お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MRIS, IEE-MAG
(連催)
2020-03-06
11:00
愛知 名古屋大学 フェージングを考慮した再生系の性能評価
諫山茉奈路 サン・○鎌部 浩岐阜大MRIS2019-46
 [more] MRIS2019-46
pp.1-5
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-23
13:55
広島 広島市青少年センター User Identification Through Signature Codes over a Fading Channel
Muhammad Hamad Gulhiroshi kamabeshan luGifu Univ.IT2019-50 SIP2019-63 RCS2019-280
 [more] IT2019-50 SIP2019-63 RCS2019-280
pp.87-91
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-24
10:20
広島 広島市青少年センター シフト演算を利用した噴水符号のシフト量最適化による性能改善
成瀬雄也鎌部 浩路 サン岐阜大IT2019-67 SIP2019-80 RCS2019-297
 [more] IT2019-67 SIP2019-80 RCS2019-297
pp.179-184
IT 2019-09-06
10:10
大分 日本文理大学 湯布院研修所 QC-LDPC符号を用いたJoint Source and Channel符号化法の性能評価
桑村誓弥路 サン鎌部 浩岐阜大IT2019-27
 [more] IT2019-27
pp.7-11
IT 2019-09-06
10:35
大分 日本文理大学 湯布院研修所 The Recovery of (0,1)-Vector Based on Deep Neural Network
Lantian WeiShan LuHiroshi KamabeGifu Univ.IT2019-28
 [more] IT2019-28
pp.13-17
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2018-12-06
13:30
愛媛 愛媛大学 マスキングによる2次元LDPC符号の性能
鎌部 浩路 サン岐阜大MRIS2018-20
Matchaらはある構成方法を用いて,二次元LDPC符号を提案している.
彼らは,
その符号が訂正可能なバースト... [more]
MRIS2018-20
pp.1-5
IT 2018-09-05
09:45
岩手 清温荘 一般化Cayley距離の上界
山脇 章鎌部 浩路 サン岐阜大IT2018-28
置換符号において想定される距離の1つである一般化Cayley距離は,ある置換を別の置換へ変換するのに必要な一般化tran... [more] IT2018-28
pp.7-12
ITS, WBS, RCC
(共催)
2017-12-15
15:20
沖縄 てぃるる/沖縄県市町村自治会館 Iterative Collision Cancellation for Slotted ALOHA with Link Fading
Guanghui SongDoshisha Univ.)・Shan LuGifu Univ.)・Jun ChengDoshisha Univ.WBS2017-80 ITS2017-57 RCC2017-96
 [more] WBS2017-80 ITS2017-57 RCC2017-96
pp.257-261
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2017-12-07
13:00
愛媛 愛媛大学 Immink符号化法の拡張について
鎌部 浩路 サン岐阜大MR2017-26
 [more] MR2017-26
pp.1-6
EMM, IT
(共催)
2017-05-23
14:00
山形 山形大学(米沢キャンパス) ハミング符号を用いたコセット符号化によるParallel RIO符号の構成
山脇 章鎌部 浩路 サン岐阜大IT2017-13 EMM2017-13
Random I/O(RIO)符号は,複数のレベルをもつフラッシュメモリにおいて1つの論理ページを1回のしきい値判定によ... [more] IT2017-13 EMM2017-13
pp.73-78
RCS, SR, SRW
(併催)
2017-03-03
14:25
東京 東京工業大学 Achieving Multiple-Vehicle Message Exchange by Spatially Coupled Coding
Wei HouDoshisha Univ.)・Shan LuGifu Univ.)・Jun ChengDoshisha Univ.RCS2016-330
 [more] RCS2016-330
pp.229-233
IT 2016-07-28
14:30
福岡 福岡大学セミナーハウス Input-Output Weight Distribution of Terminated recursive systematical convolutional codes
Shan LuGifu Univ.)・Wei HouJun ChengDoshisha Univ.IT2016-25
 [more] IT2016-25
pp.25-29
IT 2012-09-28
10:40
群馬 草津セミナーハウス Signature Code for Multiple-Access Adder Channel
Shan LuJun ChengYoichiro WatanabeDoshisha Univ.IT2012-39
We survey error-correcting signature codes for multiple-acce... [more] IT2012-39
pp.47-52
IT 2012-07-20
17:05
愛知 豊田工業大学 Decoding Scheme for Non-Binary Signature Code
Shan LuJun ChengYoichiro WatanabeDoshisha Univ.IT2012-30
 [more] IT2012-30
pp.125-129
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会