お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMM, EA, ASJ-H
(共催)
2021-11-16
09:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]視覚暗号を用いたスペクトログラムマスキング
太刀岡勇気デンソーアイティーラボラトリEA2021-47 EMM2021-74
複数枚に秘密を分散し,一定枚数以上持ち寄らないと秘密が漏れない視覚暗号技術は,近年数値最適化法が提案されたことに伴い急速... [more] EA2021-47 EMM2021-74
pp.114-119
PRMU 2021-10-08
15:10
ONLINE オンライン開催 企業研究所における個人重視の組織体制
鈴木哲平デンソーアイティーラボラトリ
 [more]
NLC 2021-09-16
15:00
ONLINE オンライン開催 データ拡張による質問カテゴリ推定のためのエンティティの分散表現に関する調査
欅 惇志太刀岡勇気デンソーアイティーラボラトリNLC2021-13
本研究では,エンティティ間の類似度を考慮したエンティティ置換によるデータ拡張を行う際に,適切なエンティティの分散表現の設... [more] NLC2021-13
pp.30-33
EA 2020-12-14
09:15
ONLINE オンライン開催 周波数・時間・到来方向のスパースネスに基づく音源分離
牛島隆裕大分大)・○太刀岡勇気デンソーアイティーラボラトリ)・上ノ原進吾古家賢一大分大EA2020-46
 [more] EA2020-46
pp.1-6
EA 2019-12-13
13:50
福岡 九州工業大学戸畑キャンパス(北九州市) メルフィルタを用いた白色化に頑健な音源分離の検討
牛島隆裕大分大)・太刀岡勇気デンソーアイティーラボラトリ)・上ノ原進吾古家賢一大分大EA2019-79
 [more] EA2019-79
pp.93-98
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2019-07-17
11:00
北海道 札幌市民交流プラザ(札幌市) 正則化を用いた劣決定条件下での同期同時対角化音源分離
泉 太貴大分大)・太刀岡勇気デンソーアイティーラボラトリ)・上ノ原進吾古家賢一大分大EA2019-13
現在,様々な音源分離手法が提案されている.そして,音源分離手法の応用範囲は多岐にわたる.これらの音源分離手法は,利用条件... [more] EA2019-13
pp.65-70
SP 2019-06-13
13:30
神奈川 東京工業大学(横浜) DNN音声合成におけるスタイル付与モデル学習法の検討
蛭田宜樹東工大)・郡山知樹東大)・太刀岡勇気デンソーアイティーラボラトリ)・小林隆夫東工大SP2019-1
本報告では DNN 音声合成におけるスタイル付与手法について検討している.スタイル付与とは,音声を 合成したい話者(目標... [more] SP2019-1
pp.1-6
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) [詳細]
2018-06-13
13:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 可変次数無限隠れマルコフモデル
内海 慶デンソーアイティーラボラトリ)・持橋大地統計数理研IBISML2018-5
 [more] IBISML2018-5
pp.31-38
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-19
09:25
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ マルチチャンネルNMFの空間相関行列の安定的な推定法
太刀岡勇気デンソーアイティーラボラトリEA2017-103 SIP2017-112 SP2017-86
マルチチャンネル非負値行列因子分解(MNMF)は,音源分離性能が高いことが知られているが,その初期値依存性が課題となって... [more] EA2017-103 SIP2017-112 SP2017-86
pp.7-12
PRMU 2016-12-15
14:30
鳥取 鳥取大学 [招待講演]柔らかなパターン認識と動的なデータセットについて ~ PRMU第二期グランドチャレンジ ~
安倍 満デンソーアイティーラボラトリPRMU2016-113
与えられたラベル付きのN個のデータを学習し,未知データに関してそのラベルを推定する問題を"固いパターン認識"と呼ぶことに... [more] PRMU2016-113
p.11
PRMU 2016-12-16
13:15
鳥取 鳥取大学 Binarized-DCNNによる識別計算の高速化とモデル圧縮
神谷龍司山下隆義中部大)・安倍 満佐藤育郎デンソーアイティーラボラトリ)・山内悠嗣藤吉弘亘中部大PRMU2016-122
Deep Convolutional Neural Network (DCNN) は,一般物体認識やセマンティックセグメ... [more] PRMU2016-122
pp.47-52
IBISML 2016-11-17
14:00
京都 京都大学 幾何学的双対表現を用いた部分観測マルコフ決定過程の近似的価値反復アルゴリズム
塚原裕史安倍 満大林真人デンソーアイティーラボラトリIBISML2016-71
部分観測マルコフ決定過程(POMDP) の価値関数は,価値反復の再帰計算で現れる信念空間上の線形関数の集合の最大値を取っ... [more] IBISML2016-71
pp.177-184
PRMU 2015-12-21
15:10
長野 信州大学 対応点探索のための特徴量表現
安倍 満デンソーアイティーラボラトリ)・長谷川昂宏藤吉弘亘中部大PRMU2015-104
対応点探索とは,ある対象を異なる視点から撮影して得られた複数の画像から,物理的に同一の個所(対応点)見つける処理のことを... [more] PRMU2015-104
pp.53-73
RCS 2014-04-17
13:30
愛知 名古屋工業大学 [依頼講演]車両のセンタ制御アプリケーション開発 ~ ITS世界会議東京2013スマートチャージングデモ通信部構成 ~
秋田英範デンソー)・新原竜馬デンソーアイティーラボラトリ)・香川正和デンソーRCS2014-4
本稿では、ITS世界会議東京2013ショーケースのスマートチャージングデモのシステム全体像と、車両-センタ間通信に用いた... [more] RCS2014-4
pp.19-22
IBISML 2013-11-13
15:45
東京 東京工業大学 蔵前会館 [ポスター講演]Gaussian Sparse Hashing
鈴木幸一郎安倍 満佐藤育郎デンソーアイティーラボラトリIBISML2013-56
高次特徴をより次元数の低い2 値コードに置き換えるバイナリハッシング法は,高速な検索スピード及び低い保持コストのため,近... [more] IBISML2013-56
pp.155-160
IBISML 2012-11-07
15:30
東京 筑波大学 東京キャンパス文京校舎 データ分布の2次モーメントのみにもとづくバイナリコーディング手法
鈴木幸一郎安倍 満佐藤育郎デンソーアイティーラボラトリIBISML2012-62
本稿では,高次特徴量の2 次モーメントを用いたバイ
ナリコード化を提案する.2 次モーメントをデータが従
うガウス分... [more]
IBISML2012-62
pp.199-203
PRMU, FM
(共催)
2011-12-15
16:45
静岡 静岡大学浜松キャンパス [特別講演]計算環境の変遷に伴う特徴量研究の新しい展開 ~ モバイルコンピューティングからGPUまで ~
安倍 満デンソーアイティーラボラトリPRMU2011-131
本稿では,近年の計算機環境の変遷に応じる形で我々が取り組んできた,二つの研究テーマについて紹介する.一つ目は高速かつ省メ... [more] PRMU2011-131
pp.37-40
IBISML, PRMU
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2010-09-05
10:00
福岡 福岡大学 ユーザーの領域分割結果に基づく一般物体認識
安倍 満吉田悠一デンソーアイティーラボラトリPRMU2010-59 IBISML2010-31
本報告では,一般物体認識の問題を,人間と計算機の対話型操作という観点から再考する.多くの一般物体認識アルゴリズムは,対象... [more] PRMU2010-59 IBISML2010-31
pp.13-20
PRMU 2009-11-26
10:40
石川 石川県地場産業振興センター Visual wordとwordの共起確率モデルを使った画像ラベリング
吉田悠一安倍 満デンソーアイティーラボラトリPRMU2009-99
本論文では,インターネット上にあるWikipediaや画像検索エンジンから収集した文章と画像のセットを学習データとし,未... [more] PRMU2009-99
pp.39-44
PRMU 2009-11-27
15:40
石川 石川県地場産業振興センター 事前知識を用いたNon-negative Matrix Factorization
安倍 満吉田悠一デンソーアイティーラボラトリPRMU2009-130
Divergence は情報理論の観点から定義された距離尺度であり,ヒストグラムや確率密度分布同士の距離尺度として有用で... [more] PRMU2009-130
pp.265-270
 22件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会