お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 32件中 21~32件目 [前ページ]  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS 2009-10-16
10:00
長野 信州大学 振る舞い仕様の実行時モニタリング
中島 震NII)・今井克則グラッツ)・玉井哲雄東大SS2009-32
 [more] SS2009-32
pp.19-24
SS 2009-10-16
10:30
長野 信州大学 UMLとSimulinkのモデル変換手法の検討
吉田 聡上田賀一茨城大)・中島 震NIISS2009-33
組込みシステム開発において広く利用されているSimulinkは,コード生成やシミュレーションが可能でモデルの妥当性確認に... [more] SS2009-33
pp.25-30
SS 2009-08-06
15:15
北海道 北見工業大学 Rodin Plugin to Link Event-B with SPIN
Thomas MullerShin NakajimaNIISS2009-19
 [more] SS2009-19
pp.43-48
SS 2008-07-31
14:00
北海道 公立はこだて未来大学 AOPによるWebアプリケーションの要求監視
外村慶二鵜林尚靖九工大)・中島 震NIISS2008-14
Webアプリケーションは,インターネットを利用したオープンなシステムである為,システム開発時に全ての不具合を予測し対策を... [more] SS2008-14
pp.7-12
KBSE 2007-09-11
13:00
海外 クアラルンプール FODAフィーチャー・ダイアグラムの形式化と検査の自動化
中島 震NII)・鵜林尚靖九工大KBSE2007-24
 [more] KBSE2007-24
pp.55-60
SS 2007-08-03
10:45
北海道 北海道大学 リアルタイム・コンポーネント向けの程良い形式手法
中島 震NIISS2007-27
リアルタイム性を考慮した分散コンポーネントについて、時間特性と論理的な振舞いの関係を設計段階で調べておく必要がある。リア... [more] SS2007-27
pp.65-70
KBSE 2006-11-25
13:20
沖縄 琉球大学工学部 制約概念を用いるソフトウェアデザイン
中島 震NII
 [more] KBSE2006-42
pp.15-20
SS 2006-08-03
13:00
北海道 北海道大学工学部M棟 制約オートマトンを用いたソフトウェアデザインの記述法
中島 震NII
 [more] SS2006-25
pp.1-6
SS 2006-06-22
15:15
岡山 岡山大学創立五十周年記念館 制約オートマトンに関するモデル検査法の実験
中島 震NII/JST
 [more] SS2006-16
pp.19-24
SS 2006-02-02
14:00
福岡 福岡知的クラスター研究所 リファクタリングの正しさのESC/Java2による形式検証
中島 震NII)・福島慶明橋本祐介岩崎新一NEC
 [more] SS2005-77
pp.7-12
SS 2005-08-04
13:30
北海道 小樽商科大学 407教室 プライオリティ概念のあるステートダイアグラムのモデル検査
中島 震NII
 [more] SS2005-25
pp.7-12
SS 2005-03-14
14:30
石川 北陸先端大 情報棟5Fコラボ7 状態遷移システムを用いたデザインのモデル検査
中島 震NII
組み込みソフトウェアのデザイン表現として状態遷移システムを用いることが多い。UMLではステートダイアグラムが相当する。し... [more] SS2004-59
pp.19-24
 32件中 21~32件目 [前ページ]  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会