お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 55件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2012-03-09
10:30
宮崎 宮崎シーガイア 大規模なマルチレイヤネットワーク設計問題における計算時間の高速化手法
見越大樹竹中豊文日大)・杉山隆太増田暁生塩本公平平松 淳NTTNS2011-221
光パスレベルのネットワークとIPトラヒックレベルのネットワークからなるマルチレイヤネットワークの最適化を,線形計画問題を... [more] NS2011-221
pp.237-242
NS, IN
(併催)
2012-03-09
09:30
宮崎 宮崎シーガイア ALMにおけるリーフノードを考慮した予備接続による安定ツリー構築手法
田中玄記見越大樹竹中豊文日大NS2011-226
ALM(Application Layer Multicast)では,エンドホスト間のユニキャストによりマルチキャストの... [more] NS2011-226
pp.265-270
IN, NS
(併催)
2011-03-03
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター フォトニクスネットワークにおける光パス延命を利用した動的トラヒックグルーミング特性の改善
後藤優太竹中豊文日大NS2010-164
複数のトラヒックを1本の波長に収容する技術として,トラヒックグルーミングがある.動的にトラヒックが発生する環境でのトラヒ... [more] NS2010-164
pp.7-12
IN, NS
(併催)
2011-03-04
08:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター Ad-hocネットワークにおけるトラヒック削減のためのゲートウェイ選択手法
森岡俊英竹中豊文日大NS2010-208
ユビキタスネットワーク社会においては,ほとんどの通信が,通信事業者が設置した通信インフラ設備を介して行われている.しかし... [more] NS2010-208
pp.257-262
IN, NS
(併催)
2011-03-04
09:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター センサネットワークにおける準ブロックノードを用いた転送保証型地理的ルーチング
池田恭平竹中豊文日大NS2010-210
地理的ルーチングの代表的なルーチング手法であるGreedyルーチングでは,デッドエンド問題があり,データの破棄が発生する... [more] NS2010-210
pp.269-274
NS, ICM, CQ
(併催)
2010-11-18
09:20
京都 京都大学 桂キャンパス OBSにおける遅延制約を考慮したFDL利用による棄却率の改善
青木千明見越大樹竹中豊文日大NS2010-89
OBS (Optical Burst Switching)でのQoS制御に関する従来研究に,Preemptionベースの... [more] NS2010-89
pp.7-12
NS, IN
(併催)
2010-03-04
11:10
宮崎 宮崎シーガイア 入力フロー最適化手法における局所的なトラヒック観測によるネットワークスループット改善
見越大樹竹中豊文日大)・藤原貴之増田暁生塩本公平NTTNS2009-169
 [more] NS2009-169
pp.43-48
NS, IN
(併催)
2010-03-05
09:50
宮崎 宮崎シーガイア P2Pネットワークにおける適応型ハイブリッド検索方式
遠藤吉朗竹中豊文日大NS2009-208
Unstructured型P2Pネットワークでは,リクエスタがQueryをネットワークへ送信し,検索対象を持つピアがQu... [more] NS2009-208
pp.265-268
NS, IN
(併催)
2010-03-05
13:00
宮崎 宮崎シーガイア OBSネットワークにおけるフローベースの品質制御
青木千明見越大樹竹中豊文日大NS2009-234
OBS (Optical Burst Switching)分野のQoS 制御に関する従来研究では,品質クラス毎に制御する... [more] NS2009-234
pp.405-408
NS, IN
(併催)
2010-03-05
13:20
宮崎 宮崎シーガイア 文献の参照関係を視覚化するアプリケーションの提案・実装
清水成昭竹中豊文日大IN2009-209
本稿では,文献のサーベイ活動を支援するため,文献関連情報を視覚化する手法を提案する.研究活動において,文献のサーベイ活動... [more] IN2009-209
pp.389-394
NS, IN
(併催)
2010-03-05
13:20
宮崎 宮崎シーガイア センサネットワークにおけるGDH.3を利用した暗号通信方式
三瓶大樹竹中豊文日大NS2009-243
近年注目を集めているセンサネットワークでは,通信時におけるセキュリティが,まだ十分に確保されていない.
本稿では, 通... [more]
NS2009-243
pp.457-460
NS 2009-12-10
13:25
愛媛 愛媛大学 センサネットワークにおける電力を抑えたクラスタリング手法
門間伸一見越大樹竹中豊文日大NS2009-121
 [more] NS2009-121
pp.7-10
NS 2009-12-11
09:55
愛媛 愛媛大学 フォトニックネットワークにおける耐故障性を考慮したパス計算アルゴリズム
柳 洋竹中豊文日大NS2009-131
フォトニックネットワークにおける光パス設定では,故障時のパケット損失を最小限に収めるため,早急なパスの復旧を行う必要があ... [more] NS2009-131
pp.63-66
NS 2009-12-11
11:35
愛媛 愛媛大学 ALMにおける予備の接続先を用いた安定したツリーの構築
小野寺 宙竹中豊文日大NS2009-135
ALM(Application Layer Multicast)では,エンドホスト間のユニキャストにより,マルチキャスト... [more] NS2009-135
pp.85-88
IN, NS
(併催)
2009-03-03
09:00
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル フォトニックネットワークにおける耐故障性を考慮したパス計算アルゴリズム
柳 洋竹中豊文日大NS2008-156
フォトニックネットワークにおける光パス設定では,故障時のパケット損失を最小限に収めるため,早急なパスの復旧を行う必要があ... [more] NS2008-156
pp.75-78
IN, NS
(併催)
2009-03-03
10:30
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 複数フロー環境下での遅延制約を考慮した経路計算アルゴリズムの特性
晒谷光一竹中豊文日大NS2008-160
ネットワークの高速大容量化に伴い,音声・映像等のリアルタイム通信が普及してきており,将来的にはHDTVなどの,より高画質... [more] NS2008-160
pp.95-99
IN, NS
(併催)
2009-03-04
09:00
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル アドホックネットワークにおけるパケット到達率改善ためのODMRPの拡張
岐部貴彦竹中豊文日大NS2008-226
アドホックネットワークは,大部分が移動性・携帯性をもつ無線中継端末の集合体である.それゆえに,無線中継端末間で通信経路を... [more] NS2008-226
pp.469-472
IN, NS
(併催)
2009-03-04
09:20
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル センサネットワークにおける電力を抑えたクラスタリング手法
門間伸一竹中豊文日大NS2008-227
バッテリー駆動型端末により構築されるセンサネットワークでは,端末に電力を供給することが困難であり,消費電力を抑える必要が... [more] NS2008-227
pp.473-478
IN, NS
(併催)
2009-03-04
09:40
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル ALMにおける予備の接続先を用いた安定したツリーの構築法の提案
小野寺 宙竹中豊文日大NS2008-228
ALM(Application Layer Multicast)では,エンドホスト間のユニキャストにより,マルチキャスト... [more] NS2008-228
pp.479-482
NS, IN
(併催)
2008-03-06
11:10
沖縄 万国津梁館(沖縄) IP網における入力トラヒックフローの最適化
見越大樹竹中豊文日大)・大木英司塩本公平NTTNS2007-148
本論文は,ネットワークへの入出力トラヒック量のみを用いて,エッジノードごとに入力トラヒックの制限率を規定して,受付判定す... [more] NS2007-148
pp.105-108
 55件中 21~40件目 [前ページ]  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会