電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 100件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, RCS
(併催)
2019-12-19
09:15
徳島 徳島大学 工業会館 OFDMに基づいたグラントフリー非直交多元接続のためのアクティブユーザ検出および伝播路推定に関する一検討
原 郁紀石橋功至電通大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-22
14:55
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス ネットワークトモグラフィーを用いた統計情報取得順序決定による障害リンク検知の効率化
中村勇海後藤 卓柴田将拡鶴 正人九工大ICM2019-27
実時間での柔軟な経路やポリシーの変更に対応でき,部分的障害にも強いネットワークが求められている.それを実現する手段として... [more] ICM2019-27
pp.33-38
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
09:50
愛知 名古屋大学 上り回線グラントフリー非直交多元接続のための一般化ブースト近似メッセージ伝播法
原 郁紀石橋功至電通大RCS2019-148
本稿では,グラントフリー非直交多元接続(GF-NOMA: Grant-Free Non-Orthogonal Multi... [more] RCS2019-148
pp.13-18
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-10
16:10
大阪 I-Siteなんば(大阪) 上り回線グラントフリー非直交多元接続のためのブースト近似メッセージ伝播法
原 郁紀石橋功至電通大RCC2019-17 NS2019-50 RCS2019-107 SR2019-26 SeMI2019-26
本稿では,グラントフリー非直交多元接続(GF-NOMA: Grant-Free Non-Orthogonal Multi... [more] RCC2019-17 NS2019-50 RCS2019-107 SR2019-26 SeMI2019-26
pp.33-38(RCC), pp.43-48(NS), pp.37-42(RCS), pp.43-48(SR), pp.47-52(SeMI)
IN, NS
(併催)
2019-03-05
14:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター 並列パスアクティブ測定によるパケット廃棄率推定
村井啓之介渡部康平中川健治長岡技科大IN2018-132
本稿では,ネットワーク上の複数のパスに対して並列に end-to-end のアクティブ測定を行い,パケット廃棄率を推定す... [more] IN2018-132
pp.289-294
RCS, AP
(併催)
2018-11-21
13:40
沖縄 沖縄産業支援センター UAVを活用した標準大気における気象3要素及び海上電波伝搬特性評価
中西孝行清水健矢瀧川道生米田尚史三菱電機AP2018-121
対流圏ダクト現象は,対流圏内における大気の屈折率が逆転して発生するものであり,ダクト層内においては電波が地表方向へ曲げら... [more] AP2018-121
pp.113-117
ET 2018-10-20
15:30
福岡 福岡工業大学 生体計測による客観評価とアンケートによる主観評価に基づく学生の授業における心理状態の評価
田中勇気上西啓介阪大ET2018-50
学校などの教育現場において,学生の能動的な学習を促すためにアクティブラーニングが導入されているが,それがより深い学びを促... [more] ET2018-50
pp.71-76
EST, MW, OPE, MWP, EMT
(共催)
IEE-EMT, THz
(連催) [詳細]
2018-07-19
10:35
北海道 洞爺観光ホテル 光アンテナを用いた広帯域赤外屈折率測定法の提案
各務 響雨宮智宏増田佳祐西山伸彦荒井滋久東工大EMT2018-21 MW2018-36 OPE2018-24 EST2018-19 MWP2018-20
「赤外屈折率」はinfrared photonicsをはじめとした様々な分野に必須のパラメータであるが、現在までに中近赤... [more] EMT2018-21 MW2018-36 OPE2018-24 EST2018-19 MWP2018-20
pp.77-82
EST, MW, OPE, MWP, EMT
(共催)
IEE-EMT, THz
(連催) [詳細]
2018-07-19
16:15
北海道 洞爺観光ホテル 閉ループ型アクティブロードプルシステムの利得余裕度/所要電力の定式化
川辺健太朗石崎俊雄龍谷大EMT2018-32 MW2018-47 OPE2018-35 EST2018-30 MWP2018-31
マイクロ波電力増幅器の設計方法としては, 最適な負荷インピーダンスを得るためにパッシブロードプル法がよく知られている. ... [more] EMT2018-32 MW2018-47 OPE2018-35 EST2018-30 MWP2018-31
pp.137-142
ICM 2018-07-06
11:00
青森 青森県観光物産館アスパム OpenFlowにおけるリンク毎パケット遅延変動の監視と劣化リンク特定の効率化
永田隼也鶴 正人九工大ICM2018-19
近年,クラウドサービスやサーバの仮想化を支える技術としてOpenFlowが普及しつつある.それに伴い,OpenFlowを... [more] ICM2018-19
pp.47-52
NS 2018-04-19
15:50
福岡 福岡大 [招待講演]OpenFlowの楽しみ ~ 自由な経路の使い方 ~
鶴 正人九工大NS2018-6
SDN (Software-defined networking) 技術は,データセンタ内LAN,拠点間WAN,無線メッ... [more] NS2018-6
pp.31-36
AP 2018-04-20
13:30
東京 八丈町商工会 アクティブ伝搬制御によるSISO伝搬損失およびMIMOチャネル容量改善効果の評価
荒木 凌岩井誠人笹岡秀一同志社大AP2018-10
筆者等はこれまでに,無線通信環境内における伝搬特性を能動的に変化させることで,ユーザの通信環境を改善するアクティブ伝搬制... [more] AP2018-10
pp.47-52
CQ 2018-01-19
11:20
東京 国立情報学研究所 複数プローブフローの並列測定による高精度遅延推定
平川槙太郎渡部康平中川健治長岡技科大CQ2017-93
本論文では,アクティブプローブパケットを用いた正確な並列測定手法を提案する.
多くの測定アプリケーションでは,複数のプ... [more]
CQ2017-93
pp.45-50
US 2017-10-05
13:25
宮城 東北大学 光干渉断層法から求めた点広がり関数による高周波超音波画像の補正
柏倉直史長岡 亮東北大)・小林和人本多電子)・西條芳文東北大US2017-57
本研究は光と超音波を用いて, 皮膚を対象とした新たなイメージング手法を提案するものである. 光干渉断層法と高周波超音波で... [more] US2017-57
pp.5-10
SANE 2017-10-04
13:10
東京 日仏会館(東京) GPR measurements to assess the characteristics of active faults in Mongolia -- GPR and active faults in Mongolia --
Maksim BanoJean-Remi DujardinAntoine SchluppStrasbourg Univ.)・Nyambayar Tsend-AyushUlziibat MunkhuuNRIAGSANE2017-43
In this paper we present the GPR results obtained on Emeelt ... [more] SANE2017-43
pp.1-6
R, EMD, CPM, LQE, OPE
(共催)
2017-08-31
14:20
青森 弘前文化センター 波長掃引帯域の変動への適応によるSS-OCT膜厚計測値変動の抑制
上野雅浩坂本 尊豊田誠治佐々木雄三山口城治阪本 匡NTT)・藤本正俊山田真広浜松ホトニクス)・菅井栄一小平 徹NTT-ATR2017-26 EMD2017-20 CPM2017-41 OPE2017-50 LQE2017-23
層画像を高速に撮像する技術である。SS-OCTを用いた膜厚計測においては、波長掃引光源から出力された波長掃引光を観察対象... [more] R2017-26 EMD2017-20 CPM2017-41 OPE2017-50 LQE2017-23
pp.11-16
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2017-08-31
17:45
北海道 北海道大学 島状金薄膜によるヘテロコア光ファイバ型LSPRセンサのスペクトル特性と屈折率計測への応用
細木 藍西山道子渡辺一弘創価大OFT2017-30
表面プラズモン共鳴(SPR)は光ファイバによる液体屈折率計測の原理として広く使われている.一方,局在型表面プラズモン共鳴... [more] OFT2017-30
pp.25-28
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2017-03-06
15:05
福岡 九州大学大橋キャンパス 5号館 テクスチャのある円柱のリムを注視した時の眼球運動と水晶体の屈折度の同時計測
工藤博章名大)・山田光穗東海大)・大西 昇名大IMQ2016-34 IE2016-149 MVE2016-57
筆者らは,3次元知覚におけるオクルージョンの幾何に着目し,円柱のリムを対象として注視位置の測定を行い,検討を行ってきた.... [more] IMQ2016-34 IE2016-149 MVE2016-57
pp.79-84
RCS, AP
(併催)
2016-11-25
10:25
京都 京都市国際交流会館 5G超大容量Massive MIMO伝送における44GHz帯屋内伝搬データに基づくOFDM伝送評価
中川兼治内田 繁井浦裕貴森重秀樹岡崎彰浩三菱電機)・須山 聡佐藤 圭小原辰徳奥村幸彦NTTドコモ)・岡村 敦三菱電機RCS2016-202
高周波数帯を活用した第5世代移動通信システム(5G)が検討されており,周波数利用効率を向上させる技術としてMassive... [more] RCS2016-202
pp.63-68
CQ 2016-07-27
15:55
大阪 関西学院大学大阪梅田キャンパス OpenFlowにおける全リンクパケットロス率計測のための統計情報取得順序の最適化
藤村悠樹月岡祐太鶴 正人九工大CQ2016-45
近年,クラウドサービスやサーバ仮想化を支えるためのネットワーク技術として,OpenFlowが普及し始めている.それに伴い... [more] CQ2016-45
pp.73-78
 100件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会