MI2020-14
本稿では,深層学習によるインスタンスセグメンテーションにおいて予測精度が劣化する原因の解析手法を提案する.筆者らは,以前... [more] SIP2020-14 BioX2020-14 IE2020-14 MI2020-14
pp.67-72
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2020-05-14
13:40
ONLINE オンライン開催 マイクロサービス運用支援のためのコンテナからインフラまでの構成差分検出技術の開発
近藤玲子麻岡正洋渡辺幸洋富士通研ICM2020-2
多数のマイクロサービスが互いに呼び出しあって構築され、追加や変更によって成長していくようなサービス形態がトレンドとなる一... [more] ICM2020-2
pp.7-12
NS 2020-04-16
- 2020-04-17
ONLINE オンライン開催 コンテキストをつなぐネットワーキング(その5)
加藤正文久保田智規吉田英司麻野克仁富士通研)・小島祐治山岸友一富士通NS2020-1
我々は、対象者の特徴を抽象化した静的な「プロファイル」と対象者を取り囲む動的な「コンテキスト」を理解することで、対象者に... [more] NS2020-1
pp.1-6
SC 2020-03-16
12:00
ONLINE オンライン開催 AIソフトウェア開発におけるライフサイクル管理フレームワークの検討
前田 翔富士通研SC2019-42
AIを活用するソフトウェア開発では精度の高いモデルを作成するため,コード・パラメータ・データ等のチューニングを要する試行... [more] SC2019-42
pp.47-51
LOIS 2020-03-12
10:15
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
運用手順における分岐条件の作業履歴からの抽出
堀田勇次小野寺佐知子富士通研LOIS2019-71
 [more] LOIS2019-71
pp.85-90
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2020-03-06
14:50
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス
(開催中止,技報発行あり)
深層学習を用いた映像解析のための高圧縮な動画像符号化手法
久保田智規中尾鷹詔吉田英司富士通研IMQ2019-39 IE2019-121 MVE2019-60
本稿では,深層学習を用いた映像解析のための高圧縮な動画像符号化手法を提案する.本手法では,符号化による画像の劣化がどの適... [more] IMQ2019-39 IE2019-121 MVE2019-60
pp.121-126
 473件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会