お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 399件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITS, WBS, RCC
(共催)
2020-12-15
13:25
ONLINE オンライン開催 MEMSセンサによる大気圧、加速度、角速度などの情報を用いた走行車両位置推定方法の検討
ズル フィクリ ビン バハリン横田孝義鳥取大
 [more]
SIS 2020-12-01
10:00
ONLINE オンライン開催 MFCCによる喉頭疾患判別に関する一検討
名村智博笹岡直人伊藤良生鳥取大
 [more]
R 2020-11-30
13:25
ONLINE オンライン開催 E/E/PE安全関連系ソフトウェアに対する安全度評価に関する一考察
井上真二関西大)・藤原隆次SRATECH Lab. Inc.)・山田 茂鳥取大
 [more]
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2020-11-26
10:00
ONLINE オンライン開催 広帯域シングルキャリア通信における周波数オフセット存在下の各種周波数依存性IQインバランスに対するブラインド補償
森 秀樹中川匡夫笹岡直人鳥取大)・李 斗煥NTT
 [more]
R 2020-10-16
13:00
ONLINE オンライン開催 ビックデータからの外的要因を考慮した大規模OSS開発工数管理のための一般化ジャンプ拡散過程モデル
東久保 駿田村慶信東京都市大)・山田 茂鳥取大R2020-19
ソフトウェアサービスの現状としては,オープンソースソフトウェア(Open Source Software 以下 OSSと... [more] R2020-19
pp.1-6
R 2020-10-16
13:25
ONLINE オンライン開催 OSSに対するディープラーニングに基づくEVMによる進捗管理手法と適合性評価
多田幸二郎田村慶信東京都市大)・山田 茂鳥取大R2020-20
現在,多くのオープンソースソフトウェアが開発されている.その一方で,世界中の人々が様々な環境下でオープンソースプロジェク... [more] R2020-20
pp.7-12
R 2020-10-16
13:50
ONLINE オンライン開催 GUIを考慮した深層学習に基づく最適メンテナンス時刻の推定に関する考察
柳澤 拓田村慶信東京都市大)・山田 茂鳥取大R2020-21
これまでに提案されてきたソフトウェア信頼性モデルの多くはソフトウェア開発におけるテスト工程を対象としたモデルである.
... [more]
R2020-21
pp.13-18
SIS, ITE-BCT
(連催)
2020-10-02
10:00
ONLINE オンライン開催 複数のバーチャルマイクロホンを用いたANCに関する検討
小島一輝岡野圭佑松久昂平笹岡直人伊藤良生鳥取大SIS2020-22
Active Noise Control(ANC)とは音響空間において、騒音と疑似騒音を重ね合わせることにより消音を行う... [more] SIS2020-22
pp.61-65
SIS, ITE-BCT
(連催)
2020-10-02
10:20
ONLINE オンライン開催 バイノーラルMWF突発性騒音抑圧のための騒音相関行列の推定に関する検討
中嶋 一笹岡直人伊藤良生鳥取大SIS2020-23
騒音を含む音響環境で聴覚障害のある被験者の音声明瞭度を向上させることは,依然として主要な研究課題である.突発性騒音とは,... [more] SIS2020-23
pp.66-70
IN, CCS
(併催)
2020-08-04
13:25
ONLINE オンライン開催 短期記憶と非線形変換能力に基づくリザーバ計算性能の評価
池田佳昭・○吉村和之鳥取大CCS2020-15
 [more] CCS2020-15
pp.17-22
SITE, ISEC, HWS, EMM, BioX, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2020-07-20
11:15
ONLINE オンライン開催 知覚できない視覚刺激を用いた個人認証 ~ ウェーブレット変換と機械学習による識別性能の改善 ~
三宅崇弘金城希望中西 功鳥取大ISEC2020-17 SITE2020-14 BioX2020-20 HWS2020-10 ICSS2020-4 EMM2020-14
 [more] ISEC2020-17 SITE2020-14 BioX2020-20 HWS2020-10 ICSS2020-4 EMM2020-14
pp.21-26
R 2020-07-11
13:50
ONLINE オンライン開催 3Vモデルと開発工数を考慮した確率微分方程式モデルに基づく最適メンテナンス問題
田村慶信杉崎航大東京都市大)・山田 茂鳥取大R2020-7
 [more] R2020-7
pp.13-18
IPSJ-AVM, ITE-3DIT
(共催)
SIS
(連催) [詳細]
2020-06-04
13:40
ONLINE オンライン開催 2次元畳み込みニューラルネットワークに基づく非接触心拍数推定
木村舞衣笹岡直人鳥取大)・イバン バジックSFU)・伊藤良生鳥取大SIS2020-8
 [more] SIS2020-8
pp.43-48
MI, IE, SIP, BioX
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2020-05-29
11:00
ONLINE オンライン開催 超音波による誘発脳波を用いた個人識別 ~ 計算量削減とフラクタル次元特徴の導入 ~
向井宏太朗中西 功鳥取大SIP2020-10 BioX2020-10 IE2020-10 MI2020-10
 [more] SIP2020-10 BioX2020-10 IE2020-10 MI2020-10
pp.47-51
HIP, HCS
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2020-05-15
10:20
ONLINE オンライン開催 書字運動の知覚は文字習得を促進するか ~ キリル文字を用いた検討 ~
田中大介浅田凱斗鳥取大HCS2020-11 HIP2020-11
文字を学習する際に,文字の書字運動を含んだアニメーションで呈示される場合と静止画像を呈示される場合とで,学習成績が異なる... [more] HCS2020-11 HIP2020-11
pp.53-57
ITS, IEE-ITS
(連催)
2020-03-10
14:30
滋賀 立命館大学(BKC) 大気圧センサによる標高計測を用いた位置推定方法の検討
杉浦彦音・○横田孝義鳥取大ITS2019-63
 [more] ITS2019-63
pp.53-56
SIS 2020-03-05
16:10
埼玉 埼玉会館 内視鏡操作の動作解析のためのOpenPoseと深度情報を用いた3次元姿勢推定
安部裕貴近藤克哉三柴 数鳥取大)・下田智大MICOTOテクノロジー)・藤井政至上原一剛鳥取大医学部附属病院)・植木 賢鳥取大SIS2019-46
本報告は,1 台のカメラで撮影された内視鏡操作映像から 3 次元動作解析する際,操作者の 3 次元姿勢のキーポイントを精... [more] SIS2019-46
pp.51-56
SIS 2020-03-06
10:40
埼玉 埼玉会館 パーティクルフィルタを用いた熱赤外画像の隠れを伴う人物の追跡
塚原康平近藤克哉三柴 数鳥取大SIS2019-51
画像処理での物体追跡を困難とする要因の一つに隠れの問題がある.特に相関法においては隠れの影響が大きい.本報告では,熱赤外... [more] SIS2019-51
pp.79-84
SIS 2020-03-06
11:00
埼玉 埼玉会館 リングフィルタを用いた多様な輝度の複数移動物体の検出
成田剛志西山凌登・○近藤克哉鳥取大SIS2019-52
移動物体は背景差分やフレーム間差分処理により検出できることが多い.しかし物体の一部が遮蔽され,さらには時間経過に伴い,そ... [more] SIS2019-52
pp.85-90
BioX, CNR
(共催)
2020-03-04
17:10
東京 セコム原宿本社セコムホール 指圧・指接触面積の検出性能調査とそれらを前置き分類器とした簡易シンボル指書き認証
柵木洋平高橋篤史・○中西 功鳥取大BioX2019-66 CNR2019-49
 [more] BioX2019-66 CNR2019-49
pp.25-30
 399件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会