お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


情報理論研究会(IT) [schedule] [select]
専門委員長 高田 豊雄 (岩手県立大)
副委員長 植松 友彦 (東工大)
幹事 吉川 英機 (東北学院大), 栗原 正純 (電通大)
幹事補佐 有村 光晴 (湘南工科大)

情報セキュリティ研究会(ISEC) [schedule] [select]
専門委員長 太田 和夫 (電通大)
副委員長 寳木 和夫 (日立), 藤原 融 (阪大)
幹事 白石 善明 (名工大), 國廣 昇 (東大)
幹事補佐 高島 克幸 (三菱電機)

ワイドバンドシステム研究会(WBS) [schedule] [select]
専門委員長 原 晋介 (阪市大)
副委員長 伊丹 誠 (東京理科大), 羽渕 裕真 (茨城大)
幹事 森 香津夫 (三重大), 前原 文明 (早大)
幹事補佐 小野 文枝 (横浜国大), 岩切 直彦 (東京電機大)

{INFOMESITEM}
日時 2009年 3月 9日(月) 09:00 - 18:00
2009年 3月10日(火) 09:00 - 18:20
議題 一般:情報通信基礎サブソサイェティ合同研究会 
会場名 公立はこだて未来大学 
住所 〒041-8655 北海道函館市亀田中野町 116番地2
交通案内 JR函館駅からバス[105系統]で45分,函館空港からバス[とびっこ(亀田支所経由)+105,55系統]で45分
http://www.fun.ac.jp/acces/index.html
会場世話人
連絡先
システム情報科学部 情報アーキテクチャ学科 佐藤仁樹 先生
0138-34-6323
他の共催 ◆IEEE IT Society Japan Chapter共催
お知らせ ◎初日(3/9)研究会終了後、懇親会を予定していますのでご参加ください。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

3月9日(月) 午前  ISEC (講堂)
座長: ISEC
09:00 - 10:40
(1) 09:00-09:25 JetJigsawにおけるピース改ざん検知方法の提案 IT2008-43 ISEC2008-101 WBS2008-56 松下達之梅澤健太郎・○山中晋爾東芝
(2) 09:25-09:50 分散システム向けアクセス制御モデルの提案とサービスプロキシへの適用 IT2008-44 ISEC2008-102 WBS2008-57 朝倉義晴本田篤史樋口直志才田好則NEC
(3) 09:50-10:15 ユーザの安全性評価に基づいたネットワーク利用制御 IT2008-45 ISEC2008-103 WBS2008-58 堀 琢磨岡田康義佐藤 直情報セキュリティ大
(4) 10:15-10:40 ホームネットワークにおける人間行動の機械学習に基づく異常検出 IT2008-46 ISEC2008-104 WBS2008-59 新谷祐司岡田康義佐藤 直情報セキュリティ大
3月9日(月) 午前  ISEC (講堂)
座長: ISEC
10:50 - 12:05
(5) 10:50-11:15 RSAを用いたアクセス制御における素数生成の除去の可能性について IT2008-47 ISEC2008-105 WBS2008-60 田村 仁NICT
(6) 11:15-11:40 A Note on Security of Knapsack Type PKC with Random Sequence IT2008-48 ISEC2008-106 WBS2008-61 Yasuyuki MurakamiOsaka Electro-Comm Univ.
(7) 11:40-12:05 2系列ナップザック暗号と1系列ナップザック暗号の低密度攻撃に対する耐性の差について IT2008-49 ISEC2008-107 WBS2008-62 名迫 健村上恭通阪電通大)・笠原正雄阪学院大
  12:05-13:10 昼休み ( 65分 )
3月9日(月) 午後  招待講演 (講堂)
13:10 - 16:10
(8) 13:10-14:10 [招待講演]進化する公開鍵暗号(RSA暗号、楕円曲線暗号、IDベース暗号) IT2008-50 ISEC2008-108 WBS2008-63 高木 剛公立はこだて未来大
(9) 14:10-15:10 [招待講演]誤り訂正符号の性能評価 IT2008-51 ISEC2008-109 WBS2008-64 藤原 融阪大
(10) 15:10-16:10 [招待講演]代数的トポロジーとセンサーネットワーク IT2008-52 ISEC2008-110 WBS2008-65 平岡裕章広島大/JTS)・荒井 迅北大/JTS)・林 和則京大
3月9日(月) 午後  ISEC+IT[共通セッション] (講堂)
座長: ISEC
16:20 - 18:00
(11) 16:20-16:45 パリティ検査式を動的に構成する高速相関攻撃の解析 IT2008-53 ISEC2008-111 WBS2008-66 福田洋治愛知教大)・白石善明名工大)・毛利公美岐阜大)・森井昌克神戸大
(12) 16:45-17:10 Sharing Multilevel Secrets among Groups Using Concatenation of Reed-Solomon Codes IT2008-54 ISEC2008-112 WBS2008-67 Hachiro FujitaTokyo Metropolitan Univ.)・Chigusa KawashimaUniv. of Electro-Comm.)・Tomoko K. MatsushimaPolytechnic Univ.
(13) 17:10-17:35 多重帰属の鍵管理が容易な(2,2)閾値秘密分散を用いたグループファイル共有 IT2008-55 ISEC2008-113 WBS2008-68 内田真理子名工大)・福田洋治愛知教大)・毛利公美岐阜大)・白石善明名工大
(14) 17:35-18:00 電波のゆらぎを用いた鍵生成方式の実用化を考慮した設計指針の確立 IT2008-56 ISEC2008-114 WBS2008-69 馬場隆行ATR)・前田正彦ATR/兵庫県立大)・原田洋輔ATR/同志社大)・上羽正純ATR)・相河 聡ATR/兵庫県立大)・岩井誠人笹岡秀一同志社大
3月9日(月) 午前  IT (593教室)
座長: IT
09:00 - 10:40
(15) 09:00-09:25 区間力学系により生成されたスペクトル拡散符号とその相関特性 IT2008-57 ISEC2008-115 WBS2008-70 香田 徹・○畝 孝雄高良雄一郎九大
(16) 09:25-09:50 マルコフ符号で拡散変調されたガウスフィルタ特性とそのフィルタバンク特性 IT2008-58 ISEC2008-116 WBS2008-71 香田 徹實松 豊・○鍬崎辰馬藤野健治郎九大
(17) 09:50-10:15 Data Dissemination in Mobile Environment Using Collaborative Approach IT2008-59 ISEC2008-117 WBS2008-72 Mohd RashidAtsushi KinjoTomokazu NagataShiro TamakiUniv. of the Ryukyus
(18) 10:15-10:40 振幅モーメントおよび余弦モーメントを用いた変調識別法 IT2008-60 ISEC2008-118 WBS2008-73 大原慎司喜田雅人岡 育生阿多信吾阪市大
3月9日(月) 午前  IT (593教室)
座長: IT
10:50 - 12:05
(19) 10:50-11:15 Error-Trellis State Complexity of LDPC Convolutional Codes Based on Circulant Matrices IT2008-61 ISEC2008-119 WBS2008-74 Masato TajimaKoji OkinoTakashi MiyagoshiUniv. of Toyama
(20) 11:15-11:40 畳込み符号の重み分布導出法の高速化(第二報) IT2008-62 ISEC2008-120 WBS2008-75 朝倉康生廣友雅徳森井昌克神戸大)・笹野 博近畿大
(21) 11:40-12:05 第3世代携帯電話標準ターボ符号のSum-Product復号 IT2008-63 ISEC2008-121 WBS2008-76 安西 徹正本利行荻原春生長岡技科大
3月9日(月) 午後  IT (593教室)
座長: IT
16:20 - 18:00
(22) 16:20-16:45 Relationship among Conditional Complexities of Individual Sequences IT2008-64 ISEC2008-122 WBS2008-77 Yuki TanakaTomohiko UyematsuRyutaroh MatsumotoTokyo Inst. of Tech.
(23) 16:45-17:10 全文検索システムのインデックス構成に関する情報理論的アプローチ IT2008-65 ISEC2008-123 WBS2008-78 三宅茂樹NTT
(24) 17:10-17:35 なりすまし攻撃を検出できる(2,2)しきい値法に関する符号化定理 IT2008-66 ISEC2008-124 WBS2008-79 古賀弘樹筑波大)・岩本 貢電通大)・山本博資東大
(25) 17:35-18:00 ウェーブレット変換を用いた旅行時間時系列の予測 IT2008-67 ISEC2008-125 WBS2008-80 柿原雄介竹内純一九大)・藤田貴司姚 恩建NEC)・岡 大雅三菱電機情報ネットワーク
3月9日(月) 午前  WBS (594教室)
座長: WBS
09:00 - 10:40
(26) 09:00-09:25 量子化ビット数を低減した協調復号法 IT2008-68 ISEC2008-126 WBS2008-81 廣澤 隼大槻知明慶大
(27) 09:25-09:50 路車間通信におけるAPSKを用いた階層型変調法の一検討 IT2008-69 ISEC2008-127 WBS2008-82 岡 祐介羽渕裕真茨城大)・大内浩司静岡大)・橋浦康一郎茨城大
(28) 09:50-10:15 無線制御された回転型倒立振子における伝送誤りの影響評価 IT2008-70 ISEC2008-128 WBS2008-83 小日向礼緒山里敬也片山正昭名大
(29) 10:15-10:40 MC/CDMA通信方式における次元圧縮MMSE信号検出 IT2008-71 ISEC2008-129 WBS2008-84 古谷明彦市川剛士大竹孝平法政大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
3月9日(月) 午前  WBS (594教室)
座長: WBS
10:50 - 12:05
(30) 10:50-11:15 コグニティブ無線におけるシャドウイング環境に適した受信値重み付け協調センシング IT2008-72 ISEC2008-130 WBS2008-85 中村建斗大槻知明慶大
(31) 11:15-11:40 悪意のあるノードを含むコグニティブ無線システムにおける判定比較法を用いた協調スペクトルセンシング技術 IT2008-73 ISEC2008-131 WBS2008-86 坂口 透大槻知明慶大
(32) 11:40-12:05 [特別講演]ISSSTA2008とICUWB2008会議報告 IT2008-74 ISEC2008-132 WBS2008-87 大野光平東京理科大)・井家上哲史明大
3月9日(月) 午後  WBS (594教室)
座長: WBS
16:20 - 18:00
(33) 16:20-16:45 MB-OFDMシステムにおける重み係数を用いた与干渉軽減方式に関する一検討 IT2008-75 ISEC2008-133 WBS2008-88 皆川篤志藤井雅弘渡辺 裕宇都宮大
(34) 16:45-17:10 OFDM信号伝送型UWB時空間チャネルサウンダの試作と性能評価 IT2008-76 ISEC2008-134 WBS2008-89 飯塚浩人高橋正樹岩切直彦小林岳彦東京電機大
(35) 17:10-17:35 TOA UWB Position Estimation with 2 receivers and one known reflector IT2008-77 ISEC2008-135 WBS2008-90 Jan Kietlinski-ZaleskiTakaya YamazatoMasaaki KatayamaNagoya Univ.
(36) 17:35-18:00 位置推定のための角度に基づくNLOS誤差軽減法 IT2008-78 ISEC2008-136 WBS2008-91 麻生貴広宮嶋照行茨城大
3月10日(火) 午前  ISEC (講堂)
座長: ISEC
09:25 - 10:40
(37) 09:25-09:50 埋め込み次数を事前に決定できる楕円曲線 IT2008-79 ISEC2008-137 WBS2008-92 平澤庄次郎宮地充子北陸先端大
(38) 09:50-10:15 擬似等価鍵を用いたRC4 PRGAの内部状態の状態遷移解析(1) IT2008-80 ISEC2008-138 WBS2008-93 助川昌泰宮地充子北陸先端大
(39) 10:15-10:40 擬似等価鍵を用いたRC4 PRGAの内部状態の状態遷移解析(2) IT2008-81 ISEC2008-139 WBS2008-94 網代充希助川昌泰宮地充子北陸先端大
3月10日(火) 午前  ISEC (講堂)
座長: ISEC
10:50 - 12:05
(40) 10:50-11:15 SNOW型ストリーム暗号に対するSquare Attackを用いた識別攻撃 IT2008-82 ISEC2008-140 WBS2008-95 恩賀 嶺寺村亮一森井昌克神戸大
(41) 11:15-11:40 単純化ストリーム暗号K2のビットスライス解読手法 IT2008-83 ISEC2008-141 WBS2008-96 大嶋崇士岩切宗利防衛大
(42) 11:40-12:05 パリティ検査式を動的に構成する高速相関攻撃におけるLFSRの初期値推定アルゴリズムの改良 IT2008-84 ISEC2008-142 WBS2008-97 斎藤裕瑛毛利公美岐阜大)・福田洋治愛知教大)・白石善明名工大
  12:05-13:00 昼休み ( 55分 )
3月10日(火) 午後  ISEC (講堂)
座長: ISEC
13:00 - 14:40
(43) 13:00-13:25 ハッシュ関数の安全性に関する考察 IT2008-85 ISEC2008-143 WBS2008-98 廣瀬勝一福井大
(44) 13:25-13:50 Formalizing Security of Hash Functions Against Length-Extension Attacks IT2008-86 ISEC2008-144 WBS2008-99 Hidenori KuwakadoKobe Univ.)・Shoichi HiroseUniv. of Fukui
(45) 13:50-14:15 ハッシュ関数ファミリーAURORA IT2008-87 ISEC2008-145 WBS2008-100 岩田 哲名大)・渋谷香士・○白井太三盛合志帆秋下 徹ソニー
(46) 14:15-14:40 ハッシュ関数ファミリーAURORAのハードウェア実装評価 IT2008-88 ISEC2008-146 WBS2008-101 秋下 徹ソニー)・山本忠興阿部広幸ソニーLSIデザイン
3月10日(火) 午後  ISEC (講堂)
座長: ISEC
14:50 - 16:05
(47) 14:50-15:15 UC frameworkにおけるfunctionalityの合成について IT2008-89 ISEC2008-147 WBS2008-102 櫟 粛之NTT)・蘇 春華櫻井幸一九大
(48) 15:15-15:40 情報理論的に安全な鍵無効化機能付きメッセージ秘匿・認証方式 IT2008-90 ISEC2008-148 WBS2008-103 千葉慎平吉田隆弘中大)・ナッタポン アッタラパドゥン産総研)・今井秀樹中大/産総研
(49) 15:40-16:05 メンバの入替えが生じる環境下でのマルチキャスト通信の暗号化鍵管理方法の評価・検討 IT2008-91 ISEC2008-149 WBS2008-104 吉羽治峰パナソニック/情報セキュリティ大)・田中英彦情報セキュリティ大
3月10日(火) 午後  ISEC (講堂)
座長: ISEC
16:40 - 18:20
(50) 16:40-17:05 独立成分分析を用いたインシデント予測手法の検討 IT2008-92 ISEC2008-150 WBS2008-105 西野瑛介竹内純一九大/九州先端科学技研)・吉岡克成横浜国大)・井上大介衛藤将史中尾康二NICT
(51) 17:05-17:30 ネットワークトラフィックデータ間の相関に基づくインシデント検知の検討 IT2008-93 ISEC2008-151 WBS2008-106 北川潤也竹内純一九大/九州先端科学技研)・吉岡克成横浜国大)・井上大介衛藤将史中尾康二NICT
(52) 17:30-17:55 ホームネットワークにおける端末監視異常検知方式 IT2008-94 ISEC2008-152 WBS2008-107 國吉賢吾森井昌克神戸大
(53) 17:55-18:20 組織内ネットワークのトラフィック状態の可視化 IT2008-95 ISEC2008-153 WBS2008-108 松本 駿宮本貴朗青木茂樹岩田 基汐崎 陽阪府大
3月10日(火) 午前  IT (593教室)
座長: IT
09:00 - 10:40
(54) 09:00-09:25 最多一致に基づく符号化法のユニバーサル性の証明 IT2008-96 ISEC2008-154 WBS2008-109 林 雁かお植松友彦松本隆太郎東工大
(55) 09:25-09:50 A Necessary and Sufficient Condition for the Existence of a Universal Fixed-Rate Lossless Code IT2008-97 ISEC2008-155 WBS2008-110 Shigeaki KuzuokaWakayama Univ.
(56) 09:50-10:15 Universal Lossless Source Coding Based on Sequential Grammar Transforms IT2008-98 ISEC2008-156 WBS2008-111 Masaki JonoTomohiko UyematsuRyutaroh MatsumotoTokyo Inst. of Tech.
(57) 10:15-10:40 長さ制限のある極小禁止語を用いた動的な反辞書データ圧縮法 IT2008-99 ISEC2008-157 WBS2008-112 太田隆博長野県工科短大)・森田啓義電通大
3月10日(火) 午前  IT (593教室)
座長: IT
10:50 - 12:05
(58) 10:50-11:15 Closed Forms of the Achievable Rate Region for Wyner's Source Coding Systems IT2008-100 ISEC2008-158 WBS2008-113 Tetsunao MatsutaTomohiko UyematsuRyutaroh MatsumotoTokyo Inst. of Tech.
(59) 11:15-11:40 Error Exponents for Wyner's Source Coding System IT2008-101 ISEC2008-159 WBS2008-114 Tetsunao MatsutaShun WatanabeTomohiko UyematsuRyutaroh MatsumotoTokyo Inst. of Tech.
(60) 11:40-12:05 On the Admissible Rate Region of Slepian-Wolf Coding Problem with LDPC Code and Mismatched Decoder IT2008-102 ISEC2008-160 WBS2008-115 Kazuhiro YamasakiRyutaroh MatsumotoTomohiko UyematsuTokyo Inst. of Tech.
  12:05-13:00 昼休み ( 55分 )
3月10日(火) 午後  IT+ISEC[共通セッション] (593教室)
座長: IT
13:00 - 14:40
(61) 13:00-13:25 Strongly Secure Privacy Amplification Cannot Be Obtained by Encoder of Slepian-Wolf Code IT2008-103 ISEC2008-161 WBS2008-116 Shun WatanabeTsuki SaitouRyutaroh MatsumotoTomohiko UyematsuTokyo Inst. of Tech.
(62) 13:25-13:50 Optimal Axis Compensation in Quantum Key Distribution Protocols IT2008-104 ISEC2008-162 WBS2008-117 Shun WatanabeRyutaroh MatsumotoTomohiko UyematsuTokyo Inst. of Tech.
(63) 13:50-14:15 ランプ型秘密分散法を利用した動画像向け電子透かし IT2008-105 ISEC2008-163 WBS2008-118 齋藤真吾山口和彦電通大
(64) 14:15-14:40 クリッピング攻撃耐性を有するLDPC符号化による音楽電子透かし方式とその自己同期復号-抽出アルゴリズム(2) IT2008-106 ISEC2008-164 WBS2008-119 阿部 功小林佑介マルチネス ノリエガ ラウル山口和彦電通大
3月10日(火) 午後  IT (593教室)
座長: IT
14:50 - 16:30
(65) 14:50-15:15 Group Shuffled BP復号法に対する非正則LDPC符号の次数分布を考慮した効果的なグループ分割法 IT2008-107 ISEC2008-165 WBS2008-120 佐藤芳行細谷 剛平澤茂一早大
(66) 15:15-15:40 An Efficient Method for Evaluating Max-Fractional Distance Based on A Primal Path-Following Interior Point Method IT2008-108 ISEC2008-166 WBS2008-121 Makoto MiwaTadashi WadayamaIchi TakumiNagoya Inst. of Tech.
(67) 15:40-16:05 グラフを組み合わせたLDPC符号アンサンブルに対する最小スパンの解析 IT2008-109 ISEC2008-167 WBS2008-122 石川祐臣佐藤芳行細谷 剛平澤茂一早大
(68) 16:05-16:30 Sufficient Conditions for Convergence of the Sum-Product Decoding IT2008-110 ISEC2008-168 WBS2008-123 Tomoharu ShibuyaSophia Univ.
3月10日(火) 午後  IT (593教室)
座長: IT
16:40 - 17:55
(69) 16:40-17:05 Constructions of Irregular LDPC Code for a Burst Erasure IT2008-111 ISEC2008-169 WBS2008-124 Gou HosoyaWased Univ.)・Manabu KobayashiShonan Inst. of Tech.)・Shigeichi HirasawaWased Univ.
(70) 17:05-17:30 積符号の信頼度関数・漸近的距離比・見逃し誤り確率について IT2008-112 ISEC2008-170 WBS2008-125 西島利尚法政大)・常盤欣一朗阪産大
(71) 17:30-17:55 無線通信環境におけるビデオパケット検出手法 IT2008-113 ISEC2008-171 WBS2008-126 山崎彰一郎職能開発大)・田中宏和北大
3月10日(火) 午前  WBS (594教室)
座長: WBS
09:00 - 10:40
(72) 09:00-09:25 チャネルが未知の直交時空間ブロック符号化OFDMの近似最尤シンボル検出 IT2008-114 ISEC2008-172 WBS2008-127 会澤知也宮嶋照行茨城大
(73) 09:25-09:50 OFDMシステムへのOverlap FDE適用時のBERフロア抑圧に関する検討 IT2008-115 ISEC2008-173 WBS2008-128 小堀哲也高畑文雄早大
(74) 09:50-10:15 COFDM方式をベースとしたIPパケットの誤り率に関する理論解析 IT2008-116 ISEC2008-174 WBS2008-129 小松 優前原文明早大
(75) 10:15-10:40 サブバンド間の周波数特性を考慮したMB-OFDM UWB方式のビット誤り率に関する理論解析 IT2008-117 ISEC2008-175 WBS2008-130 金古亮平前原文明早大
  10:40-10:50 休憩 ( 10分 )
3月10日(火) 午前  WBS+IT[共通セッション] (594教室)
座長: WBS
10:50 - 11:40
(76) 10:50-11:15 非再生中継にFFT処理を用いないOFDMリレーシステムの達成可能な伝送レート IT2008-118 ISEC2008-176 WBS2008-131 原口修平齋藤将人奈良先端大)・R. N. AthaudageJamie EvansUniv. of Melbourne)・岡田 実奈良先端大
(77) 11:15-11:40 非再生OFDM中継システムにおける電力割当とサブキャリアマッピングの統合最適化に関する検討 IT2008-119 ISEC2008-177 WBS2008-132 齋藤将人奈良先端大)・Chandra R.N. AthaudageJamie Evansメルボルン大
3月10日(火) 午後  WBS (594教室)
座長: WBS
11:40 - 12:30
(78) 11:40-12:05 伝搬路の相関性を考慮したMIMO-SDMシステムの提案 IT2008-120 ISEC2008-178 WBS2008-133 吉原龍彦吉田真之前原文明高畑文雄早大)・小野寺 毅シャープ
(79) 12:05-12:30 MIMO-OFDM方式におけるクリッピング歪みの反復補償に関する検討 IT2008-121 ISEC2008-179 WBS2008-134 南木聡一落合秀樹横浜国大
  12:30-13:25 休憩 ( 55分 )
3月10日(火) 午後  WBS (594教室)
座長: WBS
13:25 - 15:05
(80) 13:25-13:50 周期的時変性を持つ狭帯域電力線通信路のための位相補償方式 IT2008-122 ISEC2008-180 WBS2008-135 杉浦佳枝山里敬也片山正昭名大
(81) 13:50-14:15 光CDMAシステムにおけるSingle/Double OHLの再検討 ~ 光信号の量子雑音のOHLへの影響 ~ IT2008-123 ISEC2008-181 WBS2008-136 伊藤智夏職能開発大)・落合 昇茨城県立産技専門学院)・長尾 剛サンソウシステムズ)・松嶋智子寺町康昌職能開発大
(82) 14:15-14:40 拡張プライム符号系列を用いる光無線CSK方式におけるシンチレーションの影響 IT2008-124 ISEC2008-182 WBS2008-137 小沢佑介羽渕裕真茨城大
(83) 14:40-15:05 重複順列マルチパルス・パルス位置変調によるブロードキャスト型光無線通信の一検討 IT2008-125 ISEC2008-183 WBS2008-138 加藤俊樹小野文枝横浜国大)・羽渕裕真茨城大
3月10日(火) 午後  ISEC (594教室)
座長: ISEC
15:15 - 16:30
(84) 15:15-15:40 LDPC符号を用いたMcEliece署名方式 ~ 実用性と安全性に関する評価 ~ IT2008-126 ISEC2008-184 WBS2008-139 山川茂紀中大)・崔 洋萩原 学古原和邦産総研/中大)・今井秀樹中大/産総研
(85) 15:40-16:05 代数的トーラス上の離散対数問題に関する計算量理論的考察 IT2008-127 ISEC2008-185 WBS2008-140 西垣裕次長谷川真吾磯辺秀司小泉英介酒井正夫静谷啓樹東北大
(86) 16:05-16:30 トーラス暗号の安全性とpairing inversion問題 IT2008-128 ISEC2008-186 WBS2008-141 村谷博文米村智子大熊建司磯谷泰知古田憲一郎花谷嘉一駒野雄一野崎華恵新保 淳東芝
3月10日(火) 午後  ISEC (594教室)
座長: ISEC
16:40 - 17:30
(87) 16:40-17:05 弱いIDベース署名方式に基づいたEUF-CMA-安全なディジタル署名方式の構成法 IT2008-129 ISEC2008-187 WBS2008-142 大島孝裕齊藤泰一東京電機大
(88) 17:05-17:30 An ID-Based 2-Functional Proxy Cryptosystem IT2008-130 ISEC2008-188 WBS2008-143 Lihua WangNICT

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 10 分
特別講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
IT 情報理論研究会(IT)   [今後の予定はこちら]
問合先 吉川英機(東北学院大)
TEL 022-368-7295, FAX 022-368-7295
E-:htjcc-in
栗原正純(電通大)
TEL 042-443-5310, FAX 042-443-5291
E-:icec 
ISEC 情報セキュリティ研究会(ISEC)   [今後の予定はこちら]
問合先 白石善明(名古屋工業大学)
TEL 052-735-7240, FAX 052-744-1355
E-: ic-c(幹事,幹事補佐宛) 
WBS ワイドバンドシステム研究会(WBS)   [今後の予定はこちら]
問合先 前原 文明(早稲田大)
TEL/FAX: 03-5286-2930
E-: a_m 


Last modified: 2009-02-17 17:30:23


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[IT研究会のスケジュールに戻る]   /   [ISEC研究会のスケジュールに戻る]   /   [WBS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会