電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


通信方式研究会(CS) [schedule] [select]
専門委員長 前田 洋一
副委員長 若杉 耕一郎
幹事 深田 陽一, 横谷 哲也

無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 三瓶 政一
副委員長 加藤 修, 太郎丸 真
幹事 辻 宏之, 上杉 充
幹事補佐 安部田 貞行

日時 2005年 1月26日(水) 13:00 - 17:40
2005年 1月27日(木) 09:00 - 17:20
2005年 1月28日(金) 09:00 - 17:00
議題 ブロードバンド無線アクセス技術,IPをサポートする無線アクセス技術,光無線システム,無線通信一般,およびRCS/CS各研究会一般テーマ 
会場名 琉球大学 千原キャンパス 研究者交流施設・50周年記念館 
住所 〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地
交通案内 那覇バスターミナル4番ホームから,97系統「琉大北口」行き乗車.終点手前の「琉大東口」にて下車.
http://www.u-ryukyu.ac.jp/access/access.html#east
会場世話人
連絡先
工学部 電気電子工学科 波平宜敬教授
お知らせ ◎27日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.

1月26日(水) 午後  セッションA(会場A)
13:00 - 17:40
(1) 13:00-13:20 3G無線アクセスネットワークにおける移動局パケット中継のための適応電力制御方式 岡田諭志新熊亮一高橋達郎京大
(2) 13:20-13:40 適応レート制御と適応マルチホップ経路選択のシングルセル環境セルラシステムにおける特性比較 山本高至楠田厚史吉田 進京大
(3) 13:40-14:00 マルチホップバーチャルセルラネットワークにおける分散型階層的移動管理法 工藤栄亮安達文幸東北大
(4) 14:00-14:20 Transmit Power Efficiency of Multi-Hop MRC Diversity for a Virtual Cellular Network イマーン ダウー工藤栄亮安達文幸東北大
  14:20-14:40 休憩 ( 20分 )
(5) 14:40-15:00 時空符号化協力中継によるマルチホップ車車間通信の伝送容量増大効果 田中正一小池俊昭吉田 進京大
(6) 15:00-15:20 IEEE802.11 DCF MACを用いた無線アドホックネットワークの通信容量に関する一考察 西村 純上原秀幸横山光雄豊橋技科大
(7) 15:20-15:40 WACNet装置(11gアドホックとESPARアンテナ)を用いたマルチホップ通信実験評価 渡辺正浩田中信介小花貞夫小宮山牧兒ATR)・藤瀬雅之NICT
(8) 15:40-16:00 マルチホップを用いた車車間音声通信 小西孝英慶大)・田中裕一OKI)・中川正雄慶大
  16:00-16:20 休憩 ( 20分 )
(9) 16:20-16:40 準ミリ波帯広帯域FWAシステムにおける樹木遮蔽の影響とその対策に関する一検討 大本隆太郎高橋直人上野衆太水本幸秀安井由幸仁平勝利白水哲也NTT
(10) 16:40-17:00 次世代広帯域FWAシステムの屋外実験ネットワークの性能評価 難波 忍北原 武小西 聡野本真一KDDI研
(11) 17:00-17:20 次世代広帯域FWAシステムにおける適応変調の切替閾値に関する実験的検討 小西 聡北原 武難波 忍野本真一KDDI研
(12) 17:20-17:40 次世代広帯域FWAシステム屋外実証実験によるトラヒック負荷分散機能の評価 北原 武野一色裕人難波 忍小西 聡岸 洋司野本真一KDDI研
1月26日(水) 午後  セッションB(会場B)
13:00 - 17:20
(13) 13:00-13:20 π/4シフトQPSK移動通信システムにおけるSOM型ニューラルネットによる線形歪補償法 河村 健周 虹阪工大
(14) 13:20-13:40 The optimum discrete approximation of non-uniform FIR filter banks Yuichi Kida・○Takuro KidaNihon Univ.
(15) 13:40-14:00 WSSUS条件を満たすパルス列を用いた移動無線レイリーフェージングシミュレータの諸特性 有本憲司鈴木 博府川和彦東工大
(16) 14:00-14:20 アンダーサンプリングにおけるサンプリング周波数選択方法の検討 佐原直宏中大)・國澤良雄岩井誠人KDDI研)・白井 宏中大
  14:20-14:40 休憩 ( 20分 )
(17) 14:40-15:00 バンドパス・サンプリング法における最小2乗法による直交成分推定 吉林和明鈴木 博府川和彦東工大
(18) 15:00-15:20 下りリンクOFCDMブロードバンド無線アクセスにおける共通パイロットチャネルを用いる3段階高速セルサーチ法の屋外実験結果 丹野元博樋口健一新 博行佐和橋 衛NTTドコモ
(19) 15:20-15:40 下りOFDM無線アクセスにおけるパイロットチャネルの最適化及び4段階セルサーチ法とその特性 森田美法二木貞樹パナソニックモバイル金沢研)・南里将彦高草木恵二パナソニックモバイルコミュニケーションズ
(20) 15:40-16:00 伝搬損の場所的変動の影響を軽減する屋内位置推定法の実験的検討 徐 華山本高至吉田 進京大
  16:00-16:20 休憩 ( 20分 )
(21) 16:20-16:40 陸上移動通信におけるアンテナ切換えによる受信信号強度変化を利用した秘密鍵共有方式 北浦明人笹岡秀一同志社大
(22) 16:40-17:00 MIMO-OFDMシステムにおける相関行列の固有値変動に基づく秘密鍵共有方式の検討 小川佳彦笹岡秀一同志社大)・今井友裕湯田泰明三好憲一本間光一松下電器
(23) 17:00-17:20 エスパアンテナを用いたIEEE802.15.4 無線PAN秘密鍵共有方式の評価実験 樋口啓介青野智之大平 孝ATR)・笹岡秀一同志社大
1月27日(木) 午前  セッションA(会場A)
09:00 - 12:00
(24) 09:00-09:20 ハードウェア削減のためのWalsh変換を用いたOFDMの性能評価 田中昭吾野口健太郎豊橋技科大)・猪飼和則PMC)・田所嘉昭豊橋技科大
(25) 09:20-09:40 OFDM/TDMにおけるチャネル推定誤差の影響 高岡辰輔ガチャニン ハリス安達文幸東北大
(26) 09:40-10:00 逐次型伝搬路推定を用いた高速移動OFDMパケット無線伝送システム ~ 概要と基礎伝送結果 ~ 原田博司NICT)・船田龍平中大)・安 昌俊高橋 賢NICT)・澤田 学デンソー
(27) 10:00-10:20 逐次型伝搬路推定を用いた高速移動OFDMパケット無線伝送システム ~ 高速移動実験結果 ~ 澤田 学小枝賢一杉浦泰伸佐々木邦彦デンソー)・原田博司NICT)・船田龍平中大
  10:20-10:40 休憩 ( 20分 )
(28) 10:40-11:00 DPC-OF/TDMAシステムにおける伝搬路推定方式に関する検討 横枕一成三瓶政一阪大)・原田博司NICT)・森永規彦広島国際大
(29) 11:00-11:20 1セル繰り返しDPC-OF/TDMAにおける希望信号電力対他セル干渉信号電力比高精度推定法 森山雅文原田博司NICT)・三瓶政一阪大
(30) 11:20-11:40 1セル繰り返し広帯域TDMAシステムにおける周波数領域等化を用いた同一チャネル間干渉対策に関する検討 角岡幸治三瓶政一阪大
(31) 11:40-12:00 マルチキャリア伝送における送受信ダイバーシチに関する一検討 留場宏道武田和晃安達文幸東北大
1月27日(木) 午後  セッションA(会場A)
13:00 - 15:30
(32) 13:00-13:20 長遅延マルチパス伝搬環境におけるOFDMターボ等化器の異なる変調方式,符号化率および伝搬モデルに対する特性 井上智文須山 聡鈴木 博府川和彦東工大
(33) 13:20-13:40 Joint use of STTD and Receive Antenna Diversity for OFDM/TDM ガチャニン ハリス高岡辰輔安達文幸東北大
(34) 13:40-14:00 下りリンクVSF-Spread OFDMブロードバンド無線アクセスにおける超低レートチャネル符号化の適用効果 岸山祥久三木信彦新 博行佐和橋 衛NTTドコモ
(35) 14:00-14:20 レイリーフェージング環境下におけるSTBC-OFDMシステムのロングプリアンブル挿入間隔に関するの検討 上田健二九工大)・金城繁徳キューウエーブ)・尾知 博九工大
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
(36) 14:30-14:50 パケット通信のためのMMSE/MSN複合アダプティブアレーアンテナ 鈴木宏幸藤井威生神谷幸宏鈴木康夫東京農工大
(37) 14:50-15:10 OFDM分散アクセスポイントシステムにおける基地局アダプティブアレーアンテナを用いた一括MMSE干渉除去 吉兼正紘藤井威生神谷幸宏鈴木康夫東京農工大
(38) 15:10-15:30 上りリンクCDMAブロードバンド無線アクセスにおける干渉波の到来方向を考慮したアダプティブアンテナアレー受信の実験結果 片岡卓士田岡秀和樋口健一佐和橋 衛NTTドコモ
  15:30-15:50 休憩 ( 20分 )
1月27日(木) 午前  セッションB(会場B)
09:00 - 12:00
(39) 09:00-09:20 無線P-MP伝送による高品質動画伝送のための拡散コード割り当てアルゴリズム 中村博志新熊亮一高橋達郎京大
(40) 09:20-09:40 基地局間で連携動作する時空間パケットスケジューラの干渉低減効果に関する検討 藤嶋堅三郎桑原幹夫日立)・平良正憲安部俊作日立コミュニケーションテクノロジー
(41) 09:40-10:00 下りリンクSpread OFDMブロードバンド無線アクセスにおけるQoSに基づく遅延を考慮した周波数スケジューリングの効果 大藤義顕安部田貞行佐和橋 衛NTTドコモ
(42) 10:00-10:20 マルチバンド伝送における動的チャネル割当を用いた場合の容量評価 的場直人杉山隆利白壁将成吉野 仁NTTドコモ
  10:20-10:40 休憩 ( 20分 )
(43) 10:40-11:00 モバイルパケット網へのデータ圧縮機能具備に関する一考察 秋山信爾芝原知樹関口克己諏訪裕一NTTドコモ
(44) 11:00-11:20 PDMAに基づく同一チャネルでの大小のセルの重ね合わせ 太田昌孝東工大
(45) 11:20-11:40 携帯端末・移動体受信向け地上波デジタル放送テストベッドの検討 太田弘毅若菜弘充NICT
(46) 11:40-12:00 低密度パリティ検査(LDPC)符号を用いたReliability-based Hybrid ARQ (RB-HARQ)方式 稲葉洋一大槻知明東京理科大
1月27日(木) 午後  セッションB(会場B)
13:00 - 15:30
(47) 13:00-13:20 Analysis on Performance of Bilateral Robot System using Wireless Communication Takeshi MarugameMakoto OhnishiMasao NakagawaKeio Univ. Grad. School
(48) 13:20-13:40 Ethernetベースのオープンループネットワークにおける高信頼化制御方式 横谷哲也藤井照子寺内弘典安士哲次郎三菱電機
(49) 13:40-14:00 多コネクションWFQ制御回路の実装と評価 川手竜介谷口幸子菊澤隆司横谷哲也安士哲次郎三菱電機
(50) 14:00-14:20 符号化ユニット毎の優先度を考慮した多重化制御方法に関する検討 馬場昌之加藤嘉明三菱電機
  14:20-14:30 休憩 ( 10分 )
(51) 14:30-14:50 チャープファイバブラッググレーティング (CFBG) を用いた時間分割多重 (TDM) FBG センサ 市木祥二大槻知明東京理科大
(52) 14:50-15:10 FBG符号器を用いた不均一重みを有する光直交符号の検討 辻岡哲夫井上和也杉山久佳村田 正阪市大
(53) 15:10-15:30 OPGWのPMD、波長分散及び偏光変動特性の同時測定 山崎 航波平宜敬宮城加津也鄒 念育リベ マサウエ琉球大)・新垣利彦池宮城栄次沖縄通信ネットワーク)・當眞正嗣沖縄電力
  15:30-15:50 休憩 ( 20分 )
1月27日(木) 午後  合同セッション(会場A・B)
15:50 - 17:20
(54) 15:50-16:30 [特別講演]沖縄における成層圏ソーラープレーンを使った実験の検討(予稿無し) 西 祐一郎日本成層圏通信)・三浦 龍NICT
  16:30-16:40 休憩 ( 10分 )
(55) 16:40-17:20 [特別講演]沖縄におけるブロードバンド通信ネットワークの現状と将来 波平宜敬琉球大
1月28日(金) 午前  セッションA(会場A)
09:00 - 12:00
(56) 09:00-09:20 MIMO-OFDMのための簡略化されたブラインド伝搬路トラッキング方式 浅井裕介内田大誠姜 聞杰鬼沢 武太田 厚相河 聡NTT
(57) 09:20-09:40 メトリック分割とノルム拘束を用いた低演算量MIMO-MLD 小池俊昭・○西川大祐吉田 進京大
(58) 09:40-10:00 改良メトリックを用いた実時間処理MIMO-MLDのFPGA実装および性能評価 関 征永小池俊昭京大)・村田英一東工大)・吉田 進京大)・荒木純道東工大
(59) 10:00-10:20 周波数領域等化を前段に用いた準最尤繰り返し時空等化方式 小池俊昭・○能田康義吉田 進京大
  10:20-10:40 休憩 ( 20分 )
(60) 10:40-11:00 Stochastic Prediction of Transmission Errors in MIMO Eigenbeam Space Division Multiplexing Satoshi TakahashiChang-Jun AhnHiroshi HaradaYukiyoshi KamioNICT
(61) 11:00-11:20 OFDMとDS-CDMA無線アクセスのMIMO多重パケット伝送を用いたときのマルチパスフェージングチャネルにおける特性比較 樋口健一川本潤一郎川合裕之前田規行佐和橋 衛NTTドコモ
(62) 11:20-11:40 W-CDMA上り回線へのMIMO適用に関する検討 田中豊久大鐘武雄西村寿彦小川恭孝北大
(63) 11:40-12:00 周波数領域繰り返しPICを用いるマルチコードDS-CDMA-MIMO多重伝送における拡散率の影響 中島昭範ガーグ ディープシカ安達文幸東北大
1月28日(金) 午後  セッションA(会場A)
13:00 - 16:40
(64) 13:00-13:20 Adaptive Sub-carrier Block Modulation with Differentially Modulated Pilot Symbol Assistance for Down-link OFDM Using Up-link Delay Spread Chang-Jun AhnSatoshi TakahashiHiroshi HaradaNICT
(65) 13:20-13:40 MIMO-OFDMシステムにおける送信電力制御を用いた偏波送受信ダイバーシチ法 大野 力笹瀬 巌慶大
(66) 13:40-14:00 W-LANデュアル端末の待ち受け低消費電力制御方式 永田清人NTTドコモ)・○毛利益忠NTTドコモ関西
  14:00-14:20 休憩 ( 20分 )
(67) 14:20-14:40 IEEE802.11nにおける高効率再送選択方式Compressed Block Ackの提案 中島 徹足立朋子西林泰如宇都宮依子旦代智哉高木雅裕東芝
  - 講演取り下げ
(68) 14:40-15:00 無線LANにおける擬似誤り率による回線品質推定を用いた適応マルチコード伝送方式の検討 水谷祥典笹岡秀一同志社大
(69) 15:00-15:20 無線LANにおける公平な双方向通信のためのアクセス制御方式 小川将克久埜 豊阪田 徹久保田周治NTT
  15:20-15:40 休憩 ( 20分 )
(70) 15:40-16:00 IEEE 802.11系無線LANにおける40MHz端末との共存を考慮したMACプロトコル 宇都宮依子西林泰如中島 徹旦代智哉足立朋子高木雅裕東芝
(71) 16:00-16:20 A New Multi-channel Multi-radio Mesh Architecture for extending the Coverage Area of WLAN Hot Zones Luis LoyolaTomoaki KumagaiKengo NagataShinya OtsukiSatoru AikawaNTT
(72) 16:20-16:40 IEEE802.11無線LANにおける上下リンクのリソース割当に関する検討 永田健悟大槻信也熊谷智明ルイス ロヨラ相河 聡NTT
1月28日(金) 午前  セッションB(会場B)
09:00 - 12:00
(73) 09:00-09:20 ローカルフュージョンを用いたセンサネットワーク 山本裕司大槻知明東京理科大
(74) 09:20-09:40 光ZCZ符号と光CDMAシステムへの適用に関する研究 高橋拓生松藤信哉松元隆博棚田嘉博山口大
(75) 09:40-10:00 光ZCZ符号を用いたM-ary/DS-SS方式のためのマッチトフィルタの試作 松元隆博月足繁夫松藤信哉棚田嘉博山口大
(76) 10:00-10:20 ミリ波を用いた列車通信システムの検討 仙田教雄慶大)・田中裕一OKI)・中川正雄慶大
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
(77) 10:30-10:50 10Gbit/s級光無線システムの検討 桑野 茂橋本 仁梅比良正弘NTT
(78) 10:50-11:10 高速ダウンリンクを提供可能な光-RFハイブリッド無線LANの提案とその基本検討 秋本浩司久留賢治岩崎 登NTT
  11:10-11:20 休憩 ( 10分 )
(79) 11:20-12:00 [基調講演]光と無線アクセスの融合サービスと標準化動向 久保田周治NTT
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
1月28日(金) 午後  セッションB(会場B)
13:00 - 17:00
(80) 13:00-13:20 ベースバンドプリディストーション用LUTデータの自動作成に関する一検討 中村宏之渡邊和二丸山貴史中津川征士NTT
(81) 13:20-13:40 ランダム送信電力制御を適用したマルチセルDS-CDMAスロッテッドALOHAのスループットとリンク容量 王 智森工藤栄亮安達文幸東北大
(82) 13:40-14:00 DS-CDMA周波数領域MAIキャンセラ 石原浩一武田和晃安達文幸東北大
(83) 14:00-14:20 DS-CDMA信号伝送特性を改善する繰り返し周波数領域ICIキャンセラ 武田和晃安達文幸東北大
  14:20-14:40 休憩 ( 20分 )
(84) 14:40-15:00 Frequency-domain differential encoding/decoding for single-carrier DS-CDMA 劉 楽安達文幸東北大
(85) 15:00-15:20 Joint Transmission for Time Space Block Coded TD-SCDMA Norharyati Binti HarumRiaz EsmailzadehMasao NakagawaKeio Univ.
(86) 15:20-15:40 繰返し除去を用いたLayered Space-Frequency Equalizationの特性評価 井上 周大槻知明東京理科大
  15:40-16:00 休憩 ( 20分 )
(87) 16:00-16:20 Intersymbol Interference Characteristics of Single Side-Band QPSK and Its Turbo Equalizer Performance Boonsarn PitakdumrongkijaHiroshi SuzukiSatoshi SuyamaKazuhiko FukawaTokyo Inst. Tech.
(88) 16:20-16:40 Cycle-and-Add特性を利用した干渉除去方式 荒木真里子山口嘉一横山光雄上原秀幸豊橋技科大
(89) 16:40-17:00 周波数領域等化 (FDE) を用いた Ultra Wideband-Impulse Radio (UWB-IR) 方式の Cyclic Prefix (CP) 再構築に基づく周波数利用効率改善 吉田慎太郎大槻知明東京理科大

問合先と今後の予定
CS 通信方式研究会(CS)   [今後の予定はこちら]
問合先 深田陽一(NTTアクセスサービスシステム研究所 光アクセスシステムプロジェクト)
TEL 043-211-3289, FAX 043-211-8282
E-:uiansl
横谷哲也(三菱電機 情報技術総合研究所 光通信システム部)
TEL 0467-41-2433, FAX 0467-41-2419
E-:isllco 
お知らせ ◎最新情報は,CS研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 辻宏之(独立行政法人情報通信研究機構 横須賀無線通信研究センター)
TEL046-847-5071,FAX046-847-5069
E-:r_- 


Last modified: 2005-01-21 21:44:30


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CS研究会のスケジュールに戻る]   /   [RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会