電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 46件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
USN, IPSJ-UBI
(連催)
AN
(併催) [詳細]
2012-05-18
11:50
愛知 豊橋技術科学大学 DHTを用いた地理的探索手法の提案
寺山淳基中澤 仁徳田英幸慶大USN2012-16
 [more] USN2012-16
pp.117-122
MoNA, AN, USN
(併催)
2012-01-20
15:50
三重 戸田家(三重県鳥羽市) D-Caseを用いたユビキタス・センサ・ネットワークのモニタリング機構
中澤 仁徳田英幸慶大USN2011-78
 [more] USN2011-78
pp.123-128
USN, IPSJ-UBI
(連催)
2011-07-14
17:30
福岡 九州大学西新プラザ Lupe: AR技術を用いた対象とユーザの距離に基づいた情報取得手法
瀧本拓哉唐津 豊中澤 仁高汐一紀徳田英幸慶大USN2011-19
本論文では,情報取得対象とユーザとの距離に基づいた情報取得手法を提案する.本手法を用いることで,ユーザは情報取得対象が多... [more] USN2011-19
pp.79-84
USN, IPSJ-UBI
(連催)
2011-07-14
17:55
福岡 九州大学西新プラザ ユビキタスセンサネットワークにおけるディペンダビリティ向上のための一考察
中澤 仁徳田英幸慶大USN2011-20
 [more] USN2011-20
pp.85-90
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2011-02-22
10:20
北海道 北海道大学 Second-sighted Glasses:環境のスマートネスを伝達するメガネ型ユーザインタフェース
米澤拓郎中澤 仁徳田英幸慶大
 [more]
AN, MoNA, USN
(併催)
2011-01-21
17:10
広島 広島市立大学 fNode : Reducing Network Packet Transmission Overhead in Indoor Heterogeneous Wireless Sensor Networks
Chung Thanh DaoTakatoshi KanazawaHiroto AidaHideyuki TokudaKeio Univ.USN2010-67
 [more] USN2010-67
pp.159-164
NwGN, NS
(共催)
(第二種研究会)
2010-10-07
15:15
千葉 幕張メッセ [招待講演]ユビキタス社会からみた新世代ネットワークの展望
徳田英幸慶大
 [more]
USN, IPSJ-UBI
(連催)
2010-07-15
11:50
茨城 筑波大学 無線センサネットワークにおける低消費電力な時刻推測手法
米川賢治米澤拓郎慶大)・中澤 仁慶大/JST)・徳田英幸慶大USN2010-12
近年,無線センサノードでネットワーク(WSN:Wireless Sensor Network) を構築し,それを用いるア... [more] USN2010-12
pp.41-46
USN, IPSJ-UBI
(連催)
2010-07-15
15:20
茨城 筑波大学 ORGA:加速度センサを利用したマーカレスARによるセンサ情報可視化システム
唐津 豊中澤 仁高汐一紀徳田英幸慶大USN2010-13
本研究では身の回りの物体に取り付けられた無線センサノードの情報を,マーカレスなAR 技術を用いて実空間上に投影するセンサ... [more] USN2010-13
pp.79-84
SIS 2009-12-17
11:25
京都 京都商工会議所 第2会議室 商品購買時の迷い検出システムの構築
荒木貴好米澤拓郎中澤 仁高汐一紀徳田英幸慶大SIS2009-33
近年の情報技術の発展により,オンラインショップなどインターネットを利用した購買活動が盛んとなり,商品購買チャネルが多様化... [more] SIS2009-33
pp.13-18
HPB
(第二種研究会)
2009-10-16 富山 富山国際会議場 Alliba: 実用的なヒューマンセンシングシステムの構築に向けて
カク テン東大)・石塚宏紀東大/JST)・李 継張 銖炯今井大樹東大)・石田泰之東京電機大)・岩本健嗣富山県立大)・横山浩之KDDI研)・由良淳一徳田英幸慶大)・戸辺義人東京電機大/JST)・岩井将行東大)・瀬崎 薫東大/JST
近年,携帯電話を始めとするモバイル機器がますます普及しているのを受け,これらのデバイスを都市環境モニタリングに活用し,人... [more]
USN, IPSJ-UBI
(連催)
2009-07-16
13:30
京都 ATR(京都) Smart Corridor: 移動空間を想定したスマート環境の構築
伊藤昌毅小川正幹金澤貴俊徳田義幸中川直樹山本純平青木崇行間 博人中澤 仁高汐一紀徳田英幸慶大USN2009-17
本稿では,Smart Corridorと呼ぶ,建物内や都市や学校などにおける移動空間を想定したスマート環境構築を目指す研... [more] USN2009-17
pp.53-58
USN, IPSJ-UBI
(連催)
2009-07-16
14:10
京都 ATR(京都) MOLMOD: 生体情報を用いた雰囲気の取得手法の構築
山本純平川添瑞木中澤 仁高汐一紀徳田英幸慶大USN2009-19
我々は日常生活において場の雰囲気を感じ取り,行動の指標として利用している.場の雰囲気を取得することができれば,気分にあっ... [more] USN2009-19
pp.63-68
USN, MoNA
(併催)
2009-01-23
13:20
愛知 名古屋工業大学(講堂会議室) AFRo: An Adaptive Framework for WSN Routing
Takatoshi KanazawaHiroto AidaKazunori TakashioHideyuki TokudaKeio Univ.USN2008-83
近年,無線センサネットワークに関する研究が盛んである.この中で,無線センサネットワークを用いたアプリケーション構築におけ... [more] USN2008-83
pp.123-128
USN, MoNA
(併催)
2009-01-23
14:20
愛知 名古屋工業大学(講堂会議室) Life2Guard:カメラ利用が制約される環境下でのセンサ群を用いた異常検知手法の研究
生天目直哉中澤 仁高汐一紀徳田英幸慶大USN2008-86
本稿では,プライバシーに配慮した身体異常検知手法として,カメラを用いず単純なセンサ群を用いた手法を提案する.本研究では,... [more] USN2008-86
pp.139-144
USN, MoNA
(併催)
2009-01-23
15:10
愛知 名古屋工業大学(講堂会議室) マルチセンサ環境と携帯電話の協調技術に関する検討
中澤 仁由良淳一慶大)・岩本健嗣横山浩之KDDI研)・徳田英幸慶大USN2008-88
無線センサノードを、ユビキタスサービスにおける様々な用途に広く利用するためには、多くの無線センサノードと協調的に動作しな... [more] USN2008-88
pp.149-154
USN, IPSJ-UBI
(共催)
2008-07-17
13:15
東京 東京電機大学(東京) uMegane:AR技術を用いたセンサ情報可視化システム
今枝卓也高汐一紀徳田英幸慶大
近年,ユビキタス研究の発展により,様々なセンサが環境内に埋め込まれるようになってきた.
しかし,環境内に埋め込まれたセ... [more]
USN2008-17
pp.39-44
USN 2007-05-24
16:25
東京 東京電機大学(東京) RFIDと無線センサノードを用いたユーザ行動記録
由良淳一中澤 仁徳田英幸慶大USN2007-7
本稿では,実空間に存在するさまざまな事物からRFID や無線センサノードを用いてデジタル情報を収集し,個人の行動記録の一... [more] USN2007-7
pp.31-36
USN 2007-05-25
15:15
東京 東京電機大学(東京) ロボティックセンサネットワーク用ミドルウェアの開発
青木崇行慶大)・桐原幸彦トリプルダブル)・中澤 仁徳田英幸慶大USN2007-19
センサノードを物理的に運動可能なロボティックアクチュエータと統合することにより,センサ自身が回転・移動可能になり,より少... [more] USN2007-19
pp.103-108
NS, IN
(併催)
2007-03-09
14:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター P2P型大規模マルチプレイヤオンラインゲームにおける領域負荷分散性の一考察
金田裕剛高橋ひとみ斉藤匡人間 博人徳田英幸慶大IN2006-241
 [more] IN2006-241
pp.363-368
 46件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会