電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 37件中 21~37件目 [前ページ]  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIP, EA, SP
(共催)
2015-03-02
09:50
沖縄 ホテルミヤヒラ(石垣島) 多チャンネル階乗隠れマルコフモデルと混合DOAモデルによる音源分離・到来方向推定・音響イベント検出・残響除去の統合的アプローチ
樋口卓哉東大)・亀岡弘和東大/NTTEA2014-74 SIP2014-115 SP2014-137
本稿では,ブラインド音源分離,残響除去,音響イベント検出,到来方向推定などの音響情景分析に関する諸問題を取り扱う.我々は... [more] EA2014-74 SIP2014-115 SP2014-137
pp.13-18
IBISML 2014-11-17
17:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]補助関数法に基づく制約付きボルツマンマシンの学習アルゴリズム
高宗典玄東大)・亀岡弘和東大/NTTIBISML2014-56
深層学習の重要な一要素として,レイヤーワイズのpre-training がある.レイヤーワイズのpre-training... [more] IBISML2014-56
pp.161-168
IBISML 2014-11-17
17:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]多チャンネル階乗隠れマルコフモデルによる音響情景分析のための統合的アプローチ
樋口卓哉東大)・亀岡弘和東大/NTTIBISML2014-57
本研究では,音源分離・音響イベント検出・残響除去・音源の到来方向推定という,音響情景分析に関する諸問題を取り扱う.これら... [more] IBISML2014-57
pp.169-176
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-24
08:50
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 音学シンポジウム2014の開催にあたって
亀岡弘和東大/NTT)・饗庭絵里子電通大)・大石康智NTT)・北原鉄朗日大)・北村達也甲南大)・佐藤庄衛NHK)・戸上真人日立)・戸田智基奈良先端大)・吉井和佳京大SP2014-1
 [more] SP2014-1
pp.1-3
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-24
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [研究紹介]確率的モデル化に基づく移動音源の劣決定ブラインド音源分離
樋口卓哉高宗典玄中村友彦東大)・亀岡弘和東大/NTTSP2014-20
移動音源を対象とした劣決定ブラインド音源分離の問題を扱う.実環境では,音源が移動することによって,音源からマイクまでの伝... [more] SP2014-20
pp.211-216
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [研究紹介]音声F0パターン生成過程の確率モデルによるテキストからの韻律生成
門脇健人石原達馬北条伸克東大)・亀岡弘和東大/NTTSP2014-28
本研究では,テキスト音声合成を目的としてテキストからF0パターンを生成する問題を扱う.テキスト音声合成において隠れマルコ... [more] SP2014-28
pp.309-314
SP 2013-11-21
15:00
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 複合ウェーブレットトラジェクトリモデルに基づく音声合成
北条伸克亀岡弘和嵯峨山茂樹東大SP2013-73
 [more] SP2013-73
pp.13-18
EA 2012-12-14
14:20
東京 国立情報学研究所 [招待講演]非負値行列因子分解とその音響信号処理応用
亀岡弘和東大/NTTEA2012-118
実世界にはパワースペクトル,画素値,頻度など,非負値で表されるデータが多い。このように非負値で表されたデータを有意な加法... [more] EA2012-118
pp.53-58
PRMU, NLC
(共催)
2012-06-29
16:30
東京 早稲田大学 モンドリアンHMMによる音楽信号の解析
中野允裕大石康智亀岡弘和向井 良柏野邦夫NTTNLC2012-8 PRMU2012-28
本稿では, 隠れマルコフモデルの拡張として, 隠れ状態のペアである状態遷移の中のクラスタを抽出する能力を有した新しいモデ... [more] NLC2012-8 PRMU2012-28
pp.31-36
PRMU, NLC
(共催)
2012-06-29
17:00
東京 早稲田大学 ノンパラメトリックベイズアプローチに基づく音響イベント検出
大石康智NTT)・持橋大地松井知子統計数理研)・中野允裕亀岡弘和泉谷知範柏野邦夫NTTNLC2012-9 PRMU2012-29
膨大な音や映像のメディアデータを自在に検索して活用するためには,付随するテキストデータに頼るだけではなく,それぞれの中身... [more] NLC2012-9 PRMU2012-29
pp.37-42
PRMU, SP
(共催)
2012-02-10
13:40
宮城 東北大学 青葉山キャンパス [招待講演]数理モデルによる音楽情報処理
嵯峨山茂樹東大)・小野順貴NII)・亀岡弘和東大/NTTPRMU2011-229 SP2011-144
 [more] PRMU2011-229 SP2011-144
p.193
PRMU, FM
(共催)
2010-12-09
09:30
山口 山口大学 大学会館 半教師付き正準密度推定法に基づく音響信号の自動タグ付けと検索
高木 潤東工大)・大石康智木村昭悟NTT)・杉山 将山田 誠東工大)・亀岡弘和NTTPRMU2010-126
本論文では音響信号自動タグ付け・検索問題に対し,半教師付き正準密度推定法SSCDE(Semi-supervised ca... [more] PRMU2010-126
pp.1-6
SP 2010-11-18
15:15
愛知 愛知県立大学 全極型声道モデルとF0パターン生成過程モデルを内部にもつ統計的音声スペクトルモデル
亀岡弘和NTTSP2010-74
音声情報処理研究の歴史において,音声生成過程に関する重要な数理モデルとして,声帯振動の制御機構を模した藤崎モデルと,縦続... [more] SP2010-74
pp.29-34
SP 2010-11-19
10:15
愛知 愛知県立大学 線形2次系を利用した歌声のF0ダイナミクスの統計的モデル化と分析
大石康智亀岡弘和持橋大地永野秀尚柏野邦夫NTTSP2010-80
本報告では,歌声の基本周波数(F0)系列に含まれる,ビブラートやオーバーシュートのような動的変動成分(ダイナミクス)を統... [more] SP2010-80
pp.65-70
IBISML 2010-11-04
15:00
東京 東大生産研 [ポスター講演]モーダル間の共起関係を考慮した階層的トピック軌跡モデルによる映像認識検索
中野拓帆東大)・木村昭悟亀岡弘和NTT)・宮部滋樹嵯峨山茂樹小野順貴東大)・柏野邦夫NTT)・西本卓也東大IBISML2010-73
本稿では,与えられた映像に適合するメタ情報を提示する映像認識(automatic video annotation) と... [more] IBISML2010-73
pp.105-112
EA 2006-12-15
15:00
京都 NTTコミュニケーション基科研(京阪奈) 音声スパース性に基づく2chBSSへのEMアルゴリズムの適用
和泉洋介亀岡弘和小野順貴嵯峨山茂樹東大
 [more] EA2006-96
pp.43-48
EA 2006-12-15
15:30
京都 NTTコミュニケーション基科研(京阪奈) 正弦波重畳モデルのパラメータ最適化アルゴリズムの導出
亀岡弘和小野順貴嵯峨山茂樹東大
 [more] EA2006-97
pp.49-54
 37件中 21~37件目 [前ページ]  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会