お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 61件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ASN 2017-11-17
12:50
山形 鶴岡市先端研究産業支援センター [招待講演]地域創生を目指した情報通信技術の農業への導入
山崎達也新潟大ASN2017-78
東京一極集中は日本が抱える社会的課題の一つであり,地域の活性化はその是正に必要な施策である.地方の特徴を生かす産業として... [more] ASN2017-78
pp.161-165
ICM, CQ, NS, NV
(併催)
2017-11-17
09:40
香川 高松センタービル ビデオストリーミングサービス視聴時の生理指標とユーザ体感品質の関係性の検討
山本椋平飯島淳彦山崎達也新潟大CQ2017-78
従来,通信サービスを評価する指標として,サービス提供者が客観的に評価する品質指標であるサービス品質(QoS: Quali... [more] CQ2017-78
pp.45-50
ICTSSL, IN
(併催)
2017-10-11
11:20
静岡 静岡県 地震防災センター「ないふるホール」 津波避難シミュレーションを用いた追従性心理の検証
玉井拓之山﨑達也新潟大)・大和田泰伯佐藤剛至NICTICTSSL2017-34
地域ごとの防災対策を検討する上では,避難訓練などを通じて実際の災害時の行動を模擬することが有効である一方,都市部における... [more] ICTSSL2017-34
pp.29-34
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
MoNA, ASN
(併催)
(連催) [詳細]
2017-03-09
16:50
東京 東大 本郷キャンパス 実世界デバイス協調サービスのためのメディア同期方式の性能評価
福井暉斗新潟大)・高橋秀幸東北大)・山﨑達也新潟大MoNA2016-41
 [more] MoNA2016-41
pp.185-188
ICTSSL 2017-03-02
13:30
新潟 新潟大学 オープンデータを用いた交通事故発生地点の分析
山崎達也設樂勇気前原謙一新潟大ICTSSL2016-69
近年,交通死亡事故件数は減少傾向にあるが,それでも一日当たり平均で10件以上発生している.交通事故の撲滅のためには,自動... [more] ICTSSL2016-69
pp.1-4
ICTSSL 2017-03-03
10:20
新潟 新潟大学 地域防災対策のためのエージェント属性を導入した都市避難シミュレーションの構築
玉井拓之山﨑達也新潟大)・大和田泰伯服部聖彦NICTICTSSL2016-78
地域防災対策を促進するツールとして,避難シミュレーションが注目されている.避難シミュレーションでは避難者を自律的なエージ... [more] ICTSSL2016-78
pp.43-48
ASN
(第二種研究会)
2016-12-06
11:55
海外 ソカ シュムリアップ ホテル [特別講演]Sensing Technologies for Regiona Agriculture from Japan to Southeast Asia
山崎達也新潟大
(事前公開アブストラクト) 日本の地方活性化のための農業へのセンシング技術の導入の試みを紹介し,東南アジアへの将来的な貢... [more]
HCS 2016-09-14
13:30
石川 しいのき迎賓館 [ポスター講演]没入度と環境危険度を考慮した歩きスマホ注意喚起システムの開発と利用促進要因の考察
江口眞人NTTコミュニケーションズ)・三好 匠新津善弘芝浦工大)・山﨑達也新潟大HCS2016-56
現在,スマートフォンの「歩きながら行動」(以下,歩きスマホ)が社会的な問題となっている.画面に熱中するあまり,駅構内等の... [more] HCS2016-56
pp.17-22
ICTSSL 2016-06-14
16:35
宮城 東北大学 エージェント属性を取り入れた都市避難シミュレーション
山崎達也新潟大)・大和田泰伯浜口 清NICTICTSSL2016-16
災害への対策には避難訓練が一つの方法として有効であるが,都市の市街地における大規模な避難訓練を定期的に行うことは非常に困... [more] ICTSSL2016-16
pp.91-95
CAS 2016-01-29
14:30
東京 機械振興会館 二次元コードを用いたUAV飛行制御システム開発の試み
田邊早紀前田義信榎本洸一郎中野敬介山﨑達也新潟大CAS2015-79
 [more] CAS2015-79
pp.101-102
CQ, ICM, NS
(併催)
2015-11-27
14:45
新潟 新潟大学 モバイル環境におけるエリア別QoE分析手法の研究
設楽勇気山﨑達也新潟大)・矢守恭子朝日大)・三好 匠芝浦工大CQ2015-90
近年,スマートフォンやタブレット端末といったモバイル端末の普及に伴い,これらの端末向けの通信サービスが多く提供されている... [more] CQ2015-90
pp.81-86
CQ, ICM, NS
(併催)
2015-11-27
15:10
新潟 新潟大学 イベントを利用した映像品質要因に対するユーザ特性分析
山本椋平大野稜平佐藤卓哉野村龍生宮川和也山崎達也新潟大CQ2015-91
インターネットにおける映像コンテンツの利用は年々増加傾向にあり,適切なネットワーク等のシステムリソース管理の観点から映像... [more] CQ2015-91
pp.87-90
CQ 2015-07-06
13:00
奈良 奈良先端技術大学 [ポスター講演]QoE可視化を目的とした携帯形端末の使用状況モニタリング手法の開発
設楽勇気山崎達也新潟大)・矢守恭子朝日大)・三好 匠芝浦工大CQ2015-25
近年の通信サービスでは,スマートフォンやタブレット端末といった,バッテリー内蔵でユーザが持ち運び可能な携帯形端末を用いた... [more] CQ2015-25
pp.29-32
CQ 2015-07-06
15:40
奈良 奈良先端技術大学 [フェロー記念講演]コミュニケーション品質で大切なことは人のココロを読むこと
山崎達也新潟大CQ2015-31
情報通信技術(ICT: Information and Communications Technology)の発達により... [more] CQ2015-31
pp.61-62
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2015-03-03
11:35
東京 成蹊大学 6号館6階 ユーザの生活パターン把握のためのアプリ使用状況モニタリングの研究
設楽勇気山﨑達也新潟大CQ2014-117
近年,スマートフォンやタブレット端末といった,バッテリーを内蔵し持ち運び可能な携帯形端末が普及している.これらの携帯形端... [more] CQ2014-117
pp.31-36
CAS 2015-01-29
13:50
東京 首都大学東京(秋葉原サテライトキャンパス) Kinectを用いた顔認識によるUAV操作インタフェース開発の試み
小野寺 駿谷 賢太朗前田義信中野敬介山﨑達也新潟大CAS2014-106
 [more] CAS2014-106
pp.7-10
MoNA, CQ
(併催)
2014-09-12
16:15
宮城 石巻市河北総合センタービッグバン(石巻市) 近距離無線通信を用いた心的状況を共有する新たなネットワークサービスの提案
桑原崚介新潟大)・笹井一人高橋秀幸東北大)・山崎達也新潟大CQ2014-68
 [more] CQ2014-68
pp.165-170
CS, CQ
(併催)
2014-04-24
12:45
広島 広島市立大学 [特別講演]国際会議CTRQ2014参加報告
山崎達也新潟大CS2014-4 CQ2014-3
The Seventh International Conference on Communication Theory... [more] CS2014-4 CQ2014-3
pp.17-20(CS), pp.13-16(CQ)
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2013-11-14
14:35
長崎 福江文化会館(五島列島) 新たな農業の展開と品質向上に関する一考察
山崎達也新潟大CQ2013-55
情報通信技術(ICT: Information and Communication Technology)は基盤技術とし... [more] CQ2013-55
pp.25-27
CQ 2013-01-25
16:50
東京 機械振興会館 [パネル討論]豊かな生活を実現する五感通信サービスを目指して
山崎達也NICTCQ2012-82
 [more] CQ2012-82
pp.47-48
 61件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会