お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP 2022-05-20
11:20
兵庫 神戸ポートオアシス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
2つの可変抵抗器で振幅の周波数特性を制御可能な広帯域キャンセラ回路
山浦真悟西本研悟西岡泰弘稲沢良夫三菱電機AP2022-25
本報では,2つの可変抵抗器で通過振幅の周波数特性を制御可能な広帯域キャンセラ回路を提案する.提案回路を定式化し,可変抵抗... [more] AP2022-25
pp.79-84
MW 2017-12-19
15:50
東京 国士舘大学 振幅と位相を独立制御可能な反射回路と可変減衰移相器の提案
富田翔晴北林 智宮路祐一田村昌也豊橋技科大MW2017-151
可変アッテネータと移相器はさまざまな無線システムに用いられている.しかしながら,これらを組み合わせて一体化し小型化に向け... [more] MW2017-151
pp.53-58
NLP, CAS
(共催)
2015-10-06
14:50
広島 アステールプラザ(広島市) 円形のプリンテッド・スパイラル・インダクタを用いた可変変圧器
棚田祐司山内将行広島工大CAS2015-43 NLP2015-104
今日使用される変圧器の多くは,鉄心に複数の導線を巻いた形状をしており,大型で重いものが多い。
特に可変変圧器は,その構... [more]
CAS2015-43 NLP2015-104
pp.121-124
EMD 2012-03-02
16:00
東京 玉川大学 遮断周波数電圧可変型低域通過フィルタの開発研究
小林吾生萱野良樹井上 浩秋田大EMD2011-138
広帯域周波数可変発振器(広帯域電圧制御発振器)を利用して,新しい信号処理分野を拓くことが可能である.その動作のためにVC... [more] EMD2011-138
pp.49-52
CAS 2010-01-28
15:50
京都 京大会館 アクティブフィルタのカットオフ周波数調整に用いる可変抵抗の提案
細谷昌宏東芝CAS2009-70
集積回路上に製造されるアクティブフィルタでは、抵抗値および容量値のばらつきによるカットオフ周波数のばらつきが発生する。そ... [more] CAS2009-70
pp.37-41
NLP 2010-01-22
09:30
岐阜 飛騨・高山 「煥章舘」(高山市 図書館) 可変能動インダクタを用いた強制カオス発生回路 ~ 強制外部入力に関する検討 ~
椿 友介東京電機大)・関川宗久京大)・堀尾喜彦東京電機大NLP2009-148
我々は以前,可変能動インダクタを用いた強制カオス発生回路を提案した.この回路は,可変能動インダクタのインダクタンスの値を... [more] NLP2009-148
pp.47-52
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会