電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 21〜25件目 [前ページ]  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2011-09-05
15:20
北海道 はこだて未来大学 Online Real Boostingによる物体追跡のための特徴選択
山下隆義オムロン)・○藤吉弘亘中部大
近年,物体検出や物体追跡において,AdaBoostやReal AdaBoostなどのブースティングが注目されており,オン... [more] PRMU2011-68 IBISML2011-27
pp.67-73
PRMU 2011-03-10
17:40
茨城 産総研(つくば) MIRU2010若手プログラム報告
玉木 徹広島大)・植松裕子慶大)・近藤一晃京大)・酒井智弥長崎大)・島田敬士九大)・出口大輔名大)・山下隆義オムロン
2010年7月に開催されたMIRU2010若手プログラムについて報告する.若手プログラ
ムは,MIRUの併設イベントと... [more]
PRMU2010-265
pp.157-170
PRMU 2009-12-18
11:30
栃木 藤原総合文化会館(日光・鬼怒川) 若手が国際的に活躍するために(仮題)
玉木 徹広島大)・植松裕子慶大)・近藤一晃京大)・酒井智弥千葉大)・島田敬士九大)・出口大輔名大)・山下隆義オムロン
グランドチャレンジとして掲げられたテーマの研究分野を今後10年をリードする
のは、現在の若手である修士・博士の学生や若... [more]
PRMU2009-148
pp.59-60
PRMU, MVE
(共催)
2008-11-28
13:30
大阪 阪大 [チュートリアル講演]特定物体認識に有効な特徴量
山下隆義中部大/オムロン)・藤吉弘宣中部大
 [more] PRMU2008-142 MVE2008-91
pp.221-236
PRMU 2004-11-18
15:45
福井 福井大学 顔検出の高性能化のための誤検出除去手法
山下隆義勞 世竑田畑尚弘川出雅人オムロン
近年、高速かつ高い検出率で顔を検出できる様々な手法が提案されている。しかし、これらの手法は顔でない領域を誤って顔としてし... [more] PRMU2004-102
pp.55-60
 25件中 21〜25件目 [前ページ]  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会