電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 34件中 21~34件目 [前ページ]  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-27
10:50
鹿児島 鹿児島県文化センター アナログ集積回路での近接共通重心配置に関する研究
室辰健一郎藤吉邦洋東京農工大VLD2013-63 DC2013-29
モノリシックICでは素子値の相対ばらつきは小さいが、指定された素子対の集合を共通の点に対して点対称に配置せよという共通重... [more] VLD2013-63 DC2013-29
pp.13-18
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2013-11-06
15:50
岩手 渡り温泉さつき 矩形分割の3n-4ビット表現の性質を利用した探索手法に関する研究
小貝和史藤吉邦洋東京農工大CAS2013-60 MSS2013-39
矩形の領域を水平/垂直線分により小矩形の領域(部屋)に分割する矩形分割は
LSIのフロアプランとしてしばしば用いられて... [more]
CAS2013-60 MSS2013-39
pp.55-60
SIP, CAS, MSS, VLD
(共催)
2013-07-12
16:00
熊本 熊本大学 Simulated Annealing法に基づいた自動マーキングシステムの一手法
原田昌之大島津佳藤吉邦洋東京農工大CAS2013-34 VLD2013-44 SIP2013-64 MSS2013-34
マーキングとは洋服の型紙を布地に配置することであり,その工程を自動化したものは自動マーキングシステムと呼ばれ,布地に型紙... [more] CAS2013-34 VLD2013-44 SIP2013-64 MSS2013-34
pp.189-193
SIP, CAS, CS
(共催)
2013-03-15
11:35
山形 慶應大学鶴岡キャンパス(山形) 分枝限定法を用いた,重ね合わされるプリント基板への素子配置手法
松浦哲也藤吉邦洋東京農工大CAS2012-124 SIP2012-155 CS2012-130
機器を小型化するためにプリント基板が重ねて配置されるが,このとき,重ねられるプリント基板の向かい合う面にも素子が置かれる... [more] CAS2012-124 SIP2012-155 CS2012-130
pp.163-168
CPSY, VLD, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2013-01-16
17:25
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 最小コストフローを用いた,指定長配線の改良手法
山根一夫藤吉邦洋東京農工大VLD2012-121 CPSY2012-70 RECONF2012-75
近年の回路動作の高速化に伴い,配線遅延の影響はますます大きくなっている.そこで,IC チップ,抵抗,コンデンサ等の回路素... [more] VLD2012-121 CPSY2012-70 RECONF2012-75
pp.81-86
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2012-11-28
09:00
福岡 九州大学百年講堂 アナログ集積回路での近接共通重心配置制約を考慮した配置手法の研究
藤吉邦洋上 慧太朗東京農工大VLD2012-88 DC2012-54
モノリシックICは、シリコンチップ上に一体構造として作り込まれた素子の素子値の絶対誤差(素子の設計値に対する実際の値のズ... [more] VLD2012-88 DC2012-54
pp.165-170
IPSJ-SLDM, VLD
(連催)
2012-05-31
09:55
福岡 北九州国際会議場 重ね合わされるプリント基板上への素子配置手法
松浦哲也藤吉邦洋東京農工大VLD2012-7
機器を小型化するためにプリント基板が重ねて配置されるが,このとき,重ねられるプリント基板の向かい合う面にも素子が置かれる... [more] VLD2012-7
pp.37-42
VLD 2010-09-28
10:00
京都 京都工繊大 60周年記念館 アナログ集積回路での共通重心に対応した配置手法に関する研究
上 慧太朗藤吉邦洋東京農工大VLD2010-48
モノリシックICは、
シリコンチップ上に一体構造として作り込まれた素子の素子値の絶対誤差(素子の設計値に対する実際の値... [more]
VLD2010-48
pp.37-42
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2008-11-17
14:30
福岡 北九州学術研究都市 アナログIC設計における排他的近接対称配置制約を考慮した配置手法の研究
浅野晋平藤吉邦洋東京農工大VLD2008-71 DC2008-39
アナログICのレイアウト設計では,しばしば複数のセル対を水平,もしくは垂直な軸に対して線対称に配置することが要求される.... [more] VLD2008-71 DC2008-39
pp.67-72
CS, SIP, CAS
(共催)
2008-03-07
09:50
山口 山口大学 常盤キャンパス 折れ曲がりと分岐を許容したバスドリブンフロアプラン設計手法の効率化
平良洋祐藤吉邦洋東京農工大CAS2007-132 SIP2007-207 CS2007-97
集積回路のレイアウト設計でのバス配置を考慮したフロアプラン設計の問題において、
ある一つのバスが実現できるか否かの判定... [more]
CAS2007-132 SIP2007-207 CS2007-97
pp.41-46
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
CPSY, RECONF, IPSJ-ARC
(併催) [詳細]
2007-11-22
13:00
福岡 北九州国際会議場 対称配置可能な相対位置関係について
藤吉邦洋児玉親亮甲田真一東京農工大
アナログICのレイアウト設計においては、指定されたセル対を線対称に配置配線するという『対称配置制約』を守ることが要求され... [more] VLD2007-95 DC2007-50
pp.37-41
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
CPSY, RECONF, IPSJ-ARC
(併催) [詳細]
2007-11-22
13:25
福岡 北九州国際会議場 O-Treeを拡張したレクトリニア多角形パッキング手法の高速化
浮邉英彦藤吉邦洋東京農工大VLD2007-96 DC2007-51
レイアウトの再利用のため、
レクトリニア多角形をパッキングできることが望まれている。
そこで、
矩形だけのパッキン... [more]
VLD2007-96 DC2007-51
pp.43-48
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
RECONF, CPSY, IPSJ-ARC
(併催) [詳細]
2006-11-30
11:20
福岡 北九州国際会議場 アナログIC設計における近接対称配置制約を考慮した配置手法
甲田真一藤吉邦洋東京農工大
アナログICのレイアウト設計では,しばしば複数のセル対を
水平,もしくは垂直な軸に対して線対称に配置することが要求され... [more]
VLD2006-77 DC2006-64
pp.31-36
VLD, ICD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
2005-12-01
17:05
福岡 北九州国際会議場 3次元集積回路のためのフロアプラン探索
太田秀典東京農工大)・山田敏規埼玉大)・児玉親亮藤吉邦洋東京農工大
 [more] VLD2005-75 ICD2005-170 DC2005-52
pp.85-90
 34件中 21~34件目 [前ページ]  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会