電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

本研究会は、CSワークショップ(情報伝送と信号処理ワークショップ)との併催となります。参加される皆様におかれましては、是非ともCSワークショップにもご参加していただければと思います。CSワークショップにご参加の皆様は、ワークショップが手配しました旅行会社をご利用いただきますとお得で安心です。CSワークショップ申し込みフォームからご登録をお願い致します。なお、CSワークショップ参加費が別途必要になります。また、CS研究会単独の懇親会は開催いたしませんが、CSワークショップでご用意しております宿泊パックには、CSワークショップとの合同の懇親会にご参加いただけます(懇親会は初日の夕食として提供されます)。
CSワークショップのサイト
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/csws/



通信方式研究会(CS) [schedule] [select]
専門委員長 横谷 哲也 (金沢工大)
副委員長 中里 秀則 (早大)
幹事 谷口 友宏 (NTT), 牟田 修 (九大)

日時 2016年11月10日(木) 09:30 - 11:45
2016年11月11日(金) 09:30 - 11:10
議題 ブロードバンドアクセス,ホームネットワーク,ネットワークサービス,通信利用アプリケーション,一般 
会場名 KKRはこだて 
住所 〒042-0932 北海道函館市湯川町2-8-14
交通案内 http://www.kkrhakodate.com/
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(CS研究会)についてはこちらをご覧ください.

11月10日(木) 午前  CS (1)
座長: 大柴 小枝子(京都工繊大)
09:30 - 10:45
(1) 09:30-09:55 NG-PON2高度化に向けた波長可変技術 ~ 波長多重技術による光アクセスシステムの高機能化に向けて ~ 浅香航太田口勝久坂上裕希鈴木謙一大高明浩NTT
(2) 09:55-10:20 低遅延TDM-PONシステム実現に向けた光モバイル連携機能と要件に関する一検討 島田達也野村紘子王 寛鵜澤寛之久野大介寺田 純大高明浩NTT
(3) 10:20-10:45 PONでの波長専有型ブロードキャスト映像配信におけるカルーセル型ONU制御方式の提案とシステム設計 谷口友宏清水秀和吉永尚生須川智規NTT
  10:45-10:55 休憩 ( 10分 )
11月10日(木) 午後  CS (2)
座長: 西村 和人(富士通研究所)
10:55 - 11:45
(4) 10:55-11:20 成功優先ランダムバックオフアルゴリズム:スロットアロハ 梅原大祐京都工繊大
(5) 11:20-11:45 高精度時刻同期アクセスシステムの性能向上に向けた検討 中西 隆坂井勝太高田 祐小倉康夫小林正人NTT
11月11日(金) 午前  CS (3)
座長: 梅原 大祐(京都工繊大)
09:30 - 11:10
(6) 09:30-09:55 複数の制御信号サブキャリヤを周波数ダイバシチ合成するISDB-T移動テレビ受信機の緊急自動起動信号受信方法の比較 高橋 賢広島市大
(7) 09:55-10:20 送信電力制御シュードライトの高所設置による遠近問題の軽減 高橋 賢広島市大
(8) 10:20-10:45 光パルス位置変調を利用したUWBインパルス無線位相変調の特性評価 並河憲吾佐藤大史大柴小枝子京都工繊大
(9) 10:45-11:10 PAPR低減用ピークキャンセラ適用時のQAM-OFDM伝送のBER解析 牟田 修景山知哉九大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
CS 通信方式研究会(CS)   [今後の予定はこちら]
問合先 谷口 友宏(NTT)
牟田 修(九大)
E-: n2015n 
お知らせ ◎最新情報は,CS研究会ホームページを御覧下さい.
http://www.ieice.org/cs/cs/jpn/


Last modified: 2016-11-01 22:55:38


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[CS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のCS研究会 / 次のCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会