お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-10 13:00
ハッシュ関数の安全性に関する考察
廣瀬勝一福井大IT2008-85 ISEC2008-143 WBS2008-98
抄録 (和) 本稿では,ハッシュ関数あるいはハッシュ関数族の原像計算困難性,第二原像計算困難性,ユニバーサル一方向性の関係について論じる.最初に原像計算困難性を満たす任意のハッシュ関数を用いて第二原像計算困難性を満たすハッシュ関数を構成する方法を示す.ただし,この方法ではRompelによる任意の一方向関数を利用したユニバーサル一方向ハッシュ関数族の構成を利用するため,効率は良くない.次に,ハッシュ関数族の第二原像計算困難性に関して,RogawayとShrimptonにより与えられたSec, eSec, aSecと呼ばれる性質について,Secを満たすハッシュ関数族を用いてeSecあるいはaSecを満たすハッシュ関数族を構成する方法について論じる.なお,eSecはNaorとYungによるユニバーサル一方向性の定義,SecはSimonによるユニバーサル一方向性の定義に相当する. 
(英) This article discusses relationships between preimage resistance, second-preimage resistance and universal one-wayness of a hash function or a hash function family. First, a method is presented to construct a second-preimage-resistant hash function from any preimage-resistant hash function. Actually, it is not efficient since it uses Rompel's method to construct a universal one-way hash function family from any one-way function. Second, three kinds of second-preimage resistance of a hash function family called Sec, eSec and aSec are discussed. They were formalized by Rogaway and Shrimpton. Some methods are presented to construct an eSec or aSec hash function family from a Sec hash function family. eSec is universal one-wayness given by Naor and Yung, and Sec is universal one-wayness given by Simon.
キーワード (和) ハッシュ関数 / 原像計算困難性 / 第二原像計算困難性 / ユニバーサル一方向性 / / / /  
(英) hash function / preimage resistance / second-preimage resistance / universal one-wayness / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 473, ISEC2008-143, pp. 267-271, 2009年3月.
資料番号 ISEC2008-143 
発行日 2009-03-02 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2008-85 ISEC2008-143 WBS2008-98

研究会情報
研究会 WBS IT ISEC  
開催期間 2009-03-09 - 2009-03-10 
開催地(和) 公立はこだて未来大学(函館) 
開催地(英) Hakodate Mirai Univ. 
テーマ(和) 一般:情報通信基礎サブソサイェティ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2009-03-WBS-IT-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハッシュ関数の安全性に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Note on the Security of Cryptographic Hash Functions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハッシュ関数 / hash function  
キーワード(2)(和/英) 原像計算困難性 / preimage resistance  
キーワード(3)(和/英) 第二原像計算困難性 / second-preimage resistance  
キーワード(4)(和/英) ユニバーサル一方向性 / universal one-wayness  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 勝一 / Shoichi Hirose / ヒロセ ショウイチ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-10 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2008-85,IEICE-ISEC2008-143,IEICE-WBS2008-98 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.472(IT), no.473(ISEC), no.474(WBS) 
ページ範囲 pp.267-271 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IT-2009-03-02,IEICE-ISEC-2009-03-02,IEICE-WBS-2009-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会