お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 44件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICD, IPSJ-ARC, IPSJ-EMB
(連催)
2010-01-29
13:25
東京 東芝本社 Developing an Architecture for a Single-Flux Quantum Based Reconfigurable Accelerator
Farhad MehdipourKyushu Univ.)・Hiroaki HondaISIT)・Hiroshi KataokaKoji InoueKazuaki MurakamiKyushu Univ.ICD2009-111
ハイパフォーマンスコンピューティングの一つの解決法として大規模再構成可能データパス (LSRDP) プロセッサーを導入し... [more] ICD2009-111
pp.99-104
ICD, IPSJ-ARC, IPSJ-EMB
(共催)
2009-01-14
15:30
大阪 松心会館(大阪) シミュレーション結果の再利用に基づくキャッシュ・ミス率予測法の提案
小野貴継井上弘士村上和彰九大)・甲斐康司パナソニックICD2008-146
 [more] ICD2008-146
pp.99-104
CPSY 2008-10-31
15:45
広島 広島市立大学 科学技術計算を対象とした大規模再構成可能データパスの性能評価
片岡広志九大)・本田宏明九州先端科学技研)・Farhad Mehdipour井上弘士村上和彰九大CPSY2008-35
最近,要求メモリバンド幅を抑えつつも高性能な科学技術計算を可能とする,大規模再構成可能データパスプロセッサ(LSRDP)... [more] CPSY2008-35
pp.35-40
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2008-05-14
10:30
東京 日立中央研究所 大規模システム評価環境PSI-SIM:数千個のマルチコア・プロセッサを搭載したペタスケールコンピュータの性能予測
井上弘士九大)・薄田竜太郎福岡県産業・科学技術振興財団)・安藤壽茂石附 茂小松秀実富士通)・稲富雄一本田宏明九大)・山村周史富士通)・柴村英智九州先端科学技研)・于 雲青青柳 睦九大)・木村康則富士通)・村上和彰九大
本稿では,ペタフロップス級スーパーコンピュータの性能予測を可能にするシステム評価環境PSI-SIMの開発について報告する... [more] ICD2008-27
pp.51-56
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2008-05-14
14:15
東京 日立中央研究所 演算/メモリ性能バランスを考慮したCMP向けヘルパースレッド実行方式の提案と評価
今里賢一福本尚人井上弘士村上和彰九大
複数のプロセッサコアを1チップに搭載するチップマルチプロセッサ(CMP)が現在
注目されている. チップ内スレッドレベ... [more]
ICD2008-31
pp.75-80
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2008-05-14
14:45
東京 日立中央研究所 トランザクショナルメモリにおける並列実行トランザクション数動的抑制法の提案とその評価
武田 進島崎慶太井上弘士村上和彰九大
 [more] ICD2008-32
pp.81-86
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2008-05-14
17:00
東京 日立中央研究所 演算/メモリ性能バランスを考慮したCell/B.E.向けオンチップメモリ活用法とその評価
林 徹生福本尚人今里賢一井上弘士村上和彰九大
現在我々は,チップマルチプロセッサの高性能化を目的とした演算/メモリ性能バランシング技術を提案している.本技術では,チッ... [more] ICD2008-36
pp.105-110
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2008-05-14
17:30
東京 日立中央研究所 チップマルチプロセッサにおけるメモリ負荷変動の定量的解析
山口光章井上弘士村上和彰九大
複数コアを1 チップに搭載するチップマルチプロセッサ(CMP) が注目されている.CMP では,チップ内並列処理により高... [more] ICD2008-37
pp.111-116
RECONF, CPSY, VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-01-17
16:25
神奈川 慶應義塾大学日吉キャンパス A Hybrid Design Space Exploration Approach for a Coarse-Grained Reconfigurable Accelerator
Farhad MehdipourKyushu Univ.)・Hamid NooriISIT)・Hiroaki HondaKoji InoueKazuaki MurakamiKyushu Univ.VLD2007-133 CPSY2007-76 RECONF2007-79
Multitude parameters involved in the design process of a rec... [more] VLD2007-133 CPSY2007-76 RECONF2007-79
pp.89-94
CPSY 2007-10-26
10:20
熊本 熊本大学 PSI-NSIM: 大規模並列システムの性能解析に向けた並列相互結合網シミュレータ
柴村英智九州システム情報技研)・薄田竜太郎福岡県産業・科学技術振興財団)・本田宏明稲富雄一于 雲青井上弘士青柳 睦九大CPSY2007-32
大規模並列システムの設計開発ならびに性能解析に向けた相互結合網シミュレータPSI-NSIMについて述べる.PSI-NSI... [more] CPSY2007-32
pp.45-50
SIP, ICD, IE
(共催)
IPSJ-SLDM
(併催) [詳細]
2007-10-26
13:15
福島 会津東山温泉 くつろぎ宿(福島) 新滝別館(新しい建物)4階コンベンションホール [招待講演]情報社会を支えるディペンダブル・プロセッサ
井上弘士九大
 [more]
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2007-05-31
11:30
神奈川 株式会社富士通研究所 岡田記念ホール The Potential of Temperature-Aware Configurable Cache on Energy Reduction
Hamid NooriMaziar GoudarziKoji InoueKazuaki MurakamiKyushu Univ.
 [more] ICD2007-19
pp.13-18
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2007-05-31
13:15
神奈川 株式会社富士通研究所 岡田記念ホール チップマルチプロセッサにおけるデータ・プリフェッチ効果の分析
福本尚人三原智伸井上弘士村上和彰九大
複数コアを1チップに搭載するチップマルチプロセッサ(CMP)が注目されている.CMPは,複数コアで並列処理することで高い... [more] ICD2007-20
pp.19-24
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2007-06-01
10:30
神奈川 株式会社富士通研究所 岡田記念ホール 高速かつ正確なキャッシュシミュレーション法とその評価
小野貴継井上弘士村上和彰九大
 [more] ICD2007-27
pp.61-66
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2007-06-01
17:15
神奈川 株式会社富士通研究所 岡田記念ホール 大規模再構成可能データパスにおけるオンチップ・ネットワーク・アーキテクチャの検討
島崎慶太長野孝昭本田宏明ファルハド メディプー井上弘士村上和彰九大ICD2007-36
 [more] ICD2007-36
pp.115-120
RECONF 2007-05-18
10:40
石川 金沢市文化ホール 動的再構成可能プロセッサ Vulcan2とそのソフトウェア開発環境 ISAccに関する研究
平木哲夫門内伸吾山崎陽介九大)・神戸隆行Lovic GauthierVictor Mauro Goulart Ferreira福岡知的クラスター研)・Antoine Trouve九州システム情報技研)・井上弘士村上和彰九大RECONF2007-13
特定用途向けプロセッサとは,アプリケーションに特化した命令を実行することによって汎用プロセッサに対して高性能を実現するも... [more] RECONF2007-13
pp.73-78
SCE 2007-01-26
14:15
東京 超電導工学研究所(東雲) [招待講演]単一磁束量子回路による再構成可能な大規模データパスをもつプロセッサ
高木直史名大)・村上和彰九大)・藤巻 朗名大)・吉川信行横浜国大)・井上弘士本田宏明九大
デスクサイドに設置可能な10テラフロップス級の超伝導コンピュータとして,単一磁束量子回路による再構成可能な大規模データパ... [more] SCE2006-36
pp.37-40
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2006-06-08
10:00
神奈川 NEC玉川ルネッサンスシティ プログラムの実行経路の偏りに着目した分岐予測法
築地孝典井上弘士村上和彰九大
 [more] ICD2006-40
pp.1-6
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2006-06-08
10:30
神奈川 NEC玉川ルネッサンスシティ 演算結果再利用による高信頼かつ低消費電力なプロセッサに関する検討
橋口陽祐九大)・井上弘士村上和彰九大/JST
 [more] ICD2006-41
pp.7-12
ICD, IPSJ-ARC
(共催)
2006-06-09
10:30
神奈川 NEC玉川ルネッサンスシティ A Reconfigurable Functional Unit for Adaptable Custom Instructions
Hamid NooriKyushu Univ.)・Farhad MehdipourAmirkabir Univ. of Tech.)・Kazuaki MurakamiKoji InoueKyushu Univ.)・Morteza Saheb ZamaniAmirkabir Univ. of Tech.
 [more] ICD2006-52
pp.69-74
 44件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会