電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT, EMM
(共催)
2018-05-18
13:20
東京 東京工業大学(大岡山キャンパス) [招待講演]非対称通信路の通信路容量を達成する符号化法に関する最近の進展
本多淳也東大IT2018-9 EMM2018-9
 [more] IT2018-9 EMM2018-9
pp.45-51
IBISML 2017-11-10
13:00
東京 東京大学 バンディット環境下における優良腕識別
鹿野英明本多淳也東大/理研)・坂巻顕太郎東大)・松浦健太郎Johnson & Johnson)・中村篤祥北大)・杉山 将理研/東大IBISML2017-82
 [more] IBISML2017-82
pp.339-346
IBISML 2016-11-17
14:00
京都 京都大学 [ポスター講演]ガウス過程と動的計画法を用いたプロトン伝導体の伝導度推定
金森研太名工大)・豊浦和明京大)・中島伸一ベルリン工科大)・世古敦人京大)・烏山昌幸名工大)・桑原彰秀JFCC)・本多淳也東大)・設楽和希JFCC)・志賀元紀岐阜大)・竹内一郎名工大IBISML2016-73
燃料電池に利用される材料の重要な特性であるプロトン伝導度はプロトンが結晶構造内のポテンシャルエネルギー曲面(potent... [more] IBISML2016-73
pp.191-198
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(連催)
NC, IBISML
(併催) [詳細]
2015-06-23
16:10
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 比較バンディット問題における最適なアルゴリズム ~ ランキング手法比較や選好情報学習を目的として ~
小宮山純平本多淳也東大)・鹿島久嗣京大)・中川裕志東大IBISML2015-14
バンディット問題(multi-armed bandit problem)は、情報の活用と探索の間のトレードオフをモデル化... [more] IBISML2015-14
pp.87-94
IT 2015-01-30
16:10
千葉 千葉県 柏の葉 東京大学フューチャーセンター 格子条件下でのランダム符号化誤り確率の漸近展開について
本多淳也東大IT2014-61
通信路符号化におけるランダム符号の復号誤り率は符号長に対して指数関数的に減衰し,その指数部はランダム符号化誤り指数として... [more] IT2014-61
pp.41-46
IT 2014-07-17
09:45
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 整数計画法を用いた準瞬時FV符号の符号木構成
土橋将人山本博資本多淳也東大IT2014-11
ハフマン符号より良い圧縮率を達成できる準瞬時FV符号は,不完全内部節点を持つ複数の符号木を用いて構成する.不完全内部節点... [more] IT2014-11
pp.1-6
IT 2012-07-20
15:50
愛知 豊田工業大学 Homophonic Codeを用いた非対称通信路のFV符号化
本多淳也山本博資東大IT2012-27
 [more] IT2012-27
pp.109-114
IBISML 2012-06-20
11:00
京都 京都キャンパスプラザ 多腕バンディット問題における大偏差原理を用いた非漸近的解析について
本多淳也竹村彰通東大IBISML2012-10
多腕バンディット問題は強化学習における知識の探索と活用のジレンマを定式化したもので,複数台のスロットマシンを選んでプレイ... [more] IBISML2012-10
pp.65-72
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2011-09-05
11:00
北海道 はこだて未来大学 多腕バンディット問題における経験モーメントを用いた戦略
本多淳也竹村彰通東大PRMU2011-60 IBISML2011-19
 [more] PRMU2011-60 IBISML2011-19
pp.15-22
IT 2008-07-24
15:15
千葉 東京大学(柏キャンパス) LDPC符号と線形計画法を用いた情報源符号化
本多淳也東大)・三宅茂樹NTT)・山本博資東大)・丸山 充NTTIT2008-13
LDPC符号を用いた通信路符号化における復号において,Feldmanは従来主流であ
ったsum-productの代わり... [more]
IT2008-13
pp.27-32
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会