お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

リコンフィギャラブルシステム研究会 (RECONF)  (2014年度)

専門委員長 佐野 健太郎 (理研)  副委員長 山口 佳樹 (筑波大), 泉 知論 (立命館大)
幹事 小林 悠記 (NEC), 中原 啓貴 (東工大)
幹事補佐 竹村 幸尚 (インテル), 長名 保範 (琉球大学)

「from:2015-01-29 to:2015-01-29」による検索結果

[リコンフィギャラブルシステム研究会ホームページへ] 
講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・昇順)
 40件中 21~40件目 [前ページ]  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
09:10
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 高速ネットワークにおける多バイト遷移非決定性有限オートマトンによる侵入検知
若林真一・○橋本智明小石涼平高口裕貴永山 忍稲木雅人広島市大VLD2014-133 CPSY2014-142 RECONF2014-66
 [more] VLD2014-133 CPSY2014-142 RECONF2014-66
pp.133-138
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
09:30
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス FLOPS-2Dの低レベル通信制御機構の実装と性能評価
喜屋武克樹新垣 誠平井裕介仲宗根宏貴琉球大)・藤田直行JAXA)・天野英晴慶大)・長名保範琉球大VLD2014-134 CPSY2014-143 RECONF2014-67
FLOPS-2Dは計算流体力学のアクセラレータのプロトタイプとして開発されたマルチFPGA計算機システムであり、メモリと... [more] VLD2014-134 CPSY2014-143 RECONF2014-67
pp.139-143
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
09:50
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス Vivado HLSを用いた数値計算ハードウェアの実装手法に関する検討
仲宗根宏貴長名保範長田康敬琉球大VLD2014-135 CPSY2014-144 RECONF2014-68
数値計算のアクセラレータとして、FPGA 上に専用の演算パイプラインを構築する手法がさまざまな分野 の科学技術計算におい... [more] VLD2014-135 CPSY2014-144 RECONF2014-68
pp.145-150
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
10:30
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 剰余SD数演算回路を用いた算術演算誤り検出
根間祐智田中勇樹茂木和弘魏 書剛群馬大VLD2014-136 CPSY2014-145 RECONF2014-69
積和演算誤りの検出について, 剰余演算を導入することにより高速でコンパクトな演算誤り検出回路を構成できる.
本研究で... [more]
VLD2014-136 CPSY2014-145 RECONF2014-69
pp.151-156
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
10:50
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス トロイネットの特徴に基づくハードウェアトロイ検出手法
大屋 優史 又華柳澤政生戸川 望早大VLD2014-137 CPSY2014-146 RECONF2014-70
近年,企業はチップの製造コストを削減するために,チップの製造をサードパーティに外注するようになった.
サードパーティが... [more]
VLD2014-137 CPSY2014-146 RECONF2014-70
pp.157-162
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
11:10
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス LSI自動設計における凸域探索迷路法の提案
堀野洋平平山 潤大石倖子堤 利幸明大VLD2014-138 CPSY2014-147 RECONF2014-71
LSIの高速な配線アルゴリズムとして矩形探索迷路法を拡張した凸域探索迷路法を提案する.矩形探索迷路法では配線領域を矩形に... [more] VLD2014-138 CPSY2014-147 RECONF2014-71
pp.163-168
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
11:30
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス ランダムテストによるCコンパイラの算術最適化機会の検出
橋本淳史石浦菜岐佐関西学院大VLD2014-139 CPSY2014-148 RECONF2014-72
本稿では, Cコンパイラの算術最適化の性能の向上を目的とした, ランダムテストによる最適化機会の検出手法を提案する. 本... [more] VLD2014-139 CPSY2014-148 RECONF2014-72
pp.169-174
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
11:50
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 同期シフトデータ転送に基づくDeep Convolutional Neural NetworkのFPGA実装
李 寧富岡洋一北澤仁志東京農工大VLD2014-140 CPSY2014-149 RECONF2014-73
近年,Deep Neural Network (DNN)による機械学習が画像の判別や音声の認識など,様々な分野で注目され... [more] VLD2014-140 CPSY2014-149 RECONF2014-73
pp.175-180
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
13:20
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス GPUにおける疎行列ベクトル積の実装と共役勾配法への適用
浅野翔太郎稲木雅人永山 忍若林真一広島市大VLD2014-141 CPSY2014-150 RECONF2014-74
数値シミュレーションの主な手法として,複雑な偏微分方程式を連立一次方程式で近似して数値解を求める手法がある.この手法では... [more] VLD2014-141 CPSY2014-150 RECONF2014-74
pp.181-186
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
13:40
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 多面体モデルに基づく並列化コンパイラにおける制約条件の緩和
尾形冬馬中野秀洋宮内 新東京都市大VLD2014-142 CPSY2014-151 RECONF2014-75
近年のコンピュータは一般的に複数のプロセッサを搭載しており, これを利用したプログラムの並列化実行が行われている.
... [more]
VLD2014-142 CPSY2014-151 RECONF2014-75
pp.187-192
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
14:00
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 複数FPGAボードを用いたビッグデータ分割処理の高速化
工藤 龍須戸里織オゲ ヤースィン電通大)・寺田祐太アバールデータ)・吉見真聡入江英嗣吉永 努電通大VLD2014-143 CPSY2014-152 RECONF2014-76
インターネットの普及とセンサ技術の発達により,人々が扱うデータはビッグデータと呼ばれるような増大と多様化が進んでいる.ビ... [more] VLD2014-143 CPSY2014-152 RECONF2014-76
pp.193-198
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
14:20
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 2階層Supervisor Processorにおける信頼性管理機能
山本大貴久我守弘尼崎太樹飯田全広末吉敏則熊本大VLD2014-144 CPSY2014-153 RECONF2014-77
コンピュータシステムは携帯電話やテレビなど民生機器だけでなく,電車や医療機器など様々な産業機器に用いられている. 産業機... [more] VLD2014-144 CPSY2014-153 RECONF2014-77
pp.199-204
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
14:55
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス USB3.0接続の手軽で高速なFPGAアクセラレータの設計と実装
臼井琢真小林諒平吉瀬謙二東工大VLD2014-145 CPSY2014-154 RECONF2014-78
FPGAを用いたアクセラレータは,アプリケーションに特化した演算パイプラインとデータ供給機構を実現する回路をFPGA上に... [more] VLD2014-145 CPSY2014-154 RECONF2014-78
pp.205-210
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
15:15
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス MieruSysプロジェクト:複数のFPGAを用いた先進的な計算機システムの開発
松田裕貴小川愛理味曽野智礼東工大)・藤枝直輝市川周一豊橋技科大)・吉瀬謙二東工大VLD2014-146 CPSY2014-155 RECONF2014-79
本稿では,複数のFPGAを用いた将来の計算機システムを開発するMieruSysプロジェクトに関して,その設計と現在の開発... [more] VLD2014-146 CPSY2014-155 RECONF2014-79
pp.211-216
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
15:35
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 同期FIFOのFPGAベンダ非依存記述と高速化設計
泉 知論立命館大VLD2014-147 CPSY2014-156 RECONF2014-80
 [more] VLD2014-147 CPSY2014-156 RECONF2014-80
pp.217-220
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
15:55
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス PLC命令列のハードウェア化とOpaque Predicatesによる難読化の検討
宇山和輝藤枝直輝市川周一豊橋技科大VLD2014-148 CPSY2014-157 RECONF2014-81
知的所有権保護のため,プログラマブルロジックコントローラ(PLC)の命令列を保護・隠蔽する技術が求められている.命令列の... [more] VLD2014-148 CPSY2014-157 RECONF2014-81
pp.221-226
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
16:30
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス Dependable Responsive Multithreaded Processorにおける低遅延リアルタイム実行
溝谷圭悟羽鳥雄介久村雄輔高須雅義千代浩之山崎信行慶大VLD2014-149 CPSY2014-158 RECONF2014-82
近年の組込みリアルタイムシステムにおいて,ハードリアルタイムタスクとソフトリアルタイムタスクの混在するシステムが多く存在... [more] VLD2014-149 CPSY2014-158 RECONF2014-82
pp.227-232
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
16:50
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス Responsive Linkを用いた通信遅延を考慮したパケットスケジューリング
大沢幸平萩原秀磨久村雄輔溝谷圭悟高須雅義山崎信行慶大VLD2014-150 CPSY2014-159 RECONF2014-83
近年,複数のプロセッサから構成される分散システムが多く登場してきている.中でもヒューマノイドロボットなどシステム全体の処... [more] VLD2014-150 CPSY2014-159 RECONF2014-83
pp.233-238
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
17:10
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス MPEG符号化データの直接的演算による動体輪郭抽出のリアルタイム処理
丸山彰介中野秀洋宮内 新東京都市大VLD2014-151 CPSY2014-160 RECONF2014-84
近年, マルチメディアが広く普及しており, その中でもMPEG 動画像は様々な場面で利用されている. MPEG 動画像で... [more] VLD2014-151 CPSY2014-160 RECONF2014-84
pp.239-244
RECONF, CPSY, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2015-01-30
17:30
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス 誘導結合型三次元積層マルチコアプロセッサにおけるキャッシュ間通信手法の検討
松村正隆電通大)・近藤正章東大)・松谷宏紀慶大)・和田康孝早大)・本多弘樹電通大VLD2014-152 CPSY2014-161 RECONF2014-85
近年,半導体技術の進歩により Network-on-Chip (NoC) の三次元化が可能となった.特に積層したチップ間... [more] VLD2014-152 CPSY2014-161 RECONF2014-85
pp.245-250
 40件中 21~40件目 [前ページ]  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会