電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 木村 光宏 (法政大)
副委員長 馬渡 宏泰 (NTT)
幹事 安里 彰 (富士通), 岡村 寛之 (広島大)
幹事補佐 田村 信幸 (法政大), マラット ザニケエフ (九工大)

日時 2013年11月14日(木) 14:00 - 16:30
議題 半導体と電子デバイスの信頼性,信頼性一般 
会場名 中央電気倶楽部 
住所 〒530-0004 大阪市北区堂島浜2丁目1番25号
交通案内 http://www.chuodenki-club.or.jp/map/map.html
会場世話人
連絡先
杉谷全令
06-6345-6351
他の共催 ◆IEEE Reliability Society Japan Chapter共催 日本信頼性学会協賛
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

11月14日(木) 午後 
14:00 - 16:30
(1) 14:00-14:25 故障解析をサポートする最新のエックス線技術 ~ エックス線検査の基礎から応用まで、革新技術による観察応用事例 ~ R2013-74 夏原正仁島津製作所
(2) 14:25-14:50 ロックインサーモグラフィによる効率的な非破壊故障箇所の同定 R2013-75 長友俊信DCGシステムズ
(3) 14:50-15:15 熱衝撃Snウィスカの成長に及ぼす板状のNi-Sn金属間化合物の影響 R2013-76 斎藤 彰岡本 朗岩堀禎浩小川 誠村田製作所)・元木章博鯖江村田製作所
(4) 15:15-15:40 温度サイクル環境起因のSnウィスカ成長一考察 R2013-77 伊藤貞則イトケン事務所
(5) 15:40-16:05 残存エラー数に基づくソフトウェアのベイズ信頼性解析 R2013-78 貝瀬 徹兵庫県立大
(6) 16:05-16:30 LSIの高信頼化設計における課題と展望 高山浩一郎安里 彰富士通

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 安里 彰(富士通)
E-: a 


Last modified: 2013-09-25 15:02:06


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会