お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 51件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, NLP
(共催)
2013-09-26
15:55
岐阜 岐阜大学サテライトキャンパス [招待講演]β変換器の量子化誤差に関する理論的解析
牧野貴樹東大)・岩田友紀子気象大)・實松 豊九大)・堀田正生傘 昊東京都市大)・合原一幸東大CAS2013-43 NLP2013-55
非線形写像であるβ写像で構成される非二進A/D変換器であるβ変換器は、プロセス変動や広範囲な環境変化に対するロバスト性を... [more] CAS2013-43 NLP2013-55
pp.41-44
ED 2013-08-09
09:00
富山 富山大学工学部 大会議室 超高性能デジタルマイクロフォンセンサのためのInP基板へのMEMSマイクロフォン作製プロセス
藤野舜也水野雄太高岡和央森 雅之前澤宏一富山大ED2013-44
本論文では, InP基板上におけるMEMSマイクロフォンの製造プロセスについて述べた. このプロセスは, 中空構造を作製... [more] ED2013-44
pp.33-36
SDM, ICD
(共催)
2013-08-02
11:15
石川 金沢大学 角間キャンパス [招待講演]時間領域アナログ&デジタル混成信号処理技術を用いたLDPC復号回路
宮下大輔山城 遼東芝)・橋吉和典東芝マイクロエレクトロニクス)・小林弘幸香西昌平大脇幸人畝川康夫東芝SDM2013-79 ICD2013-61
アナログ信号処理は一本の配線で多ビットを同時に表現することができるため、一本の配線で1ビットの情報しか表現できないデジタ... [more] SDM2013-79 ICD2013-61
pp.71-76
LQE, OPE
(共催)
2013-06-21
14:50
東京 機械振興会館 65-nm CMOS-IC直接駆動による線形加速器型縦列電極構造InP MZ光変調器の低電力多値光変調
山瀬知行佐藤峰斗野口栄実佐藤健二加藤友章NECOPE2013-12 LQE2013-22
線形加速器型縦列電極構造光変調器は,短尺の光位相変調器領域を複数縦列接続し,それぞれを被変調光信号の通過に同期させて順次... [more] OPE2013-12 LQE2013-22
pp.27-32
MW 2013-03-08
11:20
広島 広島大学 [特別招待講演]アナログ・RF CMOS集積回路技術の現状と今後の動向
松澤 昭東工大MW2012-185
無線通信や信号センシングなどに用いられるアナログ・RFCMOS集積回路技術の現状と今後の動向について概観する。中核となる... [more] MW2012-185
p.147
CAS 2013-01-29
10:15
大分 別府国際コンベンションセンター タイムインタリーブ型A/D変換器の高速オールデジタル補正
野崎 剛富士通マイクロソリューションズ)・吉岡正人富士通研)・薛 宗陽富士通マイクロソリューションズ)・梅田定美富士通セミコンダクター)・塚本三六富士通研CAS2012-81
イムインタリーブ型A/D変換器は、複数のA/D変換器が交互に動作することで、容易に高速変換を実現できる方式である。しかし... [more] CAS2012-81
pp.89-94
MW 2012-11-22
14:30
沖縄 石垣島 同相クロックで動作するPH-DACを用いたディジタル信号源の位相差調整型不要波抑圧手法
橘川雄亮田島賢一川上憲司三菱電機MW2012-126
本報告では,同相クロックで動作するPhase Holding型DA変換器(PH-DAC)を用いたディジタル信号源(DDS... [more] MW2012-126
pp.75-79
OCS, OFT
(併催)
2012-08-31
15:25
北海道 サンリフレ函館 タイム・インターリーブDACのチャンネルミスマッチによるコヒーレント光受信器の受信感度劣化
韓 燦教五十嵐浩司菊池和朗東大OCS2012-39
データレートの増加によって光送信器では高速のディジタル・アナログ変換器(DAC)への要求が高まっている。ディジタル・アナ... [more] OCS2012-39
pp.59-64
ICD 2011-12-15
16:10
大阪 大阪大学会館 [ポスター講演]Signal-Dependent Analog-to-Digital Conversion based on MINIMAX Sampling
Igors HomjakovsMasanori HashimotoOsaka Univ.)・Tetsuya HiroseKobe Univ.)・Takao OnoyeOsaka Univ.ICD2011-121
This paper presents an architecture of signal-dependent anal... [more] ICD2011-121
pp.105-107
ICD 2010-12-16
15:10
東京 東京大学 先端科学技術研究センター [ポスター講演]CMOS技術を利用した不揮発フリップフロップの設計とFractional-N PLL周波数シンセサイザーへの応用
王 戈イ ジョン ギュウ桝井昇一東北大ICD2010-100
本発表では、Standard CMOSプロセスにより追加プロセスの必要がなく実現可能な不揮発フリップフロップ(NV-FF... [more] ICD2010-100
pp.31-36
ICD 2010-12-16
15:10
東京 東京大学 先端科学技術研究センター [ポスター講演]CMOS R-2Rラダー回路のチャネル幅調整による線形性最適化に関する研究
加藤雄大範 公可電通大ICD2010-105
本論文では,各ビットセルのチャネル幅を調整することでCMOS R-2Rラダー回路の線形性を最適化する方法を紹介する.回路... [more] ICD2010-105
pp.59-63
MW 2010-11-26
11:00
沖縄 沖縄県男女共同参画センター「てぃるる」 PH型DACを用いたデジタル信号源の振幅調整型不要波抑圧手法
田島賢一林 亮司檜枝護重三菱電機MW2010-117
本報告では,クロックのハイとローの状態に応じて信号の極性を反転するPhase Holding 型DA 変換器(PH 型D... [more] MW2010-117
pp.71-74
LQE, OPE, OCS
(共催)
2010-10-28
17:30
福岡 門司港レトロ・港ハウス 広帯域光通信用帯域分割受信装置の試作と評価
松井宗大工藤理一鷹取泰司中川匡夫石原浩一溝口匡人小林孝行宮本 裕NTTOCS2010-68 OPE2010-104 LQE2010-77
デジタル信号処理による光伝送信号のコヒーレント受信が脚光を浴びているが,信号の広帯域化が進むにつれてアナログデジタル変換... [more] OCS2010-68 OPE2010-104 LQE2010-77
pp.79-84
ED, SDM
(共催)
2010-07-02
14:45
東京 東工大 大岡山キャンパス ダイナミック・ソースフォロワ増幅器を用いたスイッチト・キャパシタ積分器
矢口僚人安達美志和保孝夫上智大ED2010-117 SDM2010-118
ダイナミック・ソースフォロワ増幅器を用いた積分器を提案し、0.18 μm CMOS技術を想定した回路シミュレーションで動... [more] ED2010-117 SDM2010-118
pp.297-300
SANE 2010-05-21
15:00
神奈川 防衛大学校 対数尤度コヒーレント光受信機 ~ ADC不要の高速化アーキテクチャ ~
豊嶋守生荘司洋三高山佳久NICT)・前畠 貴住友電工SANE2010-13
コヒーレント光通信技術は、近年、高速大容量通信において注目を集めている.コヒーレント光受信機は、十分な光量の局発光により... [more] SANE2010-13
pp.19-23
CAS 2010-01-28
16:35
京都 京大会館 [フェロー記念講演]ビデオ用AD変換器の研究開発を振り返って
堀田正生東京都市大CAS2009-71
最近のデジタルカメラを代表とする民生用ビデオ機器の発達に対して、ビデオ用ADCの発展が大きく寄与している。特に、小型化(... [more] CAS2009-71
pp.43-48
SCE 2010-01-20
10:40
東京 機械振興会館 DA変換器応用を目指したパルス数可変増倍回路の設計と動作検証
斎藤 淳田中丈之守屋雅隆小林忠行水柿義直電通大)・前澤正明産総研SCE2009-24
現在,次世代交流電圧標準の実現に向けて,RSFQ型DA変換器による高精度波形合成に関する研究が行なわれている.本報告では... [more] SCE2009-24
pp.1-5
ICD, ITE-IST
(共催)
2009-10-02
11:50
東京 キャンパス・イノベーションセンター東京(田町) 補間技術とバックグランド補償技術を用いた8-bit 600-MSps並列型ADCに関する研究
白 戴和浅田友輔宮原正也松澤 昭東工大ICD2009-51
補間技術と巡回バックグランド補償技術を使用した並列型A/D変換器(ADC)に関して報告する.並列型ADCは分解能が上がる... [more] ICD2009-51
pp.99-104
ICD, ITE-IST
(共催)
2008-10-23
15:00
北海道 北海道大学 情報教育館3F [招待講演]高性能アナログ回路集積化技術の方向性
濱崎利彦日本テキサス・インスツルメンツICD2008-77
 [more] ICD2008-77
pp.107-112
MBE 2008-01-25
10:00
福岡 九州大学 聴覚障害改善システムの為の時間平均化手法を用いたパルス幅変調の考察
篠原慈明西村敏博早大MBE2007-79
聴覚障害は器質的病患のみならず、高齢化社会においても重要な問題である。 近年ディジタル信号処理技術の進歩により、ディジタ... [more] MBE2007-79
pp.1-4
 51件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会