お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 87件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OFT 2017-05-25
15:40
島根 島根大学(松江キャンパス) [ポスター講演]熱収縮チューブを用いた800nm帯LPFGの温度特性
長谷隆弘堤 康宏大橋正治久保田寛和三好悠司阪府大OFT2017-6
600nmにカットオフ波長を有する単一モード光ファイバと熱収縮チューブおよびMネジを用いた長周期光ファイバグレーティング... [more] OFT2017-6
pp.25-28
OFT 2017-05-25
15:40
島根 島根大学(松江キャンパス) [ポスター講演]モード変換器と干渉法を用いたフューモードファイバの波長分散測定
宮崎竜気大橋正治久保田寛和三好悠司阪府大)・柴田 宣日大OFT2017-9
フューモードファイバ(FMF)は光ファイバ通信における伝送容量拡大の手段として注目されている。FMFにおいてモード間の群... [more] OFT2017-9
pp.41-44
OFT 2017-05-25
16:50
島根 島根大学(松江キャンパス) [ポスター講演]光相関検波法を用いたナイキストOTDM信号の残留分散ひずみ抑圧法
森本晃輔三好悠司久保田寛和大橋正治阪府大OFT2017-12
伝送容量の拡大を目指し、従来の電気的処理が困難であった高い変調速度と、高周波数利用効率の両立が可能なナイキストOTDM方... [more] OFT2017-12
pp.53-57
OFT 2017-05-25
16:50
島根 島根大学(松江キャンパス) [ポスター講演]2モードファイバのLP11モードの曲げ損失の評価法
垂野将明久保田寛和大橋正治三好悠司阪府大OFT2017-13
2モードファイバのLP11モードの曲げ損失の曲げ半径依存性の評価法を提案する。曲げを加えない場合のパワーと3種類の異なっ... [more] OFT2017-13
pp.59-62
OFT 2017-05-25
16:50
島根 島根大学(松江キャンパス) [ポスター講演]短パルスと光相関検波を用いた非線形光学効果による信号品質劣化の抑制法
中岡昌史三好悠司久保田寛和大橋正治阪府大OFT2017-17
光ファイバ伝送において、光ファイバ増幅器で生じるASE雑音による信号対雑音比の劣化を抑制するためには送信電力を大きくする... [more] OFT2017-17
pp.77-80
LOIS 2017-03-02
11:25
沖縄 大濱信泉記念館 活動記録表作成支援アプリのための省電力化を考慮した滞留・移動時間帯抽出
川西 直長谷川晃朗ATR)・大橋正良福岡大)・田近亜蘭古川壽亮京大LOIS2016-69
 [more] LOIS2016-69
pp.41-46
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2017-02-16
15:05
大阪 大阪府立大(I-siteなんば) モード多重伝送用楕円コア光ファイバの実効屈折率
久保田寛和嶺 知輝三好悠司大橋正治阪府大OFT2016-46 OPE2016-161
数モード光ファイバ中のモードクロストークは,モード間の実効屈折率差が大きいほど低減できると考えられる.円形コア光ファイバ... [more] OFT2016-46 OPE2016-161
pp.11-14
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2017-02-17
09:55
大阪 大阪府立大(I-siteなんば) フォトニックバンドギャップファイバの表面モードの分散特性に及ぼす影響
小酒信昭久保田寛和三好悠司大橋正治阪府大OFT2016-50 OPE2016-167
中空コアフォトニックバンドギャップファイバ(PBGF)は光の伝搬媒質を空気とすることによって低損失,低分散な光ファイバの... [more] OFT2016-50 OPE2016-167
pp.29-32(OFT), pp.39-42(OPE)
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2017-02-17
11:20
大阪 大阪府立大(I-siteなんば) ナイキストOTDM方式における積分回路を用いた相関受信器の必要特性に関する検討
岡本英之三好悠司久保田寛和大橋正治阪府大OCS2016-77 OFT2016-53 OPE2016-170
(事前公開アブストラクト) ナイキスト光時分割多重(OTDM)方式は電子デバイスの応答速度を超える高速な通信速度を高周波... [more] OCS2016-77 OFT2016-53 OPE2016-170
pp.33-36(OCS), pp.45-48(OFT), pp.55-58(OPE)
OFT 2017-01-20
13:30
東京 機械振興会館(東京) インパルス応答法を用いたFew-modeファイバのLPモードごとの損失測定法
野添紗希松井 隆辻川恭三NTT)・垂野将明久保田寛和大橋正治阪府大)・中島和秀NTTOFT2016-36
現在、単一モードファイバの伝送容量を打破するために、マルチコアファイバや数モードファイバ (FMF)を用いた空間分割多重... [more] OFT2016-36
pp.5-9
OFT 2016-05-26
16:25
岡山 岡山国際交流センター 汎用OTDRを用いた2モードファイバのモード損失推定
久保田寛和三好悠司大橋正治阪府大)・森 崇嘉松井 隆中島和秀NTTOFT2016-5
(事前公開アブストラクト) 市販のOTDRを用いて2モードファイバのモード依存損失を測定した。ファイバ中のモード結合が無... [more] OFT2016-5
pp.17-20
OFT 2016-05-27
11:00
岡山 岡山国際交流センター [フェロー記念講演]光ファイバの研究開発と国際標準化
大橋正治阪府大OFT2016-10
コーニング社により、20dB/kmの低損失光ファイバが実現されて45年が経過しており、光ファイバは光通信システムをはじめ... [more] OFT2016-10
pp.39-44
LQE, EST, OPE, EMT, PN, MWP
(共催)
IEE-EMT, PEM
(連催) [詳細]
2016-01-28
15:20
兵庫 神戸市産業振興センター [招待講演]光ファイバの基礎と最近の技術動向
大橋正治阪府大PN2015-43 EMT2015-94 OPE2015-156 LQE2015-143 EST2015-100 MWP2015-69
光ファイバが光通信システムに導入されてから約30年になり、光ファイバケーブル技術も高度化されてきた。最近では、伝送容量を... [more] PN2015-43 EMT2015-94 OPE2015-156 LQE2015-143 EST2015-100 MWP2015-69
pp.51-56
DE 2015-09-24
13:00
神奈川 神奈川工科大学 横浜オフィス [招待講演]言葉から捉えた「おいしい」-Sizzle Word-
大橋正房B・M・FT
 [more]
OFT 2014-10-24
09:35
兵庫 三宮コンベンションセンター 曲げ法を用いた2モードファイバのモード結合係数及び励振比の測定
森山春樹久保田寛和三好悠司大橋正治阪府大OFT2014-32
(事前公開アブストラクト) ファイバの曲げによる高次モードのパワーの減衰を用いたTMFのモード結合係数の平均値の評価法を... [more] OFT2014-32
pp.51-54
OCS, OFT
(併催)
2014-08-29
13:25
北海道 釧路ロイヤルイン 熱収縮チューブを用いたLPFGの振動センサーへの応用
奥野祐貴大橋正治三好悠司久保田寛和阪府大OFT2014-20
熱収縮チューブを用いた機械的に作製された長周期ファイバグレーティング(MLPFG:mechanically long p... [more] OFT2014-20
pp.23-26
PN, NS, OCS
(併催)
2014-06-27
10:25
大分 ビーコンプラザ(別府) 光相関検波を用いた光ナイキスト時分割多重伝送方式
三好悠司吉田健佑大橋正治久保田寛和阪府大OCS2014-20
近年,インターネットを流れる通信量は増加し続けており,光ファイバで利用できる帯域を有効に活用することのできる高効率な伝送... [more] OCS2014-20
pp.41-45
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2014-02-27
16:40
沖縄 ネストホテル 那覇 [招待講演]数モード光ファイバ(FMF)開発の進展とその実用化までの課題
桑木伸夫丸山 遼松尾昌一郎フジクラ)・大橋正治阪府大OCS2013-105 OFT2013-62 OPE2013-212
最近,世界的なインターネットユーザの増加とともに,基幹通信トラヒック量は増加の一途を辿っている.このため,近い将来,現行... [more] OCS2013-105 OFT2013-62 OPE2013-212
pp.23-28(OCS), pp.41-46(OFT), pp.41-46(OPE)
OFT 2013-10-24
14:15
奈良 エルトピア奈良 非線形光ループミラーと縮退四光波混合を用いた光サンプリング方式の時間分解能に関する検討
渡辺真也三好悠司大橋正治久保田寛和阪府大OFT2013-25
非線形光ループミラーおよび縮退四光波混合を用いた2つの光サンプリング方式について,サンプリングパルスの必要電力と時間分解... [more] OFT2013-25
pp.15-19
OFT 2013-10-25
11:10
奈良 エルトピア奈良 マルチコア光ファイバのコア形状パラメータとクロストークの関係
山本修平大橋正治三好悠司阪府大OFT2013-36
(事前公開アブストラクト) インターネットの急速な発達により,トラフィック量が急増しており,既存の光ファイバの伝送限界に... [more] OFT2013-36
pp.67-70
 87件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会