お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2021-10-24
16:20
ONLINE オンライン開催 規範モデルとしての経営日本語教育コースの開発と実践 ~ GMAIS(Global Model Architecture Information System)とPIACS(Practica Inntelligence Acquisition & control system )による総合経営日本語教育システム ~
沢 恒雄遊工学研TL2021-21
専門日本語教育の関連では、規範モデルたるものがない。日本語に加えて専門領域の2面からの教育が求められる。思考支援システム... [more] TL2021-21
pp.22-27
NLC 2021-09-16
17:55
ONLINE オンライン開催 日本語教育のオノマトペ基準について考察
沢 恒雄遊工学研NLC2021-17
日本語教育におけるオノマトペ教育に関する実績も教材開発の研究実績は少ない。
今回は、岡谷英夫博士の博士論文の紹介を核と... [more]
NLC2021-17
pp.51-56
HCS 2015-08-22
13:30
京都 立命館大学朱雀キャンパス 総合思考支援システムGMPIA応用の協働時における省察の研究
沢 恒雄YUKOKENHCS2015-50
PIACSは、経験知を獲得するシステムである。GMAISは、思考支援環境、集団意思決定支援や合意形成支援環境を提供するシ... [more] HCS2015-50
pp.51-58
NLC, TL
(共催) [詳細]
2015-06-05
14:55
徳島 徳島大学 経営日本語教育システムの概要
沢 恒雄遊工学研TL2015-14 NLC2015-14
専門日本語教育の専門を経営として,経営日本語教育コースを開発、実践、評価を行った。
専門日本語教育に関わる人と組織にと... [more]
TL2015-14 NLC2015-14
pp.79-84
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会