電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 佐和橋 衛 (武蔵工大)
副委員長 上杉 充 (パナソニック), 大鐘 武雄 (北大)
幹事 岡本 英二 (名工大), 樋口 健一 (東京理科大)
幹事補佐 淺井 裕介 (NTT), 石井 直人 (NEC), 原 嘉孝 (三菱電機)

ソフトウェア無線研究会(SR) [schedule] [select]
専門委員長 高田 潤一 (東工大)
副委員長 眞田 幸俊 (慶大), 上原 一浩 (NTT)
幹事 阪口 啓 (東工大), 藤井 威生 (電通大)
幹事補佐 梅林 健太 (東京農工大), 青木 亜秀 (東芝)

アドホックネットワーク研究会(AN) [schedule] [select]
専門委員長 阪田 史郎 (千葉大)
幹事 田中 久陽 (電通大), 井戸上 彰 (KDDI研)
幹事補佐 岡田 啓 (新潟大), 笠井 裕之 (電通大)

モバイルマルチメディア通信研究会(MoMuC)
専門委員長 大矢 智之 (NTTドコモ)
副委員長 上岡 英史 (芝浦工大)
幹事 田頭 茂明 (九大), 小川 将克 (NTT)
幹事補佐 森野 博章 (芝浦工大), 菊入 圭 (NTTドコモ)

日時 2009年 3月 4日(水) 09:00 - 17:50
2009年 3月 5日(木) 09:00 - 17:40
2009年 3月 6日(金) 09:00 - 17:50
議題 移動通信ワークショップ 
会場名 横須賀テレコムリサーチパーク 
住所 〒239-0847 神奈川県横須賀市光の丘3-4 YRPセンター1番館
交通案内 京浜急行線YRP野比駅からバス10分.光の丘5番下車
http://www.yrp.co.jp/yrp/access/access.html
他の共催 ◆IEEE VTS Japan Chapter,YRP研究開発推進協会共催,NICT協賛
お知らせ ◎5日(木)研究会終了後,懇親会を予定していますので奮って御参加ください.
懇親会費(一般:3000円、学生:1500円)
◎YRP1番館エントランスにて技術・製品展示を行います.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

3月4日(水) 午後  RCS(YRPホール)
09:00 - 11:55
(1)
RCS
09:00-09:20 直交多項式に基づく適応プレディストータにおけるマルチキャリア信号に対する歪み補償パラメータの最適化速度の改善 RCS2008-212 金子 勇牟田 修赤岩芳彦九大
(2)
RCS
09:20-09:40 クリッピング歪み補償を適用したOFDM方式の設計に関する検討 RCS2008-213 内野 徹落合秀樹横浜国大
(3)
RCS
09:40-10:00 トレリスシェイピングを用いたPSK信号のピーク電力低減法のFPGA実装および性能評価 RCS2008-214 北川裕之棚橋 誠落合秀樹横浜国大
(4)
RCS
10:00-10:20 A Systematic Consideration of Discrete Approximation of a Class of Approximately Band-limited Signals by FIR Filter Bank RCS2008-215 Yuichi KidaOhu Univ.)・○Takuro KidaProf. Emeritus, of Tokyo Inst. of Tech.
  10:20-10:35 休憩 ( 15分 )
(5)
RCS
10:35-10:55 Sixty GHz Band Vehicle Area Network for Multimedia Communications RCS2008-216 Hirokazu SawadaTomohide TomatsuTohoku Inst. of Tech.)・Hiroyuki NakaseTohoku Univ.)・Shuzo KatoTohoku Univ./NICT)・Katsuyoshi SatoHiroshi HaradaNICT
(6)
RCS
10:55-11:15 時空間ブロック符号化送受信ダイバーシチのスループット特性 RCS2008-217 留場宏道安達文幸東北大
(7)
RCS
11:15-11:35 巡回遅延ダイバーシティの解析と設計 RCS2008-218 石橋功至静岡大)・石井光治香川大)・落合秀樹横浜国大
(8)
RCS
11:35-11:55 Maximum Likelihood Parallel Decoding Metrics for Quasi-Orthogonal Space-Time Block Codes
-- Derivation and Lowpower Implementation --
RCS2008-219
Kambiz HomayounfarPHYBIT
  11:55-13:00 昼食 ( 65分 )
3月4日(水) 午後  RCS(YRPホール)
13:00 - 17:30
(9)
RCS
13:00-13:20 同一チャネル干渉を抑圧する時空間フィルタを用いたMIMO-OFDM最尤検出 RCS2008-220 寺尾 剛府川和彦須山 聡鈴木 博東工大
(10)
RCS
13:20-13:40 同一チャネル干渉条件における最小BER規範MIMO-OFDMプリコーディング方式 RCS2008-221 寺尾 剛府川和彦須山 聡鈴木 博東工大
(11)
RCS
13:40-14:00 MU-MIMOダウンリンクにおける最小距離最大化規範線形プリコーディング ~ 干渉信号の位相回転による準最適化 ~ RCS2008-222 山田知之西森健太郎鷹取泰司溝口匡人NTT
(12)
RCS
14:00-14:20 仮想MIMOシステムを用いた上り回線における所要送信電力に関する検討 RCS2008-223 斉藤裕大小川恭孝大鐘武雄西村寿彦北大
  14:20-14:35 休憩 ( 15分 )
(13)
RCS
14:35-14:55 基地局連携プリコーディングを行うマルチユーザ分散アンテナシステムのための双方向伝搬路推定法の一検討 RCS2008-224 大澤良介村田英一山本高至吉田 進京大
(14)
RCS
14:55-15:15 複数基地局協調MIMO通信方式における電力,タイミングおよび周波数オフセット差の影響に関する検討 RCS2008-225 山本俊明岩井誠人植田哲郎小花貞夫ATR
(15)
RCS
15:15-15:35 フラクショナル基地局連携セルラーネットワーク RCS2008-226 草島直紀イアン デクスター ガルシア東工大)・金子尚史井上 隆KDDI研)・阪口 啓荒木純道東工大
(16)
RCS
15:35-15:55 Hybrid Frequency Reuse for Cellular MIMO Systems with Multi-user Diversity RCS2008-227 Wei PengFumiyuki AdachiTohoku Univ.
  15:55-16:10 休憩 ( 15分 )
(17)
RCS
16:10-16:30 屋外実環境における中継局MIMOの効果 RCS2008-228 西森健太郎本間尚樹溝口匡人NTT
(18)
RCS
16:30-16:50 周波数選択性MIMO通信路におけるUEP多重伝送方式の検討 RCS2008-229 土屋侑生岩波保則岡本英二名工大)・早川敬一郎高梨昌樹豊田中研
(19)
RCS
16:50-17:10 周波数選択性MIMO通信路におけるM-FSK非同期検波方式に関する検討 RCS2008-230 肱元 学岩波保則岡本英二名工大
(20)
RCS
17:10-17:30 MIMO空間多重伝送における仮想伝搬路判定を適用した逐次復号法の特性解析 RCS2008-231 丸山浩史田野 哲梅原大祐守倉正博京大
3月4日(水) 午前  AN(会議室1)
09:00 - 11:55
(21)
AN
09:00-09:20 Cross-Layer MANET Routing Algorithm based on Radio Link Stability AN2008-64 Kambiz HomayounfarPHYBIT
(22)
AN
09:20-09:40 Node-density-based resource replication for mobile ad hoc networks AN2008-65 Rikiya HasegawaYu WuFukuhito OoshitaHirotsugu KakugawaToshimitsu MasuzawaOsaka Univ.
(23)
AN
09:40-10:00 複数シンク無線センサネットワークのための負荷分散性と効率性を考慮したデータ転送機構 AN2008-66 織戸英佑宇谷明秀山本尚生武蔵工大
(24)
AN
10:00-10:20 無線メッシュネットワークにおける半固定レート設定方式の提案 AN2008-67 伊藤梓佐岡田 啓間瀬憲一新潟大
  10:20-10:35 休憩 ( 15分 )
(25)
AN
10:35-10:55 双方向MIMO中継ネットワークにおける電力制御 AN2008-68 イ ジョンヒョンタン ザカン阪口 啓荒木純道東工大
(26)
AN
10:55-11:15 省電力ユビキタス・センサネットワークにおける衝突回避型フラッディング手法の検討 AN2008-69 木村崇之菊地正隆田中久陽電通大
(27)
AN
11:15-11:35 マルチホップ無線ネットワークにおけるチャネル選択法の制御情報送信電力に関する検討 AN2008-70 温 允京大)・山本高至京大/王立工科大)・村田英一吉田 進京大
(28)
AN
11:35-11:55 アドホックネットワークにおけるリンクの状態を考慮したインタフェース集約方式の実装 AN2008-71 築井 雄岡田 啓間瀬憲一新潟大
  11:55-13:00 昼食 ( 65分 )
3月4日(水) 午後  SR(会議室1)一般講演
座長: 阪口啓(東工大)
13:00 - 14:20
(29)
SR
13:00-13:20 エンベロープPWMを用いたEER送信機の効率に関する実験的検討 SR2008-88 塚本悟司馬場隆行稲垣惠三太郎丸 真ATR
(30)
SR
13:20-13:40 広帯域受信機における量子化ダイナミックレンジ改善方法の一検討 SR2008-89 鈴木康夫塚本悟司太郎丸 真上羽正純ATR
(31)
SR
13:40-14:00 ダイレクトコンバージョン型OFDM受信機におけるDCオフセット及びIQインバランス存在下での周波数オフセット推定の特性解析 SR2008-90 稲森真美子眞田幸俊慶大
(32)
SR
14:00-14:20 Simultaneous Multistandard PHY Processing
-- A Low-Complexity Processor Resource Management Algorithm --
SR2008-91
Khoo Kiak Wei・○Kambiz HomayounfarPHYBIT
  14:20-14:35 休憩 ( 15分 )
3月4日(水) 午後  SR(会議室1)一般講演
座長: 宮本剛(NICT)
14:35 - 15:55
(33)
SR
14:35-14:55 IEEE802.11bにおけるFractional Samplingのためのサンプリングレート選択法の実験的特性評価 SR2008-92 今岡 祐眞田幸俊慶大
(34)
SR
14:55-15:15 RF MIMOフェージングシミュレータのためのIQインバランス補償法 SR2008-93 齋藤真理子鎌田裕之阪口 啓荒木純道東工大
(35)
SR
15:15-15:35 Implementation of a Channel Sounder using GNU Radio Opensource SDR Platform SR2008-94 Mutsawashe GahadzaMinseok KimJun-ichi TakadaTokyo Inst. of Tech,
(36)
SR
15:35-15:55 FWAを基盤とした島嶼地域における遠隔制御システムの開発 SR2008-95 金城篤史モハッド アブドラ ラシード早乙女理恵長田智和玉城史朗琉球大
  15:55-16:10 休憩 ( 15分 )
3月4日(水) 午後  SR(会議室1)一般講演
座長: 上原一浩(NTT)
16:10 - 17:50
(37)
SR
16:10-16:30 IEEE P1900.6 Standardization Activities and NICT's Contributions
-- Spectrum Sensing in Advanced Radio Systems --
SR2008-96
Ha Nguyen TranYohannes A. DemessieChen SunHiroshi HaradaNICT
(38)
SR
16:30-16:50 ISMバンドにおける高効率周波数共用に向けたダイナミックスペクトラムアクセスシステムのコンセプト提案 SR2008-97 太郎丸 真矢野一人塚本悟司上羽正純ATR
(39)
SR
16:50-17:10 ISMバンドにおける高効率周波数共用に向けたダイナミックスペクトラムアクセスシステムの物理チャネル構成に関する検討 SR2008-98 矢野一人鄭 吉秀鈴木康夫塚本悟司太郎丸 真上羽正純ATR
(40)
SR
17:10-17:30 コグニティブ無線におけるオーバーラップFFTフィルタバンクを用いたダイナミックチャネルアクセス方式 SR2008-99 田辺素洋梅比良正弘茨城大)・石原浩一鷹取泰司NTT
(41)
SR
17:30-17:50 タイミング同期処理を考慮したコグニティブ無線のための重畳伝送方式 SR2008-100 鄭 吉秀矢野一人塚本悟司太郎丸 真ATR
3月5日(木) 午前  SR(YRPホール)一般講演
座長: 梅林健太(農工大)
09:00 - 09:40
(42)
SR
09:00-09:20 Spectrum Sensing Technique using polyphase DFT Filter Bank for Cognitive Radios SR2008-101 Jun-ichi NaganawaMinseok KimJun-ichi TakadaTokyo Inst. of Tech.
(43)
SR
09:20-09:40 変調方式検出に基づく送信電力制御により許容送信電力を拡大するコグニティブ無線の基礎検討 SR2008-102 望月浩史田久 修楳田洋太郎東京理科大)・藤井威生電通大)・中川正雄慶大
3月5日(木) 午前  SR(YRPホール)オーガナイズドセッション
座長: 梅林健太(農工大)
09:40 - 10:20
(44)
SR
09:40-10:00 IEEE P1900.6:コグニティブ無線におけるスペクトルセンシングに関する標準化 SR2008-103 有吉正行村岡一志NEC)・アウスト シュテファン伊藤哲也NEC通信システム
(45)
SR
10:00-10:20 ホワイトスペース型コグニティブ無線通信システム研究への取り組み SR2008-104 富岡多寿子佐方 連坂 耕一郎小林崇裕東芝
  10:20-10:35 休憩 ( 15分 )
3月5日(木) 午後  SR(YRPホール)オーガナイズドセッション
座長: 眞田幸俊(慶大)
10:35 - 11:55
(46)
SR
10:35-10:55 Wireless Communications for Industrial Field Usage SR2008-105 Shusaku ShimadaYokogawa
(47)
SR
10:55-11:15 携帯端末用マルチバンドRF回路 SR2008-106 楢橋祥一岡崎浩司福田敦史河合邦浩古田敬幸NTTドコモ
(48)
SR
11:15-11:35 分散連携ワイヤレスネットワーク SR2008-107 阪口 啓東工大
(49)
SR
11:35-11:55 コグニティブ概念に基づく同期型無線分散ネットワーク向けMACプロトコルの検討 SR2008-108 藤井威生電通大
  11:55-13:00 昼食 ( 65分 )
3月5日(木) 午後  AN(YRPホール)
13:00 - 14:20
(50)
AN
13:00-13:20 リンク品質を考慮した無線メッシュネットワーク自動構築プロトコルの提案と評価 AN2008-72 今井智章間瀬憲一岡田 啓新潟大
(51)
AN
13:20-13:40 MANETにおける鍵を用いた重複アドレス検出方式に関する検討 AN2008-73 秋間和樹岡田 啓間瀬憲一新潟大
(52)
AN
13:40-14:00 気球を用いたアドホックネットワークの電波伝搬特性に関する検討 AN2008-74 梅木智光岡田 啓間瀬憲一新潟大
(53)
AN
14:00-14:20 多指向性のアンテナを用いた無線メッシュ網の制御モデルに関する検討 (講演なし) 大西真晶Ruidong LiChao Peng井上真杉NICT
  14:20-14:35 休憩 ( 15分 )
3月5日(木) 午後  MoMuC(YRPホール)
14:35 - 15:55
(54)
MoNA
14:35-14:55 Seamless PPP Migrationを用いた3GNWと無線LAN間での通信トラフィック移行技術 MoMuC2008-85 田村隆幸松岡保静高畑 実NTTドコモ
(55)
MoNA
14:55-15:15 地理情報のデータ構造を考慮した放送型キャッシュデータ無効化プロトコル MoMuC2008-86 上西 裕早川裕志田頭茂明中西恒夫福田 晃九大
(56)
MoNA
15:15-15:35 無線可視領域ネットワークにおける端末相互認証手法の評価 MoMuC2008-87 阿瀬川 稔野田厚志九大)・北須賀輝明熊本大)・田頭茂明九大)・北口貴史津村直樹リコー)・中西恒夫福田 晃九大
(57)
MoNA
15:35-15:55 放送型コンテンツ配信における欠損データ補完方式の提案 MoMuC2008-88 松岡保静山田 暁大矢智之NTTドコモ
  15:55-16:10 休憩 ( 15分 )
3月5日(木) 午後  AN+MoMuC特別セッション(YRPホール)
16:10 - 17:40
(58)
共通
16:10-16:55 [招待講演]モバイルコンテンツ配信ネットワークにおけるコンテンツの一貫性制御技術 MoMuC2008-89 AN2008-75 蘇 洲甲藤二郎早大
(59)
共通
16:55-17:40 [招待講演]無線通信におけるクロスレイヤネットワーキング技術 MoMuC2008-90 AN2008-76 張 兵NICT
3月5日(木) 午前  RCS(会議室1)
09:00 - 17:30
(60)
RCS
09:00-09:20 符号ダイバーシチを使ったMC-CDMA方式の改善 RCS2008-232 青木伸次太刀川信一長岡技科大
(61)
RCS
09:20-09:40 上りリンクにおける位相回転/マルチキャリア符号分割多元接続 RCS2008-233 安達宏一中川正雄慶大
(62)
RCS
09:40-10:00 オーバーラップ周波数領域等化における符号間干渉低減のためのフレーム構成法の検討 RCS2008-234 渡邉雄彦久万善広梅比良正弘茨城大
(63)
RCS
10:00-10:20 DS-CDMA周波数領域信号検出におけるMMSE等化重みに関する一考察 RCS2008-235 山本哲矢武田一樹安達文幸東北大
  10:20-10:35 休憩 ( 15分 )
(64)
RCS
10:35-10:55 周波数選択性チャネルにおけるジョイントTHP/送信FDEのBER特性に関する理論検討 RCS2008-236 武田一樹留場宏道安達文幸東北大
(65)
RCS
10:55-11:15 アンテナ受信ダイバーシチとQRM-MLDを用いるシングルキャリア伝送 RCS2008-237 山本哲矢武田一樹安達文幸東北大
(66)
RCS
11:15-11:35 周波数領域等化を用いるシングルキャリア伝送における受信タイミングオフセットの影響に関する一検討 RCS2008-238 小原辰徳武田一樹安達文幸東北大
(67)
RCS
11:35-11:55 マルチレベル符号化協力通信におけるレート設計 RCS2008-239 石井光治香川大)・石橋功至静岡大)・落合秀樹横浜国大
  11:55-13:00 昼食 ( 65分 )
(68)
RCS
13:00-13:20 高速移動支援用連結セル型マイクロセルラー網のセル構成 RCS2008-240 山田喬彦立命館大
(69)
RCS
13:20-13:40 Wireless Technoeconomics
-- How Technology Affects Profits --
RCS2008-241
Kambiz HomayounfarPHYBIT
(70)
RCS
13:40-14:00 Wireless Protocol Verification
-- A Stochastic Process Algebraic Framework --
RCS2008-242
Yongmei Wei・○Kambiz HomayounfarPHYBIT
(71)
RCS
14:00-14:20 An Adaptive Resource Allocation Method for OFDMA Systems Employing Pilotless Channel Tracking Techniques RCS2008-243 Kazumitsu SakamotoOsamu MutaYoshihiko AkaiwaKyushu Univ.)・Krishnamurthy GiridharIndian Inst. of Tech Madras
  14:20-14:35 休憩 ( 15分 )
(72)
RCS
14:35-14:55 CQI Measurement and Reporting in LTE
-- A New Framework --
RCS2008-244
Kambiz HomayounfarBijan RohaniPHYBIT
(73)
RCS
14:55-15:15 E-UTRAアップリンクにおけるチャネル推定誤差を考慮したSRSパラメータ設定の検討 RCS2008-245 沖野健太草野吉雅京セラ
(74)
RCS
15:15-15:35 適応変調およびARQを用いたセルラシステムにおける受信SINRの平均および標準偏差を用いたスループット推定法 RCS2008-246 流田理一郎岸 洋司泉川晴紀KDDI研
(75)
RCS
15:35-15:55 Performance Evaluation for Multi-layer Optimization Packet Scheduling in MIMO Systems RCS2008-247 Xiaoqiu WangSatoshi KonishiToshinori SuzukiKDDI R&D Labs.
  15:55-16:10 休憩 ( 15分 )
(76)
RCS
16:10-16:30 IMT-Advancedに向けたOpen-loop precoding MIMOの実証実験 RCS2008-248 畑川養幸松本知子宮崎功旭鈴木利則KDDI研
(77)
RCS
16:30-16:50 Advanced E-UTRAの上りリンクACK/NACK送信に適用する送信ダイバーシチ方式の検討 RCS2008-249 秋元陽介榎本政幸桂川 浩王 和豊シャープ
(78)
RCS
16:50-17:10 シングルユーザMIMOシステムにおける最尤検出を用いたOFDMとターボ等化を用いたClustered DFT-S-OFDMの性能比較 RCS2008-250 横枕一成中村 理後藤淳悟高橋宏樹浜口泰弘シャープ
(79)
RCS
17:10-17:30 スペクトル重複リソースマネジメントを適用したシングルキャリア伝送とマルチキャリア伝送の特性比較 RCS2008-251 後藤淳悟横枕一成中村 理高橋宏樹浜口泰弘シャープ)・衣斐信介三瓶政一阪大
3月6日(金) 午前  RCS(YRPホール)
09:00 - 11:55
(80)
RCS
09:00-09:20 キャンセラを適用した3タイムスロット送信をおこなう協力通信の提案 RCS2008-252 山腰 真安達宏一中川正雄慶大
(81)
RCS
09:20-09:40 マルチノードリレー環境下における繰り返し検出を適用した協力型符号化による中継伝送方式とその信号分離に関する一検討 RCS2008-253 溝渕正倫衣斐信介三瓶政一阪大
(82)
RCS
09:40-10:00 低速無線センサネットワークのための適応協力ダイバーシティ技術 RCS2008-254 石橋功至静岡大)・石井光治香川大)・落合秀樹横浜国大
(83)
RCS
10:00-10:20 2.4GHz帯屋外実伝搬環境下におけるマルチキャリア無線中継の伝送特性評価 RCS2008-255 佐々木元晴藤井大樹牟田 修赤岩芳彦九大
  10:20-10:35 休憩 ( 15分 )
(84)
RCS
10:35-10:55 Amplify-and-Forward無線中継における共通参照信号系列を利用した基地局アダプティブアレイアンテナの受信重み係数最適化法 RCS2008-256 藤井大樹佐々木元晴牟田 修赤岩芳彦九大
(85)
RCS
10:55-11:15 Y型MIMOネットワーク符号化及び協力ヌルビームフォーミング RCS2008-257 タン ザカン阪口 啓東工大)・小野文枝横浜国大)・荒木純道東工大
(86)
RCS
11:15-11:35 Physical Layer Network Coding for Wireless Applications
-- A Survey --
RCS2008-258
Bijan Rohani・○Kambiz HomayounfarPHYBIT
(87)
RCS
11:35-11:55 ブロックレイリーフェーディング環境における協力マルチホップ伝送のエンドツーエンドフレーム誤り率の理論解析 RCS2008-259 西村直記石橋功至和田忠浩静岡大
  11:55-13:00 昼食 ( 65分 )
3月6日(金) 午後  MoMuC(YRPホール)
13:00 - 14:20
(88)
MoNA
13:00-13:20 Considerations (2) on New Generation Network AKARI V-1.1
-- Overlay Network and NWGN's Common Packet Network --
MoMuC2008-91
Shoji MiyaguchiRetired from NTT
(89)
MoNA
13:20-13:40 無線LANにおける送信履歴によるContention Windowの動的制御 MoMuC2008-92 小川将克平栗健史永田健悟NTT
(90)
MoNA
13:40-14:00 無線LANアクセスポイントにおける省電力モード MoMuC2008-93 小川将克平栗健史永田健悟岸田 朗梅内 誠NTT
(91)
MoNA
14:00-14:20 A New Carrier Frequency Offset and I/Q Imbalance Compensation for MIMO OFDM MoMuC2008-94 Leonardo LananteMasayuki KurosakiBaiko SaiHiroshi OchiKyushu Inst. of Tech.
  14:20-14:35 休憩 ( 15分 )
3月6日(金) 午後  RCS(YRPホール)
14:35 - 17:50
(92)
RCS
14:35-14:55 協調ダイバーシチを用いたオンデマンド型コンテンツ配信法に関する一検討 RCS2008-260 遠藤 剛梅林健太神谷幸宏鈴木康夫東京農工大
(93)
RCS
14:55-15:15 協力無線センサネットワークの実現に向けた実験的検証 RCS2008-261 撰 広嗣香川大)・○丹所啓太静岡大)・石井光治香川大)・石橋功至静岡大)・落合秀樹横浜国大)・和田忠浩静岡大)・生越重章香川大
(94)
RCS
15:15-15:35 無線メッシュネットワークにおける復調可能領域の分散化による情報漏洩リスク低減法の提案 RCS2008-262 荒木真敬宮本伸一三瓶政一阪大
(95)
RCS
15:35-15:55 無線マルチホップネットワークにおける指向性周期的間欠送信法 RCS2008-263 光永 圭比嘉征規古川 浩九大
  15:55-16:10 休憩 ( 15分 )
(96)
RCS
16:10-16:30 マルチホップバーチャルセルラネットワークのスループットとチャネル容量に関する検討 RCS2008-264 工藤栄亮安達文幸東北大
(97)
RCS
16:30-16:50 An Energy Efficient MAC Protocol for Densely Deployed Wireless Sensor Networks RCS2008-265 Md. Abdur RahmanTokyoInst. of Tech.)・K. M. AhmedAsian Inst. of Tech)・Jun-ichi TakadaTokyoInst. of Tech.
(98)
RCS
16:50-17:10 クラスタツリー型ワイヤレスネットワークにおけるSS-CSMA/CA方式の提案と特性解析 RCS2008-266 小畠直人高岸 智山尾 泰電通大
(99)
RCS
17:10-17:30 無線アドホックネットワークにおけるMIMOを用いたルーティングによるクロスレイヤ技術の提案 RCS2008-267 國井浩智神谷幸宏梅林健太鈴木康夫東京農工大
(100)
RCS
17:30-17:50 PicoMesh -ピコセルラのための無線マルチホップ中継機能を有する無線バックホールシステム RCS2008-268 比嘉征規光永 圭小寺康平西本 寛木下大輔九大)・大崎邦倫久留米高専)・古川 浩九大
3月6日(金) 午前  RCS(会議室1)
09:00 - 11:35
(101)
RCS
09:00-09:20 直列連接LDGM符号を用いた半二重中継通信法 RCS2008-269 熊野雄介大槻知明慶大
(102)
RCS
09:20-09:40 Soft-Decision Decoding of Block Codes
-- A Factor-Graph Approach --
RCS2008-270
Yongmei Wei・○Kambiz HomayounfarPHYBIT
(103)
RCS
09:40-10:00 高速マルチパスフェージング伝送路におけるOFDM伝送方式に関する検討 RCS2008-271 青木一平田野 哲梅原大祐守倉正博京大
(104)
RCS
10:00-10:20 OFDM高速フェージング推定の適応的推定方向切替に関する一検討 RCS2008-272 林 寛之岡本英二岩波保則名工大
  10:20-10:35 休憩 ( 15分 )
(105)
RCS
10:35-10:55 The Two-Way MIMO Wire-Tap Channel RCS2008-273 Oussama SouihliTomoaki OhtsukiKeio Univ.
(106)
RCS
10:55-11:15 固有ベクトルに基づく電波セキュリティシステムにおける信号部分空間分割イベントフィルタリング RCS2008-274 池田昇平大槻知明慶大)・辻 宏之NICT
(107)
RCS
11:15-11:35 複数アンテナ送受信システムにおける電波伝搬特性に基づく秘密鍵共有方式 RCS2008-275 西野太志笹岡秀一岩井誠人同志社大
  11:35-13:00 昼食 ( 85分 )
3月6日(金) 午後  RCS(会議室1)
13:00 - 17:50
(108)
RCS
13:00-13:20 ミリ波WPANにおけるシステムスループットの改善 中瀬博之東北大)・藍 洲児島文秀表 昌佑NICT)・加藤修三東北大
(109)
RCS
13:20-13:40 Distributed Piconet Controling for WPANs RCS2008-276 Tuncer BaykasZhou LanFumidihe KojimaChin-Sean SumJunyi WangMohammad Azizur RahmanRyuhei FunadaHiroshi HaradaNICT)・Shuzo KatoTohoku Univ/NICT
(110)
RCS
13:40-14:00 Achieving Gbps Throughput for Millimeter-wave WPAN with an Anti-blocking Scheme Using Deflection Routing RCS2008-277 Zhou LanJunyi WangChin-Sean SumTuncer BaykasFumihide KojimaNICT)・Hiroyuki NakaseTohoku Univ.)・Hiroshi HaradaShuzo KatoNICT
(111)
RCS
14:00-14:20 Theoretical ACI Modeling for Single-Carrier Millimeter-Wave WPAN RCS2008-278 Mohammad Azizur RamanChin Sean SumRyuhei FunadaTuncer BaykasJunyi WangHiroshi HaradaShuzo KatoNICT
  14:20-14:35 休憩 ( 15分 )
(112)
RCS
14:35-14:55 Millimeter Wave (60 GHz) Wireless PAN Standardization Activities RCS2008-279 Shuzo KatoTohoku Univ.)・Hiroshi HaradaFumihide KojimaRyuhei FunadaChang-Woo PyoZhou LanChin-Sean SumTuncer BaykasJunyi WangMohammad Azizur RahmanNICT
(113)
RCS
14:55-15:15 IEEE802.15.3c WPAN用物理層設計 RCS2008-280 原田博司船田龍平Tuncer BaykasChin-Sean SumM Azizur RahmanJunyi WangNICT)・加藤修三NICT/東北大
(114)
RCS
15:15-15:35 MAC Protocol Design and Performance Study for 802.15.3c Millimeter-wave WPAN RCS2008-281 Chang-Woo PyoZhou LanFumihide KojimaNICT)・Hiroyuki NakaseTohoku Uni.)・Hiroshi HaradaShuzo KatoNICT
(115)
RCS
15:35-15:55 ミリ波WPANにおける電波伝搬特性 RCS2008-282 佐藤勝善NICT)・沢田浩和東北工大)・船田龍平原田博司NICT)・加藤修三東北大
  15:55-16:10 休憩 ( 15分 )
(116)
RCS
16:10-16:30 Robust Single Carrier Millimeter-Wave System Design RCS2008-283 Tuncer BaykasRyuhei FunadaChin-Sean SumJunyi WangM Azizur RahmanHiroshi HaradaNICT)・Shuzo KatoTohoku Univ/NICT
(117)
RCS
16:30-16:50 Intersystem Coexistence and Cooperation Mechanism for IEEE 802.15.3c Millimeter-wave WPAN RCS2008-284 Chin-Sean SumMohammad Azizur RahmanTuncer BaykasZhou LanChang Woo PyoJunyi WangRyuhei FunadaFumihide KojimaHiroshi HaradaShuzo KatoNICT
(118)
RCS
16:50-17:10 IEEE802.15.3c OFDM PHYにおける変調・誤り訂正方式 RCS2008-285 船田龍平原田博司李 可人Tuncer Baykas王 俊義Chin-Seen SumM Azizur RahmanNICT)・加藤修三NICT/東北大
(119)
RCS
17:10-17:30 Beamforming Codebook Design and Performance Evaluation for Millimeter-wave WPAN RCS2008-286 Junyi WangZhou LanChang-Woo PyoChin-Sean SumTuncer BaykasJing GaoAzizur RahmanRyuhei FunadaFumihide KojimaHiroshi HaradaNICT)・Shuzo KatoTohoku Univ/NICT
(120)
RCS
17:30-17:50 Wideband Planar Antenna for Millimeter-wave Wireless Personal Area Network (WPAN) RCS2008-287 Keren LiTomoaki SatoJing GaoHiroshi HaradaNICT)・Shuzo KatoTohoku Univ/NICT

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 岡本 英二(名工大)
E-:r_- 
SR ソフトウェア無線研究会(SR)   [今後の予定はこちら]
問合先 青木亜秀(東芝)
TEL: 044-549-2283, FAX: 044-520-1806
E-: gudeaoba 
お知らせ ◎最新情報はソフトウェア無線研究会のホームページをご覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/sr/jpn/
AN アドホックネットワーク研究会(AN)   [今後の予定はこちら]
問合先 岡田啓(新潟大)
TEL 025-262-6133,FAX 025-262-6133
E-: m 
MoMuC モバイルマルチメディア通信研究会(MoMuC)   
問合先 田頭 茂明(九大)
E-:geafcekshu-u
小川 将克(NTT)
E-:m-oansl 


Last modified: 2009-03-05 17:39:00


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RCS研究会のスケジュールに戻る]   /   [SR研究会のスケジュールに戻る]   /   [AN研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会