電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
QIT
(第二種研究会)
2019-11-18
11:00
東京 学習院大学 [招待講演]シミュレーテッド分岐アルゴリズム ~ 古典断熱過程に基づく組合せ最適化 ~
後藤隼人東芝
最近我々は、分岐現象を示す古典ハミルトン力学系の数値シミュレーションに基づく組合せ最適化アルゴリズムを提案した。我々はこ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-11-18
17:50
東京 学習院大学 2体ハミルトニアンを用いた断熱量子計算のための誤り抑制
鈴木遼太郎藤井啓祐阪大
断熱量子計算をノイズから守ることは、大規模化をする上で必要不可欠である。最近、2体ハミルトニアンを用いると1次元イジング... [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-11-19
11:50
東京 学習院大学 Orthogonal Vectors, 3-SUM および All-Pairs Shortest Paths に基づく精微な量子超越性
早川 龍森前智行京大)・玉置 卓兵庫県立大
精微な量子超越性とは、指数時間あるいは準指数時間かけても古典シミュレートできない量子回路が存在することを示す研究である。... [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-11-19
15:30
東京 学習院大学 量子計算を古典委託するための合理的なサムチェックプロトコル
竹内勇貴NTT)・森前智行京大)・谷 誠一郎NTT
計算能力が低いクライアントが遠隔地の量子サーバに量子計算を委託するプロトコルは委託量子計算と呼ばれる。委託量子計算では、... [more]
HWS, ICD
(共催) [詳細]
2019-11-01
14:15
大阪 DNPなんばSSビル 剰余数系を用いた同種写像暗号ハードウェアアーキテクチャの設計に関する検討
船越秀隼上野 嶺本間尚文東北大HWS2019-60 ICD2019-21
本稿では同種写像暗号の高効率ハードウェアアーキテクチャの設計を示す.提案アーキテクチャでは,同種写像暗号の計算の大部分を... [more] HWS2019-60 ICD2019-21
pp.19-24
COMP 2019-10-25
16:35
北海道 北海道大学 札幌キャンパス Orthogonal Vectors, 3-SUM および All-Pairs Shortest Paths に基づく精微な量子超越性
早川 龍森前智行京大)・玉置 卓兵庫県立大COMP2019-28
Fine-grained 量子スプレマシーとは,サンプリング問題を考えた時に指数時間あるいは準指数時間かけても古典シミュ... [more] COMP2019-28
pp.71-78
COMP 2019-09-02
14:50
岡山 岡山大学 津島キャンパス 精微な量子計算超越性
森前智行京大)・○玉置 卓兵庫県立大COMP2019-14
量子回路によって生成される確率分布を古典計算で効率よく近似的にサンプリングできれば、多項式時間階層が潰れることが知られて... [more] COMP2019-14
p.25
QIT
(第二種研究会)
2019-05-21
12:00
福岡 九州大学 筑紫キャンパス 量子多証明者ゼロ知識系の解析
木下裕介名大
ゼロ知識条件下の量子多証明者対話型証明系の解析を行い、 Honest ゼロ知識条件と一般ゼロ知識条件が同値であること、あ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-05-21
15:10
福岡 九州大学 筑紫キャンパス Serfling不等式を用いた効率的な量子計算の検証
竹内勇貴NTT)・マントリ アトゥールエジンバラ大)・森前智行京大)・水谷明博三菱電機)・フィッツサイモンズ ジョセフホライズン量子計算
正しい量子状態が生成出来ているかを効率良く検証することは、量子計算などの量子情報処理において重要である。今回、我々はSe... [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-05-21
15:50
福岡 九州大学 筑紫キャンパス 出力乱数の性質からみた量子コンピュータの現状
田村賢太郎鹿野 豊慶大
量子乱数生成器は原理上予測不可能な乱数を生成することができる. 通常は量子光学で実装されるが, 適当なプログラムを与えれ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2019-05-21
16:10
福岡 九州大学 筑紫キャンパス グラフ彩色問題の指数時間量子アルゴリズム
清水一矢森 立平東工大
本研究では代表的な NP 完全問題の一つであるグラフ k-彩色問題について,指数時間量子アルゴリズムを導出した.現在最速... [more]
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2019-05-11
11:30
熊本 熊本大学 量子計算に対する合理的証明
森前智行京大)・○西村治道名大COMP2019-5
It is an open problem whether a classical client can delegat... [more] COMP2019-5
pp.67-74
IT 2018-12-18
15:50
福島 スパリゾートハワイアンズ [招待講演]安全な代理量子計算
小柴健史早大IT2018-33
本稿では,安全な代理量子計算について紹介をする。
観測ベース量子計算の基本事項を解説し,まず,代理量子計算を行う方法
... [more]
IT2018-33
pp.13-18
QIT
(第二種研究会)
2018-11-27
16:10
東京 東京大学 パウリX, Z測定によるハイパーグラフ状態の量子計算万能性
竹内勇貴NTT)・森前智行京大/JST)・林 正人名大/SUSTech/NUS
パウリX, Z測定だけでユニバーサル測定型量子計算を行うことが出来るハイパーグラフ状態を提案する。さらに、我々の提案する... [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-11-26
13:30
東京 東京大学 [ポスター講演]現実的ノイズモデルにおける高しきい値連続量耐故障性量子計算
福井浩介京大)・富田章久北大)・藤井啓祐京大
連続量状態を用いた耐故障性量子計算を実現するために Gottesman-Kitaev-Preskill (GKP) qu... [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-11-26
13:30
東京 東京大学 [ポスター講演]超伝導量子ビット二次元集積量子系上での交差共鳴ゲート
部谷謙太郎三上聖人アマルサナー ダワースレン竹田悠大河アキル プラタップ シンクー河野信吾東大)・鈴木泰成NTT)・日塔光一楠山幸一理研)・玉手修平田渕 豊東大)・中村泰信東大/理研
大規模量子計算の実現には、量子謝り訂正の実装が不可欠である。しかし、現在最も有望視されている量子誤り訂正符号の一つである... [more]
HWS, ICD
(共催)
2018-10-29
15:20
大阪 神戸大 梅田インテリジェントラボラトリ 数論変換に基づくRing-LWE暗号ハードウェアの高効率実装に関する検討
遠藤 空上野 嶺青木孝文本間尚文東北大HWS2018-52 ICD2018-44
本稿では,数論変換に基づくRing-LWE暗号ハードウェアの高効率実装について述べる.Ring-LWE暗号は,近年注目を... [more] HWS2018-52 ICD2018-44
pp.31-34
QIT
(第二種研究会)
2018-06-04
10:20
広島 広島国際会議場 小会議室ラン 古典模倣困難性を有するアンシラ駆動型可換量子回路
竹内勇貴高橋康博NTT
可換量子回路(IQP 回路) は非万能量子コンピュータの1 種である。IQP 回路の出力確率分布を古典模倣するのは困難だ... [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-06-05
14:40
広島 広島国際会議場 小会議室ラン 量子ビットを用いたブラックホールの蒸発における情報問題の研究
徳住友稜南部保貞松村 央名大
曲がった時空上の量子場を調べると、Black hole(BH)は自発的にentanglementをもつ一対の粒子を生成し... [more]
QIT
(第二種研究会)
2017-11-16
16:40
埼玉 埼玉大学 高接続性ハイパーグラフ状態の検証とその量子計算への応用
竹内勇貴阪大)・森前智行群馬大/JST
量子状態の検証とは、与えられた量子状態と望みの量子状態とのフィデリティが高いかどうかを判断するタスクである。検証者が望み... [more]
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会