お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


通信方式研究会(CS) [schedule] [select]
専門委員長 前田 洋一
副委員長 若杉 耕一郎
幹事 深田 陽一, 横谷 哲也

日時 2004年10月28日(木) 08:30 - 12:00
2004年10月29日(金) 08:30 - 11:45
議題 EthernetのOAM・QoS、ブロードバンドアクセス、電灯線通信、ホームネットワーク、一般 
会場名 北海道 阿寒町 鶴雅 
住所 北海道阿寒町阿寒湖4-6-10
交通案内 釧路空港より直通バス約1時間
会場世話人
連絡先
会場世話人:若杉 耕一郎
他の共催 ◆同時開催:第17回情報伝送と信号処理ワークショップ(CSWS)
27日(水),28日(木) 同会場にて第17回情報伝送と信号処理ワークショップ(CSWS)を併催いたします.ご参加の方,宜しくお願い申し上げます.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/csws/

10月28日(木) 午前 
08:30 - 12:00
(1) 08:30-08:50 イーサネットワークにおける切替制御方式の検討 笠原康信吉原慎一片岡陽一前田洋一NTT
(2) 08:50-09:10 帯域利用効率を向上させる動的リンク振り分け制御方式 秦野智也笠原康信吉原慎一片岡陽一前田洋一NTT
(3) 09:10-09:30 Ethernetインタフェースを介した電話サービス収容光アクセスシステムの検討 小松秀司斉藤幸一深田陽一安田 武前田洋一NTT
(4) 09:30-09:50 電話サービスのためのTDM over Ethernetの提供方式 村上 謙横谷哲也酒井謙行上田広之安士哲次郎三菱電機
(5) 09:50-10:10 次世代メトロエリアネットワーク向け100ギガビットEthernet 豊田英弘西村信治日立
  10:10-10:25 休憩 ( 15分 )
(6) 10:25-10:45 キャリアクラスイーサネットのOAM、QoS標準化動向 太田 宏NTT
(7) 10:45-11:05 Ether OAM(Y.17ethoam)の詳細メカニズムの紹介 岩村 篤芦 賢浩日立コミュニケーションテクノロジー
(8) 11:05-11:25 イーサネット切替技術の標準化動向 佐藤浩司横谷哲也菊澤隆司安士哲次郎三菱電機
(9) 11:25-12:00 [チュートリアル講演]NGNの標準化動向(ITU-T、ETSI、TTC等) 松尾一紀KDDI
10月29日(金) 午前 
08:30 - 11:45
(10) 08:30-08:50 Zero-Forcing Equalizer For Pulse-Based Ultra-Wideband System Using Burst Transmission Haswani Binti Che WookRiaz EsmailzadehMasao NakagawaKeio Univ.
(11) 08:50-09:10 Split Multi-Path Routing Protocol with Load Balancing Policy(SMR-LB) to Improve TCP Performance in Mobile Ad Hoc Networks Takeshi MurakamiKeio Univ)・Masaki BandaiShizuoka Univ)・Iwao SasaseKeio Univ
(12) 09:10-09:30 Analysis of Performance Degradation due to Channel Estimation Error in Pre-rake TDD/CDMA Norharyati Binti HarumYuh TamuraSigitJarotRiaz EsmailzadehMasao NakagawaKeio Univ.
(13) 09:30-09:50 光空間PPM-OCDMA方式における重み位置毎の比較検出によるシンチレーションの緩和 平野竜馬宮澤高也笹瀬 巌慶大
(14) 09:50-10:10 電力線通信用ガウス形マルチキャリア変復調方式 野村義孝鈴木 博須山 聡府川和彦東工大
  10:10-10:25 休憩 ( 15分 )
(15) 10:25-10:45 IPレイヤへの悪影響最小化を目指した動的光パス配置方式の一検討 中平佳裕藤井亮浩浅林一成坂元宏行川原正人OKI
(16) 10:45-11:05 PONにおけるバッファ量通知方式と帯域利用効率に関する考察 向井宏明横谷哲也安士哲次郎三菱電機
(17) 11:05-11:25 フロー単位に順序制御を行うSelective-Repeat ARQの遅延時間解析 鹿間敏弘三菱電機)・渡辺 尚水野忠則静岡大
(18) 11:25-11:45 抽象サービスを指向した端末制御技術の検討 土川公雄片山和典伊藤文彦NTT

問合先と今後の予定
CS 通信方式研究会(CS)   [今後の予定はこちら]
問合先 深田陽一(NTT)
TEL 043-211-3289, FAX 043-211-3256
E-:uiansl
横谷哲也(三菱電機)
TEL 0467-41-2433, FAX 0467-41-2419
E-:isllco 
お知らせ ◎最新情報は,CS研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/


Last modified: 2004-09-03 14:39:34


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会