お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 21~37件目 [前ページ]  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IE 2009-04-27
13:00
東京 機械振興会館 エッジ適応デブロッキングフィルタに関する検討
松尾翔平高村誠之NTT)・八島由幸千葉工大IE2009-5
従来の映像符号化標準ではブロックベースで時空間予測、変換、量子化を実施するため、復号画像にブロックノイズが発生する。そこ... [more] IE2009-5
pp.21-25
IE 2009-03-16
11:15
愛媛 テクノプラザ愛媛 超高精細映像符号化におけるマクロブロックサイズ拡張手法に関する一検討
吉野知伸内藤 整酒澤茂之KDDI研IE2008-256
近年の映像配信サービスではHDTVクラスの高解像度映像が主流となりつつあり,将来的には更に高解像度な映像の導入が期待され... [more] IE2008-256
pp.19-22
VLD 2009-03-12
16:40
沖縄 沖縄県男女共同参画センター H.264/AVCにおけるデブロッキングフィルタの低消費電力化実装手法
林 良典秋田朋洋宋 天島本 隆徳島大VLD2008-153
動画像符号化方式H.264/AVCはワンセグ放送,携帯電話など様々な携帯端末に使用されているが,低消費電力化が重要な課題... [more] VLD2008-153
pp.159-164
IN, NS
(併催)
2009-03-04
10:30
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 無線ネットワークにおけるライブビデオストリーミングに向けた輻輳制御と符号器の協調
氏川裕隆甲藤二郎早大NS2008-210
無線ネットワーク上でライブビデオストリーミングを行う際には,干渉によるパケットロスなど,無線の特性を考慮した輻輳制御を用... [more] NS2008-210
pp.379-384
ICD, IPSJ-ARC, IPSJ-EMB
(共催)
2009-01-14
17:00
大阪 松心会館(大阪) 放送基盤向けHDTV対応H.264/AVC High422プロファイル/MPEG-2 422プロファイル符号化LSI
新田高庸NTT)・池田充郎NEL)・岩崎裕江大西隆之佐野 卓嵯峨田 淳中島靖之NTT)・稲森 稔NEL)・吉留 健NTT)・松田宏朗NEL)・谷田隆一清水 淳中村 健長沼次郎NTT
放送基盤向けHDTV 対応H.264/AVC High422 プロファイル符号化LSI,”SARA/E” を開発した.S... [more] ICD2008-149
pp.117-122
IE, SIP, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-10-06
16:20
岩手 岩手県民情報交流センター(通称:アイーナ) H.264/AVCの画面内予測の効率改善に関する検討
松尾翔平高村誠之八島由幸NTTSIP2008-112 IE2008-76
本稿では、H.264/AVCにおいて単一の画面内で予測を行う画面内予測方式の改善を提案する。従来の画面内予測では、予測信... [more] SIP2008-112 IE2008-76
pp.29-34
MoNA, ITE-BCT, ITE-CE
(共催)
2007-09-20
16:10
愛媛 愛媛大学 H.264シンタックス要素を応用したワンセグフレーム補間技術
田中淑貴水戸研司パイオニアMoMuC2007-47
ワンセグサービスの画像圧縮方式は,H.264/AVCが採用されている。H.264/AVCのシンタックス要素であるマクロブ... [more] MoMuC2007-47
pp.23-28
ICD, ITE-IST
(共催)
2007-07-26
17:05
兵庫 神戸大学瀧川記念学術交流会館 電源電圧と周波数の動的制御によるH.264/AVC デコーダの低消費電力化
坂田義典川上健太郎川口 博吉本雅彦神戸大ICD2007-52
動的電圧制御(DVS)を専用ハードウェアに適用するために,エラスティックパイプラインアーキテクチャを提案し,フレームバッ... [more] ICD2007-52
pp.89-94
CAS, SIP, VLD
(共催)
2007-06-21
11:10
北海道 北海道東海大学 札幌キャンパス マルチメディアホール H.264/AVCにおけるフレームメモリアクセス手法
岸田智幸國安大樹宋 天島本 隆徳島大CAS2007-7 VLD2007-23 SIP2007-37
高圧縮率を実現する動画像符号化標準H.264/AVCが様々な分野で利用されているが,圧縮率が高い反面,従来の符号化標準よ... [more] CAS2007-7 VLD2007-23 SIP2007-37
pp.37-42
CAS, SIP, VLD
(共催)
2007-06-21
11:30
北海道 北海道東海大学 札幌キャンパス マルチメディアホール H.264/AVCデコーダにおける低演算量デブロッキングフィルタ実装手法
林 良典肥田英司宋 天島本 隆徳島大CAS2007-8 VLD2007-24 SIP2007-38
動画像圧縮符号化標準H.264/AVCがワンセグ放送,携帯端末など様々な分野で普及されているが,デコーダの演算量削減が重... [more] CAS2007-8 VLD2007-24 SIP2007-38
pp.43-48
CQ, CS
(併催)
2007-04-23
13:00
鹿児島 鹿児島大学 リアルタイム・コミュニケーションシステムのための“Intelligent QoS”制御方式の検討
久礼嘉伸板倉英三郎ソニーCQ2007-1
TV会議システムなどの IPベースのリアルタイム・コミュニケーションシステムにおいて,帯域幅の拡大に伴って映像の高品質化... [more] CQ2007-1
pp.1-6
SIP, CAS, VLD
(共催)
2006-06-23
09:50
北海道 北見工業大学 H.264/AVC符号化向けDSPにおける動き予測演算器の設計
高橋豊和小原俊逸戸川 望柳澤政生大附辰夫早大
H.264/AVCは高い符号化効率を実現する反面,符号化に必要な処理量が多い問題点があり,その90%以上は動き予測処理が... [more] CAS2006-10 VLD2006-23 SIP2006-33
pp.13-18
ICD, ITE-CE
(共催)
2006-01-27
11:45
東京 機械振興会館 261MHz Parallel Tree Architecture for Full Search Variable Block Size Motion Estimation in H.264/AVC
Zhenyu LiuFAIS)・Yang SongTakeshi IkenagaSatoshi GotoWaseda Univ.
A parallel tree architecture for full search variable block ... [more] ICD2005-218
pp.17-22
MoNA 2005-07-07
16:10
東京 早大理工学部 H.264/AVCにおける符号量制御に関する考察
秋間佑輔早大)・永吉 功花村 剛メディアグルー)・富永英義早大
本稿ではH.264/AVCにはおける符号量制御方式について議論する.参照ソフトウェアによる従来方式では入力画像先頭フレー... [more] MoMuC2005-20
pp.25-29
MoNA 2005-07-08
10:30
東京 早大理工学部 フィルムグレインを考慮したH.264/AVC符号化方式に関する一検討
後藤崇行常松祐一渡辺 裕早大
フィルムグレインは,フィルムで撮影したコンテンツ特有の模様である.一般に雑音成分として捉えられがちだが,フィルムグレイン... [more] MoMuC2005-21
pp.31-36
CS, IE
(共催)
2004-12-10
14:00
愛知 名古屋大学 H.264/AVC FRExtにおけるIntra予測モードの決定手法に関する一検討
常松祐一渡辺 裕早大
ITU-TとMPEGにより共同で標準化された動画像符号化方式H.264/AVCはIntra予測の機能を持つ.高解像度画像... [more] CS2004-122 IE2004-117
pp.55-60
CS, IE
(共催)
2004-12-10
14:20
愛知 名古屋大学 周波数特性に基づくH.264/AVCイントラ予測モード決定手法に関する検討
筑波健史早大)・永吉 功花村 剛メディアグルー/早大)・富永英義早大
本稿では,H.264/AVC の符号化における処理量を低減するために,4 × 4 イントラ予測モードの効果的な 選択手法... [more] CS2004-123 IE2004-118
pp.61-66
 37件中 21~37件目 [前ページ]  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会