電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 92件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-14
13:50
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 複数パッチ抽出によるアスペクト比を維持した画像審美性スコア予測
王 力捷汪 雪婷山崎俊彦相澤清晴東大
 [more]
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-14
15:10
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス VR環境上のプレースタイル学習と簡易ロボットへの適用 ~ 魅力度工学応用への展望 ~
楢原太郎NJIT)・山崎俊彦東大
 [more]
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-14
16:10
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 画像・言語特徴を用いた深層学習によるオンライン広告のクリック率予測
夏 博恵汪 雪婷東大)・勢〆弘幸セプテーニ)・山崎俊彦相澤清晴東大
 [more]
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
13:25
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 近傍を考慮した画素ごとの強化学習による画像処理
古田諒佑井上直人山崎俊彦東大
 [more]
EMM 2019-03-13
16:25
沖縄 沖縄県青年会館 訓練画像の色量子化を用いた深層ニューラルネットワークの敵対的サンプル耐性の強化
宮里俊太郎山崎俊彦相澤清晴東大
 [more]
SWIM 2019-02-22
16:00
東京 機械振興会館 [基調講演]AIを活用した魅力工学とそのビジネス応用
山崎俊彦東大
 [more] SWIM2018-26
p.31
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-19
14:30
北海道 北海道大学 IoTカメラを用いた保育施設における多人数行動分析
大渕友暉汪 雪婷山崎俊彦東大)・鳥海哲史林 幹久フューチャースタンダード)・野澤祥子高橋 翠遠藤利彦秋田喜代美東大
子供たちにモーションセンサ等を取り付けることのない非接触な行動分析の手法を提案する.これまでの保育施設で行動分析をする研... [more] ITS2018-67 IE2018-88
pp.85-90
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-19
15:00
北海道 北海道大学 高解像度画像の標準正規分布モデリングを可能にする段階的変分自己符号化器
中村遵介山崎俊彦相澤清晴東大
 [more] ITS2018-69 IE2018-90
pp.97-102
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-19
15:30
北海道 北海道大学 深層学習を用いた二対比較による不動産外観画像の嗜好予測
高田祐樹汪 雪婷東大)・門 洋一アットホーム)・山崎俊彦東大
同じ商品や物を撮影していたとしても,その撮影の方法や角度によってその印象は大きく異なる.
本稿ではその中でも不動産の外... [more]
ITS2018-71 IE2018-92
pp.109-114
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-20
10:15
北海道 北海道大学 ソーシャルメディア上のフォロワーのハッシュタグと画像を用いたブランド関連性の解析
張 軼威汪 雪婷東大)・酒井嘉昭ジオマーケティング)・山崎俊彦東大
近年のブランドは,企業のマーケティング・広告戦略のためにInstagram・Twitterなどのソーシャルメディアを使い... [more] ITS2018-76 IE2018-97
pp.159-164
MVE 2018-09-06
14:50
大阪 大阪工業大学 梅田キャンパス ソーシャルメディアにおけるコンテンツを用いたブランド間の類似度の解析
張 軼威東大)・酒井嘉昭ジオマーケティング)・山崎俊彦東大
SNS上での消費者の振る舞いを分析し理解することは,企業の営業・広告戦略に非常に役立つことが知られている。本研究では,消... [more] MVE2018-16
pp.19-24
MVE 2018-09-06
15:15
大阪 大阪工業大学 梅田キャンパス SNSにおけるユーザの人気度との関連に基づくタグ推薦
汪 雪婷山崎俊彦東大
ソーシャルネットワークサービスなどのコンテンツ共有サービスでは,画像や映像の閲覧回数のような人気度を表す指標である.一般... [more] MVE2018-17
pp.25-30
MVE 2018-09-06
15:40
大阪 大阪工業大学 梅田キャンパス CNNを用いたマルチモーダル処理によるテレビ広告動画の影響予測
中村遵介東大)・河原達也ビデオリサーチ)・山崎俊彦東大
 [more] MVE2018-18
pp.31-35
SIP 2018-08-21
09:50
東京 拓殖大学 文京キャンパス [招待講演]古典的技術と深層学習を融合した信号処理技術の新展開
山崎俊彦東大
近年、深層学習をはじめとする大量の事例を用いた学習ベースの信号処理が主流になりつつある。ありとあらゆる信号処理や画像処理... [more] SIP2018-64
p.37
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2018-03-09
13:30
沖縄 沖縄産業支援センター 意味領域分割に基づく効率的かつインタラクティブな画像検索
古田諒佑井上直人山崎俊彦東大
本稿では効率的でインタラクティブな画像検索システムを提案する.既存の画像検索システムでは,意味的な制約と位置的な制約(例... [more] IMQ2017-59 IE2017-151 MVE2017-101
pp.189-194
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-02-15
16:35
北海道 北海道大学 [招待講演]深層特徴量を用いた間取り画像をクエリとする類似不動産検索
高田祐樹井上直人山崎俊彦相澤清晴東大
 [more]
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-02-16
09:30
北海道 北海道大学 深層特徴量を用いた顔画像属性の相関計算と可視化
沈 思傑山崎俊彦相澤清晴東大
近年,マルチラベル分類問題の精度を上げるために,物体の位置関係とラベル相関がよく使われている.本文は顔画像アトリビュー... [more] ITS2017-76 IE2017-108
pp.217-222
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-02-16
09:45
北海道 北海道大学 プレゼンテーションスライドのデザインに対するCNNを用いた客観的フィードバックの生成
大山真司山崎俊彦相澤清晴東大
スライドは意見や情報を伝える一般的な手段であり,様々な場面で用いられる.スライド作成を支援する書籍やウェブページは多数存... [more] ITS2017-77 IE2017-109
pp.223-228
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-02-16
10:00
北海道 北海道大学 ジオタグ付き画像を利用した単眼カメラの高精度位置推定
石見和也東大)・池畑 諭NII)・山崎俊彦相澤清晴東大
単眼映像からの高精度なカメラ位置推定は自動運転やAR・VRの分野において盛んに取り組まれている重要な課題である.カメラ位... [more] ITS2017-78 IE2017-110
pp.229-234
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-02-16
10:15
北海道 北海道大学 スタイル転移を利用した物体検出におけるドメイン適応
井上直人古田諒佑山崎俊彦相澤清晴東大
ドメイン適応は新出・未知環境における認識精度の担保の為に必要不可欠な技術である.
敵対的生成ネットワークに基づくドメイ... [more]
ITS2017-79 IE2017-111
pp.235-238
 92件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会