お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 123件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-13
10:00
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]Wi-Fiセンシングの応用とビジネスへの取り組みについて ~ AI6株式会社の事例を交えて、商用サービスへの応用を考える ~
角谷友行藤田晋也保坂竜二藤井 聡丸茂正人AI6
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
AP, RCS
(併催)
2021-11-12
09:30
長崎 NBC別館(長崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
5G Evolutionに向けた時速360kmで走行する新幹線試験電車を用いた伝送実験
野中信秀須山 聡奥山達樹濱 優人来山大祐浅井孝浩NTTドコモ)・伊藤昌嗣エリクソン・ジャパン)・アンダーシュ カールソンヨハン フルスコフマグナス ヴィクストロムシャン チャンEricsson)・蒲原健一郎阿部文俊石間礼次JR東日本RCS2021-166
 [more] RCS2021-166
pp.118-123
MIKA
(第三種研究会)
2021-10-28
10:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]運動者のリアルタイム生体情報モニタリングを実現する920MHz帯を用いたマルチホップ通信プロトコル
濱上卓磨川本康貴OKI)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・島崎拓則ソリトンシステムズ)・丸尾博人阪市大
 [more]
IN, NS
(併催)
2021-03-05
09:30
ONLINE オンライン開催 リアルタイム生体情報モニタリングのための無線通信プロトコル
濱上卓磨川本康貴OKI)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・島崎拓則ソリトンシステムズ)・丸尾博人阪市大NS2020-140
 [more] NS2020-140
pp.103-108
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-03
15:55
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]エリクソンにおける6Gビジョンと取組み
藤岡雅宣村井英志エリクソン・ジャパンRCS2020-219 SR2020-66 SRW2020-57
5Gの商用化を通して新たな課題が浮かび上がり,次の世代の移動通信への期待が生まれてくる.10年程度の周期で新たな世代が誕... [more] RCS2020-219 SR2020-66 SRW2020-57
pp.77-81(RCS), pp.18-22(SR), pp.18-22(SRW)
MBE, MICT
(共催)
2021-01-28
14:50
ONLINE オンライン開催 リアルタイム生体情報モニタリングのための無線マルチホップネットワークシステムのフィールド実験における評価
濱上卓磨川本康貴OKI)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・島崎拓則ソリトンシステムズ)・丸尾博人阪市大MICT2020-25 MBE2020-30
 [more] MICT2020-25 MBE2020-30
pp.22-26
CAS, ICTSSL
(共催)
2021-01-28
17:55
ONLINE オンライン開催 トラス構造を有するオクトロータの状態変数モデリングとフライトマヌーバーシミュレーションについて
根岸拓矢アライドテレシス)・稲毛達朗岡崎秀晃磯貝海斗湘南工科大CAS2020-55 ICTSSL2020-40
本報告では,トラス構造を持つ自作のオクトロータ(以下,オクトロータ)のダイナミックモデリングとフライトマヌーバーシミュレ... [more] CAS2020-55 ICTSSL2020-40
pp.91-96
CNR 2020-09-24
13:40
ONLINE オンライン開催 kvros:ハイブリット型メインメモリKVSサーバのSLAM適用評価
東 晃希芝浦工大)・石綿陽一VA Linux Japan)・大川 猛東海大)・菅谷みどり芝浦工大CNR2020-3
近年,ロボットをはじめとするIoTデバイスからのセンシングデータを大量に処理する目的から,クラウドより近距離におくエッジ... [more] CNR2020-3
pp.13-18
CS, IN, NS, NV
(併催)
2020-09-11
14:35
ONLINE オンライン開催 大容量データ収集を可能とするIoTシステム用風力自立電源の開発
寺岡文男慶大)・西浦信一西風技研)・大野浩之金沢大IN2020-29
IoT (Internet of Things)システムでセンサ情報に加えて画像情報を収集できれば得られる情報量は格段に... [more] IN2020-29
pp.43-48
MI, IE, SIP, BioX
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2020-05-28
13:40
ONLINE オンライン開催 超低磁場MRIの高速撮像に向けた検討 ~ 深層学習を用いた高分解能画像再構成 ~
安田卓司京大)・笈田武範浜松ホトニクス)・小林哲生京大SIP2020-2 BioX2020-2 IE2020-2 MI2020-2
近年、高感度な磁気センサを用いた超低磁場MRIの実現が期待されている。しかし、超低磁場MRIは静磁場だけでなく勾配磁場強... [more] SIP2020-2 BioX2020-2 IE2020-2 MI2020-2
pp.5-8
NS, IN
(併催)
2020-03-05
10:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
リアルタイム生体情報モニタリングのための無線マルチホップネットワークシステムの開発
濱上卓磨川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・奥畑宏之ソリトンシステムズNS2019-180
 [more] NS2019-180
pp.21-26
SeMI 2020-01-31
10:00
香川 ことひら温泉琴参閣 [ポスター講演]外的要因による特性劣化の緩和に向けた無線LANチャネルの逐次選択手法の提案
大津一樹神矢翔太郎山本高至西尾理志守倉正博京大)・加藤紀康アライドテレシスSeMI2019-106
本稿では,多目的多腕バンディット問題に基づいた無線LANチャネルの逐次割当手法を提案する.
提案方式は,評価関数を用い... [more]
SeMI2019-106
pp.41-42
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2019-12-04
10:50
東京 NHK放送技術研究所 契約書テキストの特徴分析とその自動分類の試み ~ リーガルテックへの応用に向けて ~
藤井美娜岩城安浩GVA TECH)・加藤恒昭東大NLC2019-30
契約書の作成やレビューは専門的な知識を要するため,その関連業務には多くのコストと時間がかかり,一部業務の自動化が求められ... [more] NLC2019-30
pp.7-12
MI, MICT
(共催) [詳細]
2019-11-05
10:20
茨城 筑波大学 様々な運動中の心拍センサの性能評価
島崎拓則原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・川本康貴OKI)・奥畑宏之ソリトンシステムズMICT2019-26 MI2019-53
 [more] MICT2019-26 MI2019-53
pp.9-13
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]リアルタイム生体情報モニタリングのための無線マルチホップネットワーキング
濱上卓磨川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・島崎拓則奥畑宏之ソリトンシステムズ
 [more]
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
10:40
大阪 I-Siteなんば(大阪) [ポスター講演]マルチホップ移動センサネットワークにおける適応スーパーフレーム変更の実験的検証
丸尾博人原 晋介阪市大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・四方博之関西大)・奥畑宏之ソリトンシステムズRCC2019-26 NS2019-62 RCS2019-119 SR2019-38 SeMI2019-35
屋外で運動している大量の人間から無線を使って生体情報をリアルタイムに収集できるシステムAccuWiSe (Accurat... [more] RCC2019-26 NS2019-62 RCS2019-119 SR2019-38 SeMI2019-35
pp.79-83(RCC), pp.105-109(NS), pp.101-105(RCS), pp.111-115(SR), pp.93-97(SeMI)
LQE, LSJ
(共催)
2019-05-31
11:00
滋賀 琵琶湖コンファレンスセンター 量子カスケード検出器の高速動作
道垣内龍男伊藤昭生日高正洋藤田和上枝村忠孝浜松ホトニクスLQE2019-19
電子のサブバンド間遷移を利用した光検出器である量子カスケード検出器(Quantum cascade detector: ... [more] LQE2019-19
pp.31-34
RCC, MICT
(共催)
2019-05-29
15:30
東京 東京ビッグサイト [ポスター講演]運動者のリアルタイム生体情報モニタリング ~ 移動対応無線通信プロトコル ~
濱上卓磨川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・島崎拓則ソリトンシステムズRCC2019-5 MICT2019-5
 [more] RCC2019-5 MICT2019-5
pp.19-23
EMCJ 2019-01-18
10:50
大阪 大阪大学 EMCラウンドロビンテストにおけるエミッションおよびイミュニティ試験の研究報告 ~ その3伝導イミュニティラウンドロビンテスト実験結果 ~
奥田徳嗣KEC関西電子工業振興センター)・地 康志村田製作所)・臼井 崇ヤマハ)・奥村美紀生オムロン)・小林一洋アイピーエス)・志田浩義トーキンEMCエンジニアリング)・二宮 寿ローランド)・舞島光良浜松ホトニクス)・和田修己京大EMCJ2018-100
 [more] EMCJ2018-100
pp.1-5
EE 2019-01-16
11:30
熊本 熊本市国際交流会館 DC-DCコンバータの高速応答化を目指したテーブルルックアップ式電流モード制御に関する研究
山下浩崇石塚洋一長崎大)・石浜裕一マイクロチップ・テクノロジー・ジャパンEE2018-40
近年,スマートフォンをはじめとする電気電子機器の普及は著しく,環境問題の観点から自動車は電動化・電装化が進んでいる.それ... [more] EE2018-40
pp.13-18
 123件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会