電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 89件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP 2017-08-24
14:15
東京 東京電機大学 教室:東京千住キャンパス1号館2階 1206教室 ODフロー行列のグループスパース性を用いたDDoS攻撃検出法
遠藤雅也山岸昌夫山田 功東工大
小文では,多種多様な異常通信検出を実現するために,まず,異常通信を拡大ODフロー行列(ODフローのトラヒック量の時間遷移... [more] SIP2017-52
pp.21-26
CCS 2017-08-11
13:30
北海道 ピパの湯 ゆ~りん館(北海道美唄市) 拡散型フロー制御を用いるDDoS攻撃緩和システムの提案
平 空也高野知佐前田香織広島市大
DDoS攻撃の中でもリフレクション攻撃は攻撃対象のみならず,攻撃対象までの経路上のネットワークの負荷も大きい.本研究では... [more] CCS2017-19
pp.51-56
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-03-10
11:40
沖縄 具志川農村環境改善センター Named Data Networkingにおけるパケットホップ数を用いたInterest Flooding Attackの検知及び緩和手法
中塚義道西 宏章慶大
WWWの登場以来,インターネットは通信以外に動画等のコンテンツを共有する場として変化した.この変化に対応したネットワーク... [more] CPSY2016-150 DC2016-96
pp.327-332
NS, IN
(併催)
2017-03-03
14:50
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 自律分散型インターネットセキュリティ基盤とその攻撃遮断法
君山博之江口 健堤 智昭佐野 香八槇博史上野洋一郎米﨑直樹佐々木良一小林 浩東京電機大
Internetに接続された装置(サーバ,PC,IoT機器など)へのサイバー攻撃が後を絶たない.最近のDDoS攻撃におい... [more] NS2016-251
pp.541-546
IN, ICTSSL, NWS
(併催)
2016-10-21
10:20
大阪 大阪大学 大規模DDoS攻撃対処を想定したAS間連携対処方式の一検討
前田浩明小島久史相原正夫NTT
近年、DDoS 攻撃が大規模化しており、上流のネットワーク帯域の輻輳や防御機能のリソース限界により、標的となった組織単独... [more] IN2016-58
pp.55-60
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-03
16:00
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 パケット連続到着時間を判定基準とした攻撃検知方式の評価
林 裕平西山聡史鈴木昭徳阪井勝彦工藤伊知郎神谷和憲NTT
近年,アプリケーションを対象としたDDoS攻撃が増加している.網でDDoS攻撃検知を行う上では通信を詳細分析可能なセキュ... [more] ICSS2015-56
pp.53-58
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2016-03-04
14:30
京都 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 ダークネットトラフィック解析による学習型DDoSバックスキャッタ検出システム
宇川雄樹北園 淳小澤誠一神戸大)・班 涛中里純二NICT)・島村隼平クルウィット
本研究では,ダークネットで観測されたUDP通信トラフィックからDDoS攻撃によるバックスキャッタか否かを判定するオンライ... [more] ICSS2015-67
pp.123-128
ICSS 2015-11-26
14:35
福島 産総研 福島再生可能エネルギー研究所 TCPの挙動に基づくSlow DoS攻撃の検出
野岡弘幸神谷和憲倉上 弘矢田 健NTT
本研究では,DoS/DDoS攻撃の一種であるSlow DoS攻撃を扱う.
既知の対策としてクライアントの同時接続数や接... [more]
ICSS2015-37
pp.13-18
CQ, ICM, NS
(併催)
2015-11-27
10:50
新潟 新潟大学 DDoS攻撃抑制のための公平性を考慮した帯域制御方式
與語一史白井信也相原正夫NTT
近年,サイバー攻撃は増加・多様化傾向にあり,中でも数百Gbpsのネットワークリソースを消費可能であるDDoS攻撃は,攻撃... [more] NS2015-123
pp.69-74
CS 2015-11-12
10:45
北海道 層雲峡温泉 ホテル大雪(北海道) Target Link Flooding Attack Prevention Scheme by Monitoring Traceroute Packets Flow
Takayuki HirayamaKentaroh ToyodaIwao SasaseKeio Univ.
近年,インターネットの特定のリンクを狙って攻撃する DDoS 攻撃が報告されている.この攻撃は特定の
リンクに攻撃フロ... [more]
CS2015-48
pp.19-24
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2015-11-07
11:20
神奈川 神奈川大学 1号館804会議室 アクセストークンを用いたDDoS攻撃の削減のための動的フィルタリング
鈴木涼太森田 光神奈川大
DDoS攻撃に対してはアクセス数の流量を一般的に制限する。しかし、通常のアクセスと攻撃によるアクセスを区別しないので、利... [more] ISEC2015-53 SITE2015-40 LOIS2015-47
pp.111-116
NS 2015-05-22
09:55
東京 東京大学 石橋信夫記念ホール 利用可能帯域を考慮した高速な大規模DDoS攻撃対処アルゴリズムの一検討
前田浩明小島久史相原正夫NTT
ISP等の広域ネットワークにおいて、特定の宛先IPアドレスに対するDDoS攻撃を検知した場合、その宛先への通信のみをDD... [more] NS2015-25
pp.59-64
ISEC 2014-12-19
14:50
東京 機械振興会館 偽陽性の生じないSpace-Time Encoding Schemes
白石良介佐藤 敬下泉政樹北九州市大)・双紙正和広島市大
サービス妨害攻撃や分散サービス妨害攻撃において攻撃者を検知する技術としてIP トレースバックがある.その一つであるspa... [more] ISEC2014-71
pp.11-15
ICSS 2014-11-28
10:20
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス(変更しました) ダークネットトラフィック観測によるDDoSバックスキャッタ判定
古谷暢章神戸大)・班 涛中里純二NICT)・島村隼平クルウィット)・北園 淳小澤誠一神戸大
DDoS 攻撃は企業や団体に深刻な経済損害を与える脅威であり,早急にDDoS 攻撃を検知することが重要である.本研究では... [more] ICSS2014-59
pp.49-53
IN, NV
(併催)
2014-07-18
16:30
北海道 北海道大学 仮想データセンタ環境におけるDDoS攻撃トラヒック分散方式の提案
永渕幸雄寺本泰大岸 寿春小山高明北爪秀雄NTT
近年,マルウェアに感染した端末から大量のパケットを送出することで,ネットワークやサーバのサービス提供を不能にするDDoS... [more] IN2014-48
pp.107-112
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-04
14:15
北海道 サン・リフレ函館 時空符号化方式におけるDDoS攻撃経路の再構成
佐藤 敬三角大地下泉政樹北九州市大)・双紙正和広島市大
サービス拒否攻撃や分散型サービス拒否攻撃に関わる攻撃経路を追跡する技術としてIP トレースバック技術が知られている.IP... [more] ISEC2014-45 SITE2014-40 ICSS2014-49 EMM2014-45
pp.315-319
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2013-03-14
11:30
奈良 東大寺総合文化センター LISPにおける二段階マップテーブルを用いたDDoS攻撃緩和方式の提案
齋藤利文榎本真俊櫨山寛章門林雄基奈良先端大
DDoS攻撃は深刻な脅威であるが,現在一般的に実施されているDDoS攻撃対策は,標的サーバーまでの経路上の負荷については... [more] SITE2012-51 IA2012-89
pp.37-42
IA 2012-11-19
18:00
福島 かんぽの宿いわき(福島) 囮サーバーで攻撃を局所に封じ込めることによるDDoS攻撃緩和手法の提案
齋藤利文榎本真俊櫨山寛章門林雄基奈良先端大
DDoS 攻撃は深刻な脅威であるが,現在一般的に実施されているDDoS 攻撃対策は,標的マシンまでの経
路上の負荷につ... [more]
IA2012-58
pp.35-40
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2012-07-20
09:50
北海道 北海道工業大学 コンピュータウイルス感染体験実験法の提案と構築
栗野俊一吉開範章日大)・高橋俊雄高齢・障害・求職者雇用支援機構
我々は,使用中の計算機がコンピュータウィルスに感染したと通知をうけたユーザが,どのように判断し,行動を取るかを調査するた... [more] ISEC2012-42 SITE2012-38 ICSS2012-44 EMM2012-34
pp.229-235
ICM 2012-07-12
14:00
北海道 小樽市民会館 [招待講演]バックボーンオペレーション現場で直面している課題とその取組み
益子直樹村中清弘NTTコミュニケーションズ
バックボーンオペレーションにおける現場の課題として、増加し 続けるトラフィック、大規模化しているDDoSへの対応などが ... [more] ICM2012-21
p.19
 89件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会