お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 48件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ, MICT
(併催)
2021-03-05
09:25
ONLINE オンライン開催 モード多重伝送方式における加算回路を用いた信号印加法の実験的検討
佐藤匠弥松嶋 徹福本幸弘九工大EMCJ2020-73
高速有線通信において、多線化により伝送容量を増加させる検討がなされている。差動伝送ではn信号を送るために2n本の信号線が... [more] EMCJ2020-73
pp.7-12
PN 2021-03-02
10:25
ONLINE オンライン開催 光給電型マルチモード光ファイバ無線における信号劣化の抑制
河村幸明松浦基晴電通大PN2020-51
制御局と基地局の間に敷設された光ファイバで信号と電力を同時に伝送する,光給電型光ファイバ無線システムが注目されている.光... [more] PN2020-51
pp.58-61
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2019-10-24
09:45
宮城 東北学院大学(工学部1号館3階第2会議室) 4線STPケーブルのモード多重伝送におけるトランスを用いた励振法に関する検討
佐藤匠弥松嶋 徹福本幸弘九工大EMCJ2019-37 MW2019-66 EST2019-45
現在、有線における信号伝送において対となる2 線に逆相の電圧を印加して信号伝送を行う差動伝送方式が多く用いられているが、... [more] EMCJ2019-37 MW2019-66 EST2019-45
pp.7-12
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-08-30
11:25
北海道 道東経済センタービル ブリルアン利得解析法を用いた2モードファイバ接続点における損失およびクロストーク測定に関する検討
小田友和中村篤志飯田大輔押田博之NTTOFT2019-29
数モードファイバ(FMF)を用いたモード多重伝送に関する検討が盛んに行われている.モード多重伝送では,モード依存損失(M... [more] OFT2019-29
pp.29-32
OFT 2019-01-17
13:45
鹿児島 種子島宇宙センター(16日)、西之表市民会館(17,18日) 1um帯モード検出OTDRを用いた接続点のクロストーク測定法
中村篤志岡本圭司小田友和NTTOFT2018-62
曲げや側圧による光ファイバの損失増加を高感度に検出可能な技術として,単一モードファイバのカットオフ波長より短い波長の試験... [more] OFT2018-62
pp.5-8
OPE, LQE, OCS
(共催)
2018-10-19
09:55
佐賀 佐賀県教育会館 第1会議室 強結合光導波路構造による高次モード励起抑制効果に関する基礎検討
藤本勘太郎浜本貴一姜 海松九大OCS2018-41 OPE2018-77 LQE2018-66
ファイバ伝送容量の一層の増大のため、モード多重伝送技術が盛んに研究されている。モード多重伝送では、伝送路でモードクロスト... [more] OCS2018-41 OPE2018-77 LQE2018-66
pp.71-74
OPE, LQE, OCS
(共催)
2018-10-19
10:55
佐賀 佐賀県教育会館 第1会議室 アクティブMMIレーザ型モード選択光源のモード間クロストーク評価方法の検討
森 智隆洪 秉宙姜 海松浜本貴一九大OCS2018-43 OPE2018-79 LQE2018-68
AI, ビッグデータの進展を背景に, スーパーコンピュータ内においても, Tbps級の光通信技術を用いた光インターコネク... [more] OCS2018-43 OPE2018-79 LQE2018-68
pp.81-86
LSJ
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2018-08-30
14:05
北海道 函館北洋ビル8階大ホール 数モードファイバ接続におけるモード間結合抑圧のためのコア径最適化
川畑 巌五十嵐浩司阪大OCS2018-21
数モードファイバ(few-mode fiber: FMF)での接続におけるエラーによってモード間結合が生じ、異種直線偏波... [more] OCS2018-21
pp.11-14
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2017-11-24
15:50
大阪 関西大学 梅田キャンパス 257-Tbit/s 弱結合10モード多重C+LバンドWDM伝送実験
相馬大樹別府翔平若山雄太KDDI総合研究所)・五十嵐浩司阪大)・釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2017-65
近年,伝送容量の拡大を目指して,Few-modeファイバ(FMF)を用いたモード分割多重技術(MDM)に関する検討が数多... [more] OCS2017-65
pp.79-83
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2017-08-31
13:15
北海道 北海道大学 誘導ブリルアン散乱を用いた数モードファイバの片道クロストーク分布測定法
高橋 央鬼頭千尋戸毛邦弘真鍋哲也NTT)・伊藤文彦島根大OFT2017-24
空間多重通信(SDM)の実現に向け,モード多重伝送の研究が盛んに行われている.数モードファイバ(FMF)を用いたSDM伝... [more] OFT2017-24
pp.1-4
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2017-09-01
11:15
北海道 北海道大学 デュアルフェーズモジュレーションによる空間モードの選択的変換に関する実験
前田智弘岡本 淳小川和久富田章久北大)・若山雄太釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2017-32
モード分割多重方式を基盤とした伝送システムの実現には高精度な空間モード変換技術が必要不可欠である.そこで,本研究では複素... [more] OCS2017-32
pp.51-55
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2017-02-16
15:05
大阪 大阪府立大(I-siteなんば) モード多重伝送用楕円コア光ファイバの実効屈折率
久保田寛和嶺 知輝三好悠司大橋正治阪府大OFT2016-46 OPE2016-161
数モード光ファイバ中のモードクロストークは,モード間の実効屈折率差が大きいほど低減できると考えられる.円形コア光ファイバ... [more] OFT2016-46 OPE2016-161
pp.11-14
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2017-02-17
13:30
大阪 大阪府立大(I-siteなんば) フューモードファイバ接続におけるモード間結合の定量的評価
大和勇熙五十嵐浩司阪大OCS2016-79 OPE2016-172
近年、光ファイバ伝送システムの伝送容量拡大の実現アプローチとしてフューモードファイバ(FMF: few-mode fib... [more] OCS2016-79 OPE2016-172
pp.43-48(OCS), pp.65-70(OPE)
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2016-11-11
09:55
長崎 長崎商工会議所 非円対称モードに一般化したハンケル変換式を用いた遠視野走査法による数モードファイバの実効断面積測定
林 哲也田村欣章永島拓志米沢和泰樽 稔樹住友電工)・五十嵐浩司相馬大樹若山雄太釣谷剛宏KDDI総合研究所OCS2016-60
数モードファイバの高次モードの実効断面積の評価方法について報告する.円筒対称コアの非円対称高次モードにおける近視野像―遠... [more] OCS2016-60
pp.31-36
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2016-11-11
10:45
長崎 長崎商工会議所 実効断面積拡大数モードファイバにおける選択的モード利用の検討
森 崇嘉坂本泰志和田雅樹漆原 梓山本貴司中島和秀NTTOCS2016-62
本論文では,数モードファイバの選択的なモード利用を提案する.4 LPモード(LP01, LP11, LP21, LP02... [more] OCS2016-62
pp.43-48
LQE, OPE, OCS
(共催)
2016-10-28
13:25
宮崎 宮崎市民プラザ(宮崎) テーパ導波路型3dBモードディバイダに基づく広帯域マッハ・ツェンダー型モード合分波器の提案
太多 惇牧野俊太郎藤澤 剛北大)・坂本泰志松井 隆辻川恭三中島和秀NTT)・齊藤晋聖北大OCS2016-52 OPE2016-93 LQE2016-68
モード分割多重(Mode Division Multiplexing: MDM)伝送と波長分割多重(Wavelength... [more] OCS2016-52 OPE2016-93 LQE2016-68
pp.97-102
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2016-10-20
09:00
宮城 東北大学 グラウンドスロットの両側に置かれたマイクロストリップ線路間のクロストーク解析
戸花照雄笹森崇行礒田陽次秋田県立大EMCJ2016-60 MW2016-92 EST2016-56
プリント回路上に素子等を高密度で実装するために,回路の多層化が進みグラウンドのビアホールや切れ込みなどにより形成されるス... [more] EMCJ2016-60 MW2016-92 EST2016-56
pp.1-4
LSJ
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2016-08-26
09:55
北海道 千歳アルカディア・プラザ 接続点における結合効率推定のためのLP11モードのモードフィールド径とその測定法
中村篤志岡本圭司古敷谷優介真鍋哲也NTTOFT2016-12
数モードファイバを用いたモード多重伝送技術において,光ファイバ接続点における損失およびモード間クロストークは伝送品質を劣... [more] OFT2016-12
pp.5-10
CS 2016-07-07
09:30
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル TWDM-PON多分岐化に向けた逆バイアス電圧制御ブースタSOAを用いた波長可変バースト光送信器の提案と特性評価
田口勝久浅香航太木村俊二鈴木謙一大高明浩NTTCS2016-10
筆者らはこれまでに,トランシーバの波長可変性を利用することにより光アクセスネットワークの高度化を実現する40-Gbit/... [more] CS2016-10
pp.1-6
OPE, OCS
(共催)
2016-05-13
17:20
東京 機械振興会館 [特別招待講演]32コアファイバによる高密度空間分割多重(DSDM)光伝送技術 ~ OFC2016ポストデッドライン報告 ~
水野隆之芝原光樹小野浩孝阿部宜輝宮本 裕NTT)・フェイフォン イェ盛岡敏夫DTU)・佐々木雄佑安間淑通竹永勝宏松尾昌一郎愛川和彦フジクラ)・齋藤晋聖北大)・ヨンミン ジュンデイビッド リチャードソンサウサンプトン大OCS2016-8 OPE2016-8
本報告はOFC2016ポストデッドライン論文のレビュー講演である.高密度空間分割多重(DSDM)光伝送方式において,コア... [more] OCS2016-8 OPE2016-8
pp.27-28
 48件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会