お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-27
11:45
ONLINE オンライン開催 システムの性質を検証可能な認証システム用フレームワークの提案
堀井基史清水智弘富士通研)・今井悟史富士通CQ2020-58
様々な手続きのデジタル化に伴い,様々な認証に関するインシデントが多発している.インシデントの発生を防止する技術として,多... [more] CQ2020-58
pp.62-65
NS, IN
(併催)
2020-03-06
15:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
分散型ID基盤における本人確認手続きの最適スケジューリング手法
井上昴輝鈴木 大栗田敏彦今井悟史富士通研IN2019-141
近年,ユーザが自身のアイデンティティ情報を複数の事業者に跨って管理する仕組みが注目されている.我々が開発している分散型I... [more] IN2019-141
pp.375-380
NS 2019-04-19
14:15
鹿児島 天文館ビジョンホール ユーザプライバシを考慮したアイデンティティ流通システムの検討
堀井基史鈴木 大高 健二川崎 健今井悟史富士通研NS2019-18
サービス利用者は,サイバー空間においてサービスを利用するために,自身の名前や住所といったデータをサービスに公開し身元を確... [more] NS2019-18
pp.103-106
IN, NS
(併催)
2019-03-05
11:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター ブロックチェーンを応用したデータ流通ネットワーク技術における相互接続性の拡張
栗田敏彦鈴木 大山口雅人今井悟史富士通研NS2018-253
様々な組織や個人が保有するデータを,企業や業種を超えて相互に活用し,新たなサービスを創出するデジタルトランスフォーメーシ... [more] NS2018-253
pp.355-360
NS 2019-01-18
13:05
長崎 長崎県美術館 サプライチェーンネットワークにおけるトレーサビリティ提供の一検討
川崎 健堀井基史栗田敏彦今井悟史富士通研NS2018-185
今日の複雑化したサプライチェーンのネットワークにおいて、トレーサビリティの確保は、サプライチェーンに関わるプレイヤーにと... [more] NS2018-185
pp.41-46
NS, IN
(併催)
2018-03-02
14:40
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート マーケットモデルにもとづくAPIエコノミーの社会的厚生の分析
荒川伸一阪大)・今井悟史片桐 徹関屋元義富士通研)・村田正幸阪大IN2017-137
情報サービスをAPI化し、APIを相互接続によりサービス価値を創造するAPI Economyが注目されている。本稿では、... [more] IN2017-137
pp.285-290
NS, IN
(併催)
2017-03-03
10:40
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル エッジコンピューティングにおけるモデル予測制御を用いた負荷分散方法
今井悟史片桐 徹富士通研NS2016-200
ユーザやデバイス近くのエッジサーバでサービス処理を実行することで,通信トラフィックの削減や通信サービスの遅延短縮を可能に... [more] NS2016-200
pp.247-252
NS, IN
(併催)
2017-03-03
11:20
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル ポテンシャル場を用いた実世界表現に基づいた動的リソース制御方式の提案
神田幸大荒川伸一阪大)・今井悟史片桐 徹関屋元義富士通研)・村田正幸阪大IN2016-136
センサーデバイスの小型化や低価格化とモバイルデバイスの普及にともない、現実世界の状況をセンシングして分析処理し新たなサー... [more] IN2016-136
pp.233-238
NS, IN
(併催)
2016-03-03
09:30
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 仮想ネットワーク機能の動的配置に基づくリソースコスト管理
今井悟史富士通研)・日下部雄三富士通九州ネットワークテクノロジーズ)・鈴木 大片桐 徹富士通研NS2015-169
 [more] NS2015-169
pp.7-12
NS, IN
(併催)
2016-03-04
11:40
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 仮想ファイアウォールの潜在ワークロード推定
鈴木 大今井悟史片桐 徹富士通研NS2015-227
近年,ファイアウォールなどのネットワーク機能をソフト化し,汎用サーバ上で動作させるNFV(Network Functio... [more] NS2015-227
pp.341-346
NS, IN
(併催)
2016-03-04
15:05
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 遅延プロファイルを用いたゆらぎ原理にもとづくSDI仮想化基盤制御手法の提案と評価
井上昴輝荒川伸一阪大)・今井悟史片桐 徹関屋元義富士通研)・村田正幸阪大IN2015-148
SDI (Software Defined Infrastructure) 環境において通信需要とサービス需要の変動に対... [more] IN2015-148
pp.235-240
NS, IN
(併催)
2015-03-03
09:40
沖縄 沖縄コンベンションセンタ 時間予約型フロー収容サービスにおける負荷分散スケジューリング
今井悟史富士通研)・日下部雄三富士通九州ネットワークテクノロジーズ)・片桐 徹富士通研NS2014-213
 [more] NS2014-213
pp.209-214
NS, IN
(併催)
2013-03-07
11:50
沖縄 残波岬ロイヤルホテル 数理計画法を用いたネットワーク設計方法 ~ 問題規模削減に向けた一検討 ~
石橋賢太郎富士通九州ネットワークテクノロジーズ)・今井悟史富士通研)・日下部雄三富士通九州ネットワークテクノロジーズ)・山田亜紀子宗宮利夫富士通研NS2012-199
複雑化するネットワーク構築に向け,数理計画問題に帰着したネットワーク設計技術が注目されている.
しかし,ネットワーク設... [more]
NS2012-199
pp.197-202
NS, IN
(併催)
2013-03-08
15:30
沖縄 残波岬ロイヤルホテル IP over WDMネットワークにおける省電力な論理トポロジ設計に向けた一検討
今井悟史山田亜紀子宗宮利夫富士通NS2012-272
 [more] NS2012-272
pp.623-628
CQ, ICM, NS
(併催)
2012-11-16
09:00
滋賀 長浜バイオ大学 省電力経路選択アルゴリズムのSDNへの適用に関する一検討
山田亜紀子清水 翔今井悟史宗宮利夫富士通CQ2012-65
近年,OpenFlow[1]への関心が高まるとともにSDN(Software Defined Network)への取り組... [more] CQ2012-65
pp.41-46
PN 2012-03-12
15:20
長崎 五島市IT振興センター [奨励講演]補助グラフを用いた省電力光パス経路選択アルゴリズムの検討
清水 翔今井悟史山田亜紀子富士通PN2011-90
トラフィックの増加に伴うネットワークの消費電力が拡大から、消費電力削減が重要な研究課題となっている。光ネットワークにおい... [more] PN2011-90
pp.49-54
NS, IN
(併催)
2012-03-08
10:30
宮崎 宮崎シーガイア コンテンツセントリックネットワークにおけるキャッシュ配置管理に基づく低消費電力化
今井悟史富士通研)・ライプニッツ賢治NICT)・村田正幸阪大IN2011-140
通信トラフィック量の増加に伴い,ネットワーク機器の消費電力量は大きくなりつつある.したがって,ト
ラフィックを削減する... [more]
IN2011-140
pp.19-24
NS, IN
(併催)
2012-03-08
11:40
宮崎 宮崎シーガイア 数理計画法に基づく省電力ネットワーク設計方法 ~ 大域的最適化問題のモデル化とデマンド分割問題 ~
今井悟史清水 翔宗宮利夫富士通NS2011-185
トラフィックの増大に伴い,ネットワーク機器で消費される電力量が大きくなりつつある.一方,現在のネットワークでは,トラフィ... [more] NS2011-185
pp.35-40
NS, IN
(併催)
2012-03-09
15:40
宮崎 宮崎シーガイア 光ネットワークにおける補助グラフに基づく省電力ルーティングの実験的評価
清水 翔今井悟史宗宮利夫富士通NS2011-262
トラフィックの増加に伴うネットワークの消費電力の拡大のため,ネットワークの消費電力削減は重要な研究課題である.光ネットワ... [more] NS2011-262
pp.469-474
NLP 2012-01-24
10:10
福島 會津稽古堂 状態と時間に依存して発火するカオス的スパイク発振器の解析
四辻和希今井聡志法政大)・三堀邦彦拓殖大)・斎藤利通法政大NLP2011-136
本論文では時間と状態に依存して発火するカオス的スパイク発振器について考察する。
状態に依存するスイッチのみを用いた場合... [more]
NLP2011-136
pp.69-73
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会