お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 63件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT 2013-01-21
10:30
東京 電気通信大学 双方向リレーチャネルにおけるダイバーシチマルチプレキシングトレードオフ
菅井熱志松本隆太郎植松友彦東工大IT2012-49
2つの情報源ノードが中継局を介してデータのやりとりをする双方向リレーチャネルにおいて,両方の情報源ノードは1本,中継局は... [more] IT2012-49
pp.1-6
IT 2013-01-21
17:05
東京 電気通信大学 情報源の固定長符号化とResolvability問題における2次の漸近レートのsmooth Renyiエントロピーによる表現について
田頭 進植松友彦東工大IT2012-60
情報源の固定長符号化問題とは,情報源からの出力系列を固定長の符号語に変換する問題である.定常無記憶情報源の場合,符号化レ... [more] IT2012-60
pp.65-70
IT, ISEC, WBS
(共催)
2012-03-01
10:30
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 フレーム間の相関を利用した量子化器を用いたWyner-Ziv動画像符号化
大川倫明植松友彦松本隆太郎東工大IT2011-56 ISEC2011-83 WBS2011-57
Wyner-Ziv動画像符号化は、あるフレームを復号する際にそのフレームと相関を
有するであろうその前後のフレームを用... [more]
IT2011-56 ISEC2011-83 WBS2011-57
pp.67-72
IT, ISEC, WBS
(共催)
2012-03-01
17:00
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 線形符号を用いたSlepian-Wolf符号化の誤り指数
植松友彦東工大IT2011-55 ISEC2011-82 WBS2011-56
多端子情報源符号化の最も基本的な問題の一つとして、
Slepian-Wolf符号化問題が知られている。この符号化問題で... [more]
IT2011-55 ISEC2011-82 WBS2011-56
pp.61-66
IT, ISEC, WBS
(共催)
2012-03-02
13:25
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 [招待講演]情報理論的に安全な秘密鍵共有について
渡辺 峻徳島大)・松本隆太郎植松友彦東工大IT2011-73 ISEC2011-100 WBS2011-74
本稿では,情報理論的に安全な秘密鍵共有において,これまでに知られている結 果,最近の研究動向について概説する.まず,秘密... [more] IT2011-73 ISEC2011-100 WBS2011-74
pp.171-179
IT 2011-07-22
09:30
岡山 岡山大学 線形符号を用いた強い秘密保護特性を有する秘密分散の一般化ハミング重みによる特徴付け
栗原 淳東工大/KDDI研)・植松友彦東工大IT2011-16
 [more] IT2011-16
pp.35-40
IT 2011-07-22
13:25
岡山 岡山大学 相関を有する2つの情報源から個別写像による独立な2つの乱数の生成法
國松昇平植松友彦松本隆太郎東工大IT2011-21
相関を有する2 つの情報源からの2 つの系列を個別の写像で変換し,系列長が長くなるにつれて一様かつ独立になる2 つの乱数... [more] IT2011-21
pp.65-70
ISEC, IT, WBS
(共催)
2011-03-04
09:25
大阪 大阪大学 最多一致部分列に基づくユニバーサル情報源符号化法の実用的なアルゴリズム
齋藤津樹松田哲直松本隆太郎植松友彦東工大IT2010-105 ISEC2010-109 WBS2010-84
KiefferとYangによって提案された文法に基づく符号では、入力された系列だけを生成する文脈自由文法を作成した後、得... [more] IT2010-105 ISEC2010-109 WBS2010-84
pp.243-248
IT 2011-01-18
13:20
奈良 国際奈良学セミナーハウス 情報源の固定長符号化におけるリスト復号法の信頼性関数
下野健佑植松友彦松本隆太郎東工大IT2010-59
通信路のリスト復号法は、Forneyによる提案以降、多くの研究者によって研究されているが、情報源のリスト復号法は、画像デ... [more] IT2010-59
pp.31-36
IT 2011-01-18
14:00
奈良 国際奈良学セミナーハウス A general formula for the capacity region of multiple-access channels with feedback
Tetsunao MatsutaTomohiko UyematsuTokyo Inst. of Tech.IT2010-61
近年、携帯電話やP2P等の多対多通信システムが広く用いられるようになり、多端子情報理論の重要性が増している。多端子情報理... [more] IT2010-61
pp.43-48
IT 2011-01-18
15:40
奈良 国際奈良学セミナーハウス 凸最適化とmin-sum復号によるLDPC符号の反復復号法
老木智章松本隆太郎植松友彦東工大IT2010-65
 [more] IT2010-65
pp.67-72
IT 2010-05-21
11:20
徳島 徳島大学 Smooth Renyi Entropy and Intrinsic Randomness
Tomohiko UyematsuTokyo Inst. of Tech.IT2010-3
本論文では、一般的情報源に対するintrinsic randomness問題について
新しい統一的な方法を確立している... [more]
IT2010-3
pp.13-18
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-04
10:15
長野 信州大学長野(工学)キャンパス MIMO通信における通信路とLDPC符号語の非線形最適化による同時推定
小林武史松本隆太郎植松友彦東工大IT2009-92 ISEC2009-100 WBS2009-71
従来の無線通信の受信機の復号法では,トレーニング系列などから推定した通信路状態情報が誤差がないと仮定して復号を行っていた... [more] IT2009-92 ISEC2009-100 WBS2009-71
pp.135-140
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-04
16:35
長野 信州大学長野(工学)キャンパス 低密度パリティ検査行列を用いたユニバーサルSlepian-Wolf符号
松田哲直植松友彦松本隆太郎東工大IT2009-99 ISEC2009-107 WBS2009-78
低密度パリティ検査(LDPC)符号は符号長に伴う線形時間で最尤復号に迫る性能を達成するため、通信路符号化において注目され... [more] IT2009-99 ISEC2009-107 WBS2009-78
pp.181-186
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-04
17:25
長野 信州大学長野(工学)キャンパス Smooth RenyiエントロピーとResolvability
植松友彦東工大IT2009-101 ISEC2009-109 WBS2009-80
本論文では、一般的情報源に対するresolvability問題について新しい統一的な方法を確立している。具体的には、オー... [more] IT2009-101 ISEC2009-109 WBS2009-80
pp.193-198
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-05
13:50
長野 信州大学長野(工学)キャンパス 有限の標本ビットを用いたBB84プロトコルの安全な鍵レート
佐野洋介松本隆太郎植松友彦東工大IT2009-138 ISEC2009-146 WBS2009-117
Scaraniらによって示されたBB84プロトコルの非漸近的鍵レートは、彼らの示した位相誤り確率に対する信頼区間をより小... [more] IT2009-138 ISEC2009-146 WBS2009-117
pp.427-432
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-05
14:15
長野 信州大学長野(工学)キャンパス BB84プロトコルの鍵レートを最大にするビット送信確率
ルンバントルアン ソニー松本隆太郎植松友彦東工大IT2009-139 ISEC2009-147 WBS2009-118
従来のBB84 の研究では、送信する各ビットの送信確率はすべて等しいとしていた。この論文ではBB84プロトコルにおいて、... [more] IT2009-139 ISEC2009-147 WBS2009-118
pp.433-438
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-05
16:10
長野 信州大学長野(工学)キャンパス より強力な盗聴者に対するMRD符号に基づくユニバーサルセキュアネットワーク符号化の脆弱性
塩治榮太朗松本隆太郎植松友彦東工大IT2009-143 ISEC2009-151 WBS2009-122
任意の構成済みのネットワーク符号に適用可能であるような、MRD符号に基づいたユニバーサルセキュアネットワーク符号化方式が... [more] IT2009-143 ISEC2009-151 WBS2009-122
pp.455-460
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-09
16:20
北海道 公立はこだて未来大学(函館) Relationship among Conditional Complexities of Individual Sequences
Yuki TanakaTomohiko UyematsuRyutaroh MatsumotoTokyo Inst. of Tech.IT2008-64 ISEC2008-122 WBS2008-77
副情報源を用いた情報源の符号化法の限界を示す量として,個別系列の対に対して定義される条件付き複雑量が知られている.条件付... [more] IT2008-64 ISEC2008-122 WBS2008-77
pp.129-136
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-10
09:00
北海道 公立はこだて未来大学(函館) 最多一致に基づく符号化法のユニバーサル性の証明
林 雁かお植松友彦松本隆太郎東工大IT2008-96 ISEC2008-154 WBS2008-109
Kieffer とYang による文法に基づく符号では, 与えられた系列に対して, その系列だけを生成する文脈自由文法を... [more] IT2008-96 ISEC2008-154 WBS2008-109
pp.343-348
 63件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会