お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WIT 2021-06-01
15:20
ONLINE オンライン開催 音声波形とサムネイル表示を用いた音声ガイド制作アプリケーションの試作
栗山稜平中島佐和子水戸部一孝秋田大WIT2021-9
現在,視覚障害者の映画鑑賞支援のための音声ガイド制作では,合成音声を用いた音声ガイドを開発する取り組みが進んでいる.しか... [more] WIT2021-9
pp.43-47
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-02
13:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
模擬難聴システムWHISを用いた発声訓練音声の発声特徴量と聴覚特徴量
東山宗一吉木華子河原英紀入野俊夫和歌山大EA2019-113 SIP2019-115 SP2019-62
本研究では, 模擬難聴システムを用いた発声訓練による明瞭性変化と特徴量変化の関係について調査した. 発声された音声の特徴... [more] EA2019-113 SIP2019-115 SP2019-62
pp.71-76
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
朗読音声を用いたノンパラレル声質変換による変換音声の話者性と表現の評価
永瀬亮太郎井本桂右山西良典山下洋一立命館大EA2019-138 SIP2019-140 SP2019-87
現在の声質変換の技術において, 感情や抑揚,間の取り方などの多様な表現の再現は課題の1つとして研究されている.しかしなが... [more] EA2019-138 SIP2019-140 SP2019-87
pp.213-218
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]波形加工に基づく統計的声質変換の外部雑音に対する頑健性
栗田優佑小林和弘武田一哉名大)・戸田智基名大/JSTさきがけEA2018-153 SIP2018-159 SP2018-115
本報告では,雑音環境下における統計的声質変換(VC: Voice Conversion)の頑健性に関する調査を行う. V... [more] EA2018-153 SIP2018-159 SP2018-115
pp.317-322
TL 2017-07-23
11:40
東京 国立国語研究所 Structural priming effects in Japanese sentence production -- Stronger influence of voice than word order --
Ying DengUniv. of Tokyo/RIKEN)・Chie NakamuraMIT/JSPSTL2017-30
 [more] TL2017-30
pp.87-90
EA, ASJ-H
(共催)
2017-07-21
13:40
北海道 北海道大学 [ポスター講演]音楽制作ソフトウェアのディストリビューターから見た世界の音声合成、音声編集技術
伊藤博之・○田名部 茂小泉聖道クリプトン・フューチャー・メディアEA2017-13
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社は、20年以上に渡って音に纏わる商品の販売をしてきた輸入代理店であり、音楽制作... [more] EA2017-13
pp.75-77
EMM 2015-03-12
14:10
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) [ポスター講演]音声コミュニケーション高付加価値化ツールモテ声ボイスチェンジャーの提案 ~ はきはき、感謝、謝罪を強調した声への加工 ~
矢野早織新見道治水町光徳九工大EMM2014-84
SNSでの利用を目的とした,音声コミュニケーション高付加価値化ツール「モテ声ボイスチェンジャー」を提案する.モテ声ボイス... [more] EMM2014-84
pp.43-48
EA 2013-12-14
15:25
石川 金沢大学サテライトプラザ 歌声の習熟度と周波数特性との関係に関する考察
佐久間雄輝香山瑞恵池田京子大谷 真橋本昌巳伊東一典信州大EA2013-102
本研究の目的は,歌声の音響分析に基づく声楽初学者に対する発声指導法の探究である.ここでは,独唱での歌声を対象に,音響特徴... [more] EA2013-102
pp.85-90
SP 2012-11-08
13:00
宮城 東北工業大学 一番町ロビー 破裂子音および摩擦子音発声時の声道容積変化の計測
北村達也波多野博顕甲南大SP2012-75
有声,無声の破裂子音および摩擦子音生成時の声道容積の変化を計測した.成人男性1名を対象にしてこれらの子音を含む3モーラの... [more] SP2012-75
pp.19-23
ITE-ME, IEE-CMN
(連催)
EMM, IE, LOIS
(共催)
(連催) [詳細]
2012-08-27
17:20
山口 山口大学吉田キャンパス [招待講演]音声生成における非線形振動の基礎と応用 ~ 病理音、歌声から生物音響まで ~
徳田 功立命館大LOIS2012-20 IE2012-52 EMM2012-43
音声生成は、大きく分けて、声帯振動による音源生成と声道による調音フィルタの二つからなっている.声道の音響特性が線形予測フ... [more] LOIS2012-20 IE2012-52 EMM2012-43
p.49
SP 2011-11-29
10:30
福岡 九州大学 筑紫キャンパス 声区転換における音源-フィルタ相互作用の効果について
鏑木時彦九大SP2011-75
発声においては、声道からの音響フィードバックによって生じる声門付近の音圧が、呼気の流れと声帯の機械振動からなる発声機構に... [more] SP2011-75
pp.37-42
PRMU, SP, WIT
(共催)
2010-10-08
15:50
千葉 幕張メッセ(CEATEC会場) 発話障害者支援のための連続タッチ平面で操作する音声生成器 ~ 子音改善のための基礎的検討 ~
藪 謙一郎伊福部 達東大PRMU2010-96 SP2010-52 WIT2010-40
我々は、発話障害者支援のために、連続なタッチ平面上をペンや指でなぞることで楽器のように音声をリアルタイムに生成する音声生... [more] PRMU2010-96 SP2010-52 WIT2010-40
pp.41-46
SP 2010-06-17
13:00
福岡 九州大学筑紫キャンパス 共通管理棟3階 大会議室 発声における音源-フィルタ相互作用の周波数依存性について
鏑木時彦九大SP2010-33
発声においては、声道からの音響フィードバックによって生じる声門付近の音圧勾配が、呼気の流れと声 帯の機械振動からなる発声... [more] SP2010-33
pp.67-72
SP 2009-11-26
14:00
静岡 静岡大学 声門流解析と音源ーフィルタ相互作用を考慮した発声モデル
鏑木時彦大毛勝統九大SP2009-64
声門を通過する呼気の流量は、音声の実質的な音源となる。本研究では、発声時の呼気流量を精度良く推 定するため、空気の粘性の... [more] SP2009-64
pp.13-18
SP 2007-10-25
- 2007-10-26
長崎 長崎大 粒子法による声帯の連続体モデル
福冨隆朗仲田昌史鏑木時彦若宮幸平九大SP2007-72
発声の物理的なメカニズムを明らかにするために, 声帯弾性体を連続体として表現するための検討を行った。声帯においては筋肉や... [more] SP2007-72
pp.7-12
SP
富山 富山県立大 非対称声帯モデルによる疾患音声生成の数値シミュレーション
野村英之船田哲男金沢大SP2007-43
非対称声帯モデルモデルを用い, 疾患音声の数値シミュレーションと圧力波形のゆらぎ評価を行った. 非対称声帯モデルは幾何学... [more] SP2007-43
pp.115-120
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会