お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 胸部装着型IMUを用いたPDRシステムの開発 ~ IPIN2018のコンペティション参加を通じて ~
内山英昭ル チュアンファトマ ディエゴ島田敬士谷口倫一郎九大
本稿では,人の移動量を算出するPedestrian Dead Reckoning(PDR)のフレームワークとして,Ine... [more]
ITS, IPSJ-ITS, IEE-ITS
(連催)
2016-09-14
12:50
東京 日本大学 駿河台キャンパス 歩行者自律航法における加速度センサを用いた歩幅推定に関する研究
井上寛崇羽多野裕之藤井雅弘伊藤 篤渡辺 裕宇都宮大ITS2016-11
歩行者の屋内位置推定手法の一つとして,PDR (Pedestrian Dead Reckoning)がある.
PDRは... [more]
ITS2016-11
pp.27-32
AN, MoNA, USN
(併催)
2011-01-20
09:50
広島 広島市立大学 音響情報に基づく複数歩行者位置推定,追跡の検討
庄司正成澤田 孝NTTUSN2010-39
音響情報に基づく様々な対象のセンシング,認識研究の一環として,人の存在,行動,状態の検出や認識の実現について検討している... [more] USN2010-39
pp.7-12
SANE 2010-01-29
15:05
長崎 長崎県美術館 多周波ステップICW方式の測距性能評価実験
福島冬樹原 照幸三菱電機)・稲葉敬之電通大SANE2009-155
本報告では,レーダ試作機を用いた多周波ステップICW(Interrupted Continuous Wave)方式の目標... [more] SANE2009-155
pp.95-100
EA 2009-11-20
10:15
広島 県立広島大 マイクロホンアレーによる足音位置推定の検討
庄司正成NTTEA2009-86
人の歩行に伴って発生する足音を対象として,マイクロホンアレーによって収集する音響情報に基づく位置推定について室内環境で実... [more] EA2009-86
pp.61-66
SIP, EA
(共催)
2008-05-30
11:25
大阪 関西大学 ダブルトーク環境下で音響エコーを安定的に低減する方法
岡 竜一藤井健作兵庫県立大)・棟安実治関西大EA2008-21 SIP2008-30
本報告では,ダブルトークとエコー経路変動の識別を必要としないステップサイズの制御法を提案する.音響エコーキャンセラには適... [more] EA2008-21 SIP2008-30
pp.19-26
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会