お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 59件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PN, OCS, NS
(併催)
2011-06-24
10:05
和歌山 和歌山大学 [奨励講演]光IP連携サーバを利用した光IP統合網と仮想網の制御方式について
磯貝彰則増田暁生鎌村星平宮村 崇塩本公平NTTNS2011-46
本稿では、バックボーンネットワークにおいて複数の仮想網を迅速に構築する光IP統合網について、制御の基盤となる光IP連携サ... [more] NS2011-46
pp.15-20
PN, OCS, NS
(併催)
2011-06-24
10:30
和歌山 和歌山大学 [奨励講演]耐障害性を考慮したリンク帯域設計の実用性検討 ~ 大規模へ向けた計算時間の高速化と誤差を含む入力値への適用化 ~
杉山隆太宮村 崇植松芳彦塩本公平NTTNS2011-47
(事前公開アブストラクト) 本発表では,IP網における耐障害性を考慮したリンク帯域設計について,その実用性に関する検討と... [more] NS2011-47
pp.21-26
NS 2011-05-20
11:00
東京 上智大学 管理型自己組織化ネットワークのための管理システムの提案
鎌村星平NTT)・小泉佑揮阪大)・宮村 崇NTT)・荒川伸一阪大)・塩本公平NTT)・村田正幸阪大NS2011-40
(事前公開アブストラクト) 将来のサービスの多様化に伴うネットワークの突発的かつ不規則な変化に柔軟に対応する技術として、... [more] NS2011-40
pp.133-136
ICM, IPSJ-IOT, IPSJ-CSEC
(連催)
2011-05-13
09:50
福岡 九州大学(変更になりました) 管理型自己組織化のための動的リソース制御技術の検討
宮村 崇NTT)・大下裕一阪大)・鎌村星平NTT)・荒川伸一阪大)・塩本公平NTT)・村田正幸阪大ICM2011-7
 [more] ICM2011-7
pp.59-64
PN 2011-02-28
11:30
鹿児島 KKR鹿児島敬天閣 大規模ネットワークのための階層型トラヒックエンジニアリング
大下裕一阪大)・宮村 崇NTT)・荒川伸一阪大)・塩本公平NTT)・村田正幸阪大PN2010-59
時間変動が大きなトラヒックを効率的に収容するには、各時刻のトラヒックに合わせて経路を動的に変更するトラヒックエンジニアリ... [more] PN2010-59
pp.25-28
PN 2011-03-01
16:40
鹿児島 KKR鹿児島敬天閣 On the Benefits of Virtual Network Topology Control based on Attractor Selection Model in Changing Environments
Yuki MinamiYuki KoizumiShin'ichi ArakawaOsaka Univ.)・Takashi MiyamuraKohei ShiomotoNTT)・Masayuki MurataOsaka Univ.PN2010-81
Virtual Network Topology (VNT) is one efficient way to trans... [more] PN2010-81
pp.121-124
ICM, LOIS
(共催)
2011-01-20
18:05
長崎 長崎歴史文化博物館 [特別講演]IEEE/IFIP International Conference on Network and Service Management (CNSM2010) 報告
宮村 崇鎌村星平塩本公平NTTICM2010-44 LOIS2010-55
 [more] ICM2010-44 LOIS2010-55
pp.63-68
PN 2010-09-02
10:55
北海道 洞爺観光ホテル アトラクター重畳を用いた複数仮想網の制御手法
小泉佑揮阪大)・宮村 崇NTT)・荒川伸一阪大)・塩本公平NTT)・村田正幸阪大PN2010-13
本稿では、単一の物理ネットワーク上に複数の仮想網を柔軟に収容するための仮想網制御手法を提案する。わずかな情報交換のみで複... [more] PN2010-13
pp.7-12
RCS, NS
(併催)
2010-07-15
15:50
北海道 網走市民会館 [奨励講演]IP Fast Reroute制御アーキテクチャの一検討
鎌村星平宮村 崇植松芳彦塩本公平NTTNS2010-40
制御プレーンとデータプレーンを物理的に分離した集中制御プレーンを用いたIP網高速故障復旧(IP-FRR)アーキテクチャに... [more] NS2010-40
pp.13-16
OCS, NS, PN
(併催)
2010-06-24
14:50
秋田 秋田大学 動的パス制御による1+1パスプロテクション常時化方式の提案
鎌村星平武田知典宮村 崇植松芳彦塩本公平NTTNS2010-28
基幹網の高信頼化を実現するためには1+1パスプロテクションの常時化が必要である.1+1パスプロテクションでは,リンクもし... [more] NS2010-28
pp.1-6
NS 2010-04-16
09:50
鹿児島 鹿児島大学 [奨励講演]マルチレイヤ網仮想化のための資源管理アーキテクチャ
宮村 崇増田暁生塩本公平NTTNS2010-11
ネットワーク仮想化は、通信網において仮想化技術を用いることで、新しいネットワークサービスを迅速に展開したり、通信網インフ... [more] NS2010-11
pp.53-58
PN 2010-03-09
16:45
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) アトラクタ選択による動的トポロジ制御サーバの実装と評価
大下裕一南 勇貴阪大)・宮村 崇NTT)・荒川伸一阪大)・塩本公平NTT)・村田正幸阪大PN2009-105
近年、Peer-to-Peer やVideo-on-Demand 等の様々なアプリケーションが普及し、また、特定人気サイ... [more] PN2009-105
pp.107-112
NS 2010-01-29
14:40
福岡 福岡システムLSI総合開発センター 資源利用効率を考慮したIP網高速故障復旧技術の検討
高橋良太行松健一秋田大)・鎌村星平宮村 崇塩本公平NTTNS2009-146
IP網での高速故障復旧を実現する方式としてIP-FRR(IP Fast Reroute)技術が提案されており,その1つに... [more] NS2009-146
pp.25-28
PN 2009-11-27
10:30
東京 日本女子大学 スケーラブルネットワークエミュレータアーキテクチャ
大木英司キットスワン ナッタポン角田俊一電通大)・宮村 崇増田暁生塩本公平NTTPN2009-31
本論文は、IPオプティカルネットワーク管理をサポートするスケーラブルネットワークエミュレータのアーキテクチャを提案する。... [more] PN2009-31
pp.13-17
PN, IN
(併催)
2009-10-09
12:25
埼玉 KDDI研究所 アトラクター選択に基づく仮想網制御手法の環境変化に対する適応性の評価
小泉佑揮阪大)・宮村 崇NTT)・荒川伸一阪大)・塩本公平NTT)・村田正幸阪大PN2009-28
ネットワーク上に生じる環境の変化は非常に大きくなっており、ネットワーク性能の最適化のみではなく、環境の変化に対して適応性... [more] PN2009-28
pp.47-52
NS, RCS
(併催)
2009-07-17
10:10
北海道 北海道大学 IP Fast Rerouteのためのスケーラブルコンフィグレーション生成アルゴリズムの提案
鎌村星平宮村 崇ペルサー クリステル井上一郎塩本公平NTTNS2009-54
IP網において数十ミリ秒以内の高速故障復旧を実現するIP Fast Reroute (IP-FRR)が提案されている.I... [more] NS2009-54
pp.67-72
PN 2009-03-10
13:40
沖縄 久部良(くぶら)多目的集会施設(与那国島) ネットワーク仮想化による複数サービスの資源最適化のための動的トポロジ最適化制御サーバの設計
大下裕一小泉佑揮阪大)・宮村 崇NTT)・荒川伸一阪大)・増田暁生塩本公平NTT)・村田正幸阪大PN2008-100
近年、Peer-to-Peer やVideo-on-Demand 等のアプリケーションの普及により、トラヒックの時間変化... [more] PN2008-100
pp.93-98
IN, NS
(併催)
2009-03-04
10:30
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル MRC網におけるOSPF最適リンクコスト設定法適用の検討と評価
福田亜紀橋本 仁行松健一秋田大)・鎌村星平宮村 崇塩本公平NTTNS2008-190
IP網での高速故障復旧を実現するIP-FRR(IP Fast Reroute)技術が提案されており,その1つにMRC(M... [more] NS2008-190
pp.269-272
IN, NS
(併催)
2009-03-04
10:50
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル IP網における高速故障復旧技術(IP-FRR)の特性評価
鎌村星平宮村 崇井上一郎塩本公平NTT)・福田亜紀橋本 仁行松健一秋田大NS2008-191
IP網において,事前に迂回経路を計算しておくことで高速故障復旧を実現するIP-FRR(IP Fast Reroute)技... [more] NS2008-191
pp.273-276
PN, OPE, EMT, LQE
(共催)
2009-01-30
09:15
京都 京都工芸繊維大学(松ヶ崎キャンパス) トラヒックマトリクスの取りうる範囲を考慮したマルチレイヤトラヒックエンジニアリング
大下裕一阪大)・宮村 崇NTT)・荒川伸一阪大)・塩本公平NTT)・村田正幸阪大PN2008-60 OPE2008-163 LQE2008-160
動的に論理トポロジ・経路の設計を行うことにより、大容量のトラヒックを効率的に転送するマルチレイヤトラヒックエンジニアリン... [more] PN2008-60 OPE2008-163 LQE2008-160
pp.101-106
 59件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会