お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 51件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP
(第二種研究会)
2014-01-09
13:50
海外 Le Quy Don Technical University (Hanoi) [招待講演]QZSS Location and Short Message Communication System against Big Disasters
Akinori TairaYuji MiyakeSuguru KamedaNoriharu SuematsuTadashi TakagiKazuo TsubouchiTohoku Univ.
When great disaster occurs, many terrestrial infrastructures... [more]
RCS, NS
(併催)
2013-12-20
11:15
香川 高松市文化芸術ホール QZSSショートメッセージSS-CDMA通信における伝送路推定方式の検討
平 明徳三宅裕士亀田 卓末松憲治高木 直坪内和夫東北大NS2013-153 RCS2013-245
日本の天頂付近に8時間程度留まることが可能な準天頂衛星(QZS)を活用し,高精度な位置情報とポケベル程度の簡単なデータ/... [more] NS2013-153 RCS2013-245
pp.107-112(NS), pp.225-230(RCS)
RCS, AP
(併催)
2013-11-21
10:00
島根 松江テルサ QZSSショートメッセージSS-CDMA通信における周波数偏差の影響
平 明徳三宅裕士亀田 卓末松憲治高木 直坪内和夫東北大RCS2013-185
日本の天頂付近に8時間程度留まることが可能な準天頂衛星(QZS)を活用し,高精度な位置情報とポケベル程度の簡単なデータ/... [more] RCS2013-185
pp.67-72
RCS, SAT
(併催)
2013-08-30
10:30
長野 信州大学 QZSSショートメッセージSS-CDMA通信におけるユーザ間タイミング偏差とシステム容量の検討
平 明徳三宅裕士亀田 卓末松憲治高木 直坪内和夫東北大RCS2013-132
日本の天頂付近に8時間程度留まることが可能な準天頂衛星(QZS)を活用し,高精度な位置情報とポケベル程度の簡単なデータ/... [more] RCS2013-132
pp.51-56
SANE 2013-07-26
13:50
東京 電子航法研究所 準天頂及び静止衛星の信号シミュレータによる地域的測位実験
山田英輝東京海洋大)・藤田征吾三菱電機)・齊藤真二坂井丈泰伊藤 憲電子航法研SANE2013-39
準天頂衛星システムは我が国の衛星航法システムであり,特定の地域を対象とした航法サービスを提供する.準天頂衛星システムの当... [more] SANE2013-39
pp.13-16
SANE 2013-06-21
16:25
茨城 JAXA 筑波宇宙センター 準天頂衛星システムのLEX信号を用いたPPP実証実験
吉川和宏河手香織三吉基之小暮 聡JAXA)・佐田達典日大)・高須知二東京海洋大)・平原康孝NECSANE2013-33
準天頂衛星初号機「みちびき」は、2010年9月11日にH-?Aロケット18号機により打ち上げられ、同年12月15日よりJ... [more] SANE2013-33
pp.103-108
SANE 2012-07-27
13:50
東京 電子航法研究所 準天頂衛星LEX信号の強度評価
谷島 潔前田裕昭ライトハウステクノロジー・アンド・コンサルティングSANE2012-43
準天頂衛星システム(QZSS)から放送される信号のうち,LEX信号は,1278.75MHz(E6帯)で放送されている実験... [more] SANE2012-43
pp.13-18
SANE 2012-06-28
16:25
茨城 JAXA 筑波宇宙センター 準天頂衛星システムのLEX信号を用いたPPP実証実験地上システム開発状況
河手香織小暮 聡中村信一三吉基之JAXA)・曽我広志平原康孝NEC)・安田明生高須知二東京海洋大SANE2012-27
準天頂衛星初号機「みちびき」は、2010年9月11日にH-?Aロケット18号機により打ち上げられ、同年12月15日よりJ... [more] SANE2012-27
pp.37-42
SANE 2012-06-28
16:50
茨城 JAXA 筑波宇宙センター 準天頂衛星システム時刻管理系技術実証実験結果
高橋靖宏浜 真一雨谷 純中村真帆藤枝美穂田渕 良後藤忠広成田秀樹Thomas Hobiger相田政則中澤勇夫NICT)・岸本統久JAXA)・矢作行弘NECエンジニアリング)・高橋 環堀内 聡NECSANE2012-28
準天頂衛星システム(QZSS)は日本の天頂付近を通る準天頂軌道を用いた衛星であり、2003年度から4省とその研究機関でQ... [more] SANE2012-28
pp.43-48
SANE 2012-06-28
17:15
茨城 JAXA 筑波宇宙センター 「みちびき」を利用した疑似時計技術
岩田敏彰松澤 孝町田久美子産総研)・河内健史太田 聡三菱スペース・ソフトウエア)・福原好晴宇宙技術開発)・広島 保時田一生コスモリサーチ)・高橋靖宏NICT)・高橋 環堀内 聡NECSANE2012-29
2010年12月から開始した準天頂衛星を使った擬似時計技術の実証実験について,得られた成果をまとめて報告する. [more] SANE2012-29
pp.49-54
SAT, WBS
(併催)
2012-05-25
13:00
岩手 岩手県立大学 準天頂衛星を用いたロケーション・ショートメッセージ双方向通信システムのための無線アクセス方式の基礎検討
亀田 卓末松憲治東北大)・山形文啓釧路高専)・小熊 博富山高専)・高木 直坪内和夫東北大SAT2012-7
準天頂衛星はこれまで高精度な測位を実現するミッションのみを想定してきたが,東日本大震災を契機に,災害時にも対応できるロケ... [more] SAT2012-7
pp.35-40
SAT, SANE
(併催)
2012-02-16
14:55
三重 三重大学 捜索救助衛星システムの高度化に関する実衛星による実証試験
三浦正春市村隆之太洋無線)・五十嵐喜良・○有竹信夫電波産業会SANE2011-162
太洋無線(株)及び一般社団法人電波産業会では文部科学省の地球観測技術等調査研究委託事業による委託業務として、独立行政法人... [more] SANE2011-162
pp.13-18
MW 2011-12-15
16:30
山口 山口大学 準天頂衛星を用いたロケーション・ショートメッセージ双方向通信システムと端末→衛星回線に関する一検討
末松憲治亀田 卓東北大)・山形文啓釧路高専)・小熊 博富山高専)・高木 直坪内和夫東北大MW2011-131
準天頂衛星はこれまで高精度な測位を実現するミッションのみを想定してきたが,東日本大震災を契機に,,災害時にも対応できるロ... [more] MW2011-131
pp.33-36
MW 2011-12-15
17:00
山口 山口大学 準天頂衛星を用いたロケーション・ショートメッセージ双方向通信システムのパケット構成及び最大収容数に関する一検討
山形文啓釧路高専)・末松憲治亀田 卓東北大)・小熊 博富山高専)・高木 直坪内和夫東北大MW2011-132
我々は、災害時などに地上系通信インフラ網を補完するため、位置情報とショートメッセージを準天頂衛星経由にて送受信可能な、ロ... [more] MW2011-132
pp.37-40
SANE 2011-10-18
15:00
海外 Udayana University, Bali, Indonesia [ポスター講演]Performance Evaluation of QZS NBP Time Transfer System
Tadahiro GotohJun AmagaiYasuhiro TakahashiShin'ichi HamaNICTSANE2011-100
We have developed a graphics processing unit (GPU)-based two... [more] SANE2011-100
pp.201-205
SANE 2011-10-18
15:00
海外 Udayana University, Bali, Indonesia 準天頂衛星時刻比較用可搬局の開発
成田秀樹雨谷 純相田政則高橋靖弘中澤勇夫浜 真一NICTSANE2011-101
準天頂衛星システム(QZSS)は準天頂軌道に複数の準天頂衛星(QZS)を周回させ、日本上空に常時1機以上の衛星を配置する... [more] SANE2011-101
pp.207-209
SANE 2011-06-24
09:30
茨城 JAXA筑波宇宙センター [招待講演]マルチGNSS時代における準天頂衛星システムの役割について
安田明生東京海洋大)・山田英輝電子航法研SANE2011-31
衛星測位システム(GNSS)といえば,これまではGPSの独壇場であったが,GLONASSがほぼ完全復活し,Galileo... [more] SANE2011-31
pp.83-88
SANE 2011-06-24
10:40
茨城 JAXA筑波宇宙センター 搭載基準時刻管理部の概要及び初期機能確認試験結果
高橋 環NEC)・矢作行弘NECエンジニアリング)・熊谷 進NEC東芝スペースシステム)・雨谷 純藤枝美穂中村真帆高橋靖宏浜 真一NICTSANE2011-33
準天頂衛星(QZS)の軌道を高精度に決定し利用ユーザに位置情報を提供するためには、QZSに搭載する原子時計と地上局の時計... [more] SANE2011-33
pp.95-99
SANE 2011-06-24
11:55
茨城 JAXA筑波宇宙センター 擬似時計技術の実証実験
岩田敏彰松澤 孝町田久美子齋藤甲次朗産総研)・河内健史三菱スペース・ソフトウエア)・福原好晴宇宙技術開発)・広島 保時田一生コスモリサーチ)・高橋靖宏NICT)・高橋 環堀内 聡NECSANE2011-36
2010年12月から開始した,準天頂衛星を使った擬似時計技術の実証実験について,これまでに得られている成果をまとめて報告... [more] SANE2011-36
pp.111-116
ITS 2011-05-26
13:00
神奈川 横須賀リサーチパーク 1衛星と複数受信機を用いた地上端末位置推定アルゴリズムの一検討
大西博信羽多野裕之桑原義彦静岡大ITS2011-1
本研究では,都市部での利用を想定した移動端末の位置推定システムの構築を目指している.現在の位置推定の主流は4基のGPS衛... [more] ITS2011-1
pp.1-6
 51件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会