お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 50件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, US
(併催)
2017-01-25
13:00
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 [ポスター講演]超音波振動を用いた被覆銅線とアルミニウム板の接合 ~ 接合時間と接合強度の関係 ~
鈴木久登淺見拓哉三浦 光日大US2016-94
近年,各種電子部品における被覆銅線とはんだ電極の接合が求められている.現在その接合には熱を利用しているが,加熱時に被覆線... [more] US2016-94
pp.117-121
US 2016-12-12
13:30
東京 東京工業大学すずかけ台キャンパス 縦振動子とねじり振動子を用いた超音波複合振動源による超音波接合の検討
淺見拓哉樋口祐亮三浦 光日大US2016-64
 [more] US2016-64
pp.19-22
US 2016-12-12
13:55
東京 東京工業大学すずかけ台キャンパス 超音波複合振動を用いたアルミニウム板と銅板の接合 ~ いくつかの振動軌跡における検討 ~
樋口祐亮淺見拓哉三浦 光日大US2016-65
電気自動車などには大容量のバッテリーが必要とされ,その電極部に用いられるアルミニウム板と銅板の異種金属接合の技術が必要と... [more] US2016-65
pp.23-28
US 2016-12-12
14:45
東京 東京工業大学すずかけ台キャンパス 矩形たわみ振動板と剛壁が一体構造の空中超音波音源の開発 ~ 定在波音場の体積の検討 ~
佐藤 諒淺見拓哉三浦 光日大US2016-67
空中超音波音源から放射された音波によって強力な定在波音場を形成するための装置は,音源の他に複数の反射板を用いることが多く... [more] US2016-67
pp.35-40
US, EA
(併催)
2016-01-29
09:00
大阪 関西大学 100周年記念会館 たわみ振動板型空中超音波音源による非接触での濡れ性改善
小林 良淺見拓哉三浦 光日大US2015-93
濡れ性の改善は,コイルのワニス含浸等,工業的に求められている.濡れ性を改善する方法の一つとして,超音波振動方式がある.従... [more] US2015-93
pp.55-60
US, EA
(併催)
2016-01-29
09:25
大阪 関西大学 100周年記念会館 くぼみのある円形たわみ振動板を用いた超音波霧化法の検討
矢古宇 諒淺見拓哉三浦 光日大US2015-94
 [more] US2015-94
pp.61-66
US 2015-12-21
13:30
東京 日本大学理工学部 駿河台キャンパス 円形たわみ振動板と円筒剛壁一体構造の空中超音波音源による集束音場
柴内湧太淺見拓哉三浦 光日大US2015-74
空中超音波音源から放射された音波を反射板によって集束させるための装置は,音源と複数の反射板を用いているため,装置を構成す... [more] US2015-74
pp.1-6
US 2015-12-21
14:45
東京 日本大学理工学部 駿河台キャンパス 縦振動子とねじり振動子を用いた超音波複合振動源の開発
淺見拓哉三浦 光日大US2015-77
筆者らは,面状の振動軌跡による種々の超音波応用加工を考えている.現在,筆者らが用いている面状の振動軌跡を得る方法は,斜め... [more] US2015-77
pp.19-22
US 2015-05-25
13:30
東京 機械振興会館 強力空中超音波音源によって非接触微粒化された液滴の粒径に関する検討
遠藤有紗淺見拓哉三浦 光日大US2015-9
液滴の微粒化は液体の成分分析を行う装置である質量分析器などで必要とされている.これまでの微粒化方法としては,熱で液体を微... [more] US2015-9
pp.1-5
US 2014-12-15
13:55
東京 東京工業大学 すずかけ台キャンパス 4枚の凸端駆動たわみ振動板を用いた空中定在波音場の形成
内藤広基淺見拓哉三浦 光日大US2014-66
駆動点が外部にある凸端駆動たわみ振動板型音源は空気中に強力な超音波を放射する。これまで、この振動板の縞モードが現れる寸法... [more] US2014-66
pp.5-10
US 2014-12-15
14:20
東京 東京工業大学 すずかけ台キャンパス 面状振動軌跡を用いた異種金属の超音波接合法 ~ 接合面積に対する接合強度 ~
淺見拓哉齋藤大貴杉山 慶三浦 光日大US2014-67
発熱を用いた接合方法であるスポット溶接等では困難な異種金属同士の薄板金属の接合,また低抵抗な金属の接合を行う方法として超... [more] US2014-67
pp.11-16
US 2014-05-26
13:30
東京 機械振興会館 2つの駆動周波数による面状軌跡を用いた超音波接合の検討
淺見拓哉齋藤大貴杉山 慶三浦 光日大US2014-8
超音波振動による金属接合に用いられる振動軌跡について,これまで様々な検討が行われ,接合対象に対して二次元の応力を印加する... [more] US2014-8
pp.1-6
US 2013-12-18
14:30
東京 日本大学 駿河台キャンパス 超音波振動を用いた微細気泡による水中の溶存酸素濃度の上昇
中田雅之淺見拓哉三浦 光日大US2013-76
水質改善は溶存酸素濃度を増加させることで可能であり,効率よく溶存酸素濃度を増加させる方法に超音波照射による微細気泡生成方... [more] US2013-76
pp.13-18
US 2013-12-18
15:00
東京 日本大学 駿河台キャンパス 面状振動軌跡を用いた異種金属の超音波接合の基礎検討
淺見拓哉斎藤大貴杉山 慶三浦 光日大US2013-77
従来,超音波振動による金属の接合に用いられる振動の軌跡は直線状の軌跡が用いられてきた.この直線状軌跡の振動を用いた金属接... [more] US2013-77
pp.19-24
US 2013-02-19
13:50
東京 機械振興会館 2枚の短冊形たわみ振動板を用いた空中超音波音源による液滴の非接触微粒化
柳本聖月三浦 光日大US2012-113
筆者らは液滴の新しい微粒化方法として,短冊形たわみ振動板型超音波音源を用いた空中超音波による非接触微粒化の検討を行ってい... [more] US2012-113
pp.13-18
US, EA
(併催)
2013-01-25
14:20
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 凸端駆動による縞モードたわみ振動板型空中超音波音源の開発 ~ 凸端部を中央以外にした場合の基礎検討 ~
松本達也三浦 光日大US2012-108
空中に強力な超音波を放射する音源として平板の縞モードたわみ振動を利用した空中超音波音源がある.これまで,この音源は駆動点... [more] US2012-108
pp.113-118
US, EA
(併催)
2013-01-25
14:40
京都 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 2つの駆動周波数を用いた縦-ねじり複合振動による超音波接合の基礎検討
坂井良平淺見拓哉三浦 光日大US2012-109
超音波振動による金属の接合に, 縦-ねじり複合振動を用いた方法がある. しかし, この方法は, 振動の軌跡が直線状になり... [more] US2012-109
pp.119-124
US 2012-12-18
15:15
神奈川 東京工業大学 すずかけ台キャンパス 縦-ねじり超音波複合振動による脆性材料の穴あけ加工特性 ~ 加工圧と加工時間の関係 ~
淺見拓哉三浦 光日大US2012-84
縦-ねじり振動変換器である斜めスリットを用いた複合振動源の応用として,超音波溶接や超音波アクチュエータなどがある.しかし... [more] US2012-84
pp.23-28
US 2012-08-27
11:40
海外 釜慶大学校(韓国、釜山) Characteristics of Machining Time of Brittle Material by Ultrasonic Complex Vibration Machining
Takuya AsamiHikaru MiuraNihon Univ.US2012-36
Using a combination of ultrasonic vibration and polishing sl... [more] US2012-36
pp.13-16
US 2012-04-25
15:10
東京 日本大学理工学部駿河台キャンパス1号館2階121会議室 縦-ねじり超音波複合振動による脆性素材の穴あけ加工特性 ~ 縦振動と複合振動による加工時間の比較 ~
淺見拓哉三浦 光日大US2012-5
縦-ねじり振動変換器である斜めスリットを用いた複合振動体の応用として,超音波溶接や超音波アクチュエータなどが試みられてい... [more] US2012-5
pp.23-28
 50件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会