電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


音声研究会(SP) [schedule] [select]
専門委員長 山下 洋一 (立命館大)
副委員長 李 晃伸 (名工大)
幹事 南條 浩輝 (京大), 坂野 秀樹 (名城大)
幹事補佐 郡山 知樹 (東工大), 小橋川 哲 (NTT)

パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) [schedule] [select]
専門委員長 佐藤 真一 (NII)
副委員長 井尻 善久 (オムロン), 玉木 徹 (広島大)
幹事 石井 雅人 (NEC), 菅野 裕介 (阪大)
幹事補佐 入江 豪 (NTT), 牛久 祥孝 (東大)

日時 2018年 6月28日(木) 13:00 - 18:00
2018年 6月29日(金) 10:00 - 17:00
議題 マルチモーダル/クロスモーダルな認識、生成 
会場名 信州大学工学部 信州科学技術総合振興センター(SASTec)E1棟 3F 大会議室 
住所 〒380-8553 長野県長野市若里4-17-1
交通案内 1. JR長野駅東口から長電バス21番のりば「日赤線」に乗車(5分)、バス停「信大工学部」下車。(徒歩2分) 長電バス 路線バス案内(http://www.nagadenbus.co.jp/local/) 2. JR長野駅善光寺口を出てアルピコバス2番のりばで、「日赤経由大塚南行き」、「松岡行き」、「ビッグハット行き」のいずれかに乗車(8分)、バス停「信大工学部前」下車。(徒歩5分) アルピコ交通 長野市周辺バス案内(http://www.alpico.co.jp/access/nagano/) 3. JR長野駅東口より徒歩15分。
https://www.shinshu-u.ac.jp/access/nagano_technology/
会場世話人
連絡先
信州大学 工学部 電子情報システム工学科 白井 啓一郎
026-269-5486
他の共催 ◆日本音響学会 音声研究会共催, IEEE Signal Processing Society Tokyo Joint Chapter 協賛
お知らせ ◎28日研究会終了後、簡易懇親会を予定していますので御参加ください。
会場:信州大学工学部 信州科学技術総合振興センター(SASTec)E1棟 3F 休憩室
日時:2018年6月28日木曜日 18時20分から1時間程度
費用:1,000円(予定)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(PRMU研究会, SP研究会)についてはこちらをご覧ください.

6月28日(木) 午後  招待講演1
座長: 堀田 一弘(名城大学)
13:00 - 13:50
(1) 13:00-13:50 [招待講演]深層学習によるロボットの能動知覚と物体ハンドリング 尾形哲也早大/産総研
  13:50-14:10 休憩 ( 20分 )
6月28日(木) 午後  テーマセッション1
座長: 坂野 秀樹(名城大学)
14:10 - 16:10
(2) 14:10-14:40 音声認識のための画像特徴量を用いた言語モデルの検討 萩原愛子伊藤 均一木麻乃三島 剛佐藤庄衛NHK
(3) 14:40-15:10 音声と口唇形状を用いた声質変換による舌亜全摘出者の音韻明瞭度改善の検討 荻野聖也村上博紀原 直阿部匡伸岡山大
(4) 15:10-15:40 深層ボトルネック特徴と深層正準相関分析を用いたマルチモーダル声質変換 田村哲嗣堀尾健斗遠藤 肇速水 悟岐阜大)・戸田智基名大
(5) 15:40-16:10 映像中の物体振動モードを利用した音源復元 布施陽平安見祐亮滝口哲也神戸大
  16:10-16:30 休憩 ( 20分 )
6月28日(木) 午後  ディスカッションセッション1
座長: 入江 豪(NTT)
16:30 - 18:00
(6) 16:30-16:45 トピックモデル解の多様性の分析 内山俊郎北海道情報大
(7) 16:45-17:00 マルチモーダル学習による創造的なフォント探索支援 崔 セミ東大)・グロリア ジェンニク セベトレント大)・相澤清晴東大
(8) 17:00-17:15 Gated Attention moduleを用いたセマンティックセグメンテーション 平松侑樹堀田一弘名城大
  - 個別ディスカッション

PRMU研究会の新しい取り組みの1つで,研究会はアイデアを議論する場であるという考え方に立った,議論重視のセッションです.通常の1時間半のセッションは「3人の発表者がそれぞれ20分発表+質疑10分だけして終わる」というスタイルで,議論が不完全燃焼で終わることも数多くありました.PRMUが試験的に導入する新しいスタイルのセッションは,「3人の発表者が連続して15分ずつの発表を行った後,残り45分間で個別に並列してディスカッションする」という,徹底的に議論をしようというものです.皆様の積極的なご参加をお願いいたします.
6月29日(金) 午前  一般セッション1
座長: 郡山 知樹(東京工業大学)
10:00 - 12:00
(9) 10:00-10:30 Revisiting interference-free power spectral representations of periodic signals Hideki KawaharaWakayama Univ.)・Masanori MoriseUniv. Yamanashi)・Kanru HuaUniv. Illinois
(10) 10:30-11:00 Analysis of speech-to-texture sentiment association characteristics Win Thuzar KyawYoshinori SagisakaWaseda Univ.
(11) 11:00-11:30 時間構造を考慮したニューラルネットワークに基づく音声合成における話者適応の検討 中尾健人橋本 佳大浦圭一郎南角吉彦徳田恵一名工大
(12) 11:30-12:00 RNNに基づく音響ベクトル時系列の文書ベクトルへのマッピング 西村良太檜垣美帆北岡教英徳島大
  12:00-13:00 休憩 ( 60分 )
6月29日(金) 午後  招待講演2
座長: 山下 洋一(立命館大学)
13:00 - 13:50
(13) 13:00-13:50 [招待講演]深層学習のためのCo-Design 篠田浩一東工大
  13:50-14:10 休憩 ( 20分 )
6月29日(金) 午後  ディスカッションセッション2
座長: 木村 昭悟(NTT)
14:10 - 15:10
(14) 14:10-14:25 複数の多次元系列間における対応次元の発見 ~ 等価性構造抽出技術の高速化と応用 ~ 佐藤聖也産総研)・高橋良暢電通大)・山川 宏ドワンゴ
(15) 14:25-14:40 オフライン手書き楽譜中の音楽記号の分類と音高認識の研究 早川優木若林哲史三宅康二三重大)・大山 航九大
  - 個別ディスカッション
  15:10-15:30 休憩 ( 20分 )
6月29日(金) 午後  PRMU委員特別企画セッション
座長: 藤村 亮太(パナソニック)
15:30 - 17:00
(16) 15:30-17:00 PRMU運営委員による研究紹介

PRMU運営委員のメンバーは,基礎から実応用まで,さまざまな関連分野で幅広く,第一線で活躍しています.そのPRMU委員が,最近の研究やこれまでの研究成果,携わったプロジェクトや開発した製品などを紹介します.

堀田 一弘(名城大学)「ディープラーニングによる細胞内画像処理」
白井 啓一郎(信州大学)「画像信号処理と木簡の文字画像認識への応用の紹介」
入江 豪(NTT)「クロスモーダル情報処理 ~特徴学習と情景分析~」
木村昭悟(NTT)「希少データからのニューラルネットワークの学習」

(予定:4人x各20分程度)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
SP 音声研究会(SP)   [今後の予定はこちら]
問合先  
PRMU パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)   [今後の予定はこちら]
問合先 PRMU研究会幹事宛 pr-orzer 


Last modified: 2018-12-19 16:29:40


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[PRMU研究会のスケジュールに戻る]   /   [SP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会